ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

歴史を感じる。会津若松のゆる~りレトロカフェ【福島】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
歴史を感じる。会津若松のゆる~りレトロカフェ【福島】 蔵喫茶 杏

明治から昭和期に建てられた蔵や洋館、木造商家が今も数多く残る「七日町通り」を中心に、ノスタルジックな街並みが訪れる人を魅了する会津若松。

町内には歴史ある建物を利用したレトロなカフェもそこかしこに点在する。

そこで今回は、街歩きの途中につい立ち寄りたくなる、レトロなカフェを集めてみました。

アンティークな雰囲気漂う素敵な空間で、ホッと一息つきつつ、歴史の残り香に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

會津壹番館

野口英世ゆかりの喫茶で一服。

會津壹番館明治17(1884)年建築の蔵造りの洋館を利用 會津壹番館自家焙煎の挽きたてコーヒーと手作りケーキが味わえる

野口英世が書生として暮らした医院跡を、1階は喫茶店、2階は資料館に改装。クラシカルな家具が配された店内でこだわりのコーヒーを。 會津壹番館(いちばんかん)

TEL/0242-27-3750

住所/福島県会津若松市中町4-18

営業時間/8時~20時

定休日/なし(1月1日のみ)

料金/ブレンドコーヒー432円

「會津壹番館」の詳細はこちら

cafe&antiques 三番山下

懐かしい家具に囲まれて寛げる。

cafe&antiques 三番山下木の温もりを感じる空間。本棚には自由に読める古書なども cafe&antiques 三番山下スイーツの他、食事メニューも充実している

昭和9(1934)年築の建物の2階にある喫茶。家具は小学校から譲り受けた机やイスを再利用し、ノスタルジックな雰囲気が漂う。 cafe(カフェ)&antiques(アンティークス) 三番山下

TEL/0242-26-1330

住所/福島県会津若松市大町1-1-57

営業時間/11時~18時(LO17時)

定休日/木、その他臨時休業あり

料金/ベイクドチーズケーキ580円

「cafe&antiques 三番山下」の詳細はこちら

蔵喫茶 杏

老舗酒蔵のモダン喫茶で日本酒スイーツを満喫。

蔵喫茶 杏優美な柱や欄間など当時の姿が残された店内は、シックで居心地のよい空間 蔵喫茶 杏大吟醸シフォンケーキ500円と酒ゼリー

嘉永3(1850)年創業の末廣酒造の蔵座敷を利用したカフェ。仕込み水で淹れたコーヒーをはじめ、酒蔵ならではのメニューが評判。 蔵喫茶 杏(きょう)

TEL/0242-27-0002

住所/福島県会津若松市日新町12-38

営業時間/10時~18時(LO17時30分)

定休日/水(祝日の場合は営業)

料金/酒ゼリー530円

「蔵喫茶 杏」の詳細はこちら

あんてぃーくcafe 中の蔵

会津漆器が楽しめる土蔵カフェ。

あんてぃーくcafe 中の蔵趣ある白壁の外観 あんてぃーくcafe 中の蔵会津産自然卵を使ったスイーツに、ぜんざいと水出しコーヒー付き

江戸創業の漆器店の奥座敷、築二百数十年具が配された店内でこだわりのコーヒーを。の土蔵を改修してオープン。地元食材を使った健康志向のメニューが漆器で供される。 あんてぃーくcafe 中の蔵

TEL/0242-22-0454

住所/福島県会津若松市大町1-3-51

営業時間/11時~17時

定休日/木、日不定

料金/本日のおすすめスイーツ(水出しコーヒー付き)620円

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

夏の海はココで決まり!宮崎県の海水浴場をまとめてチェック!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。