ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ブルース・スプリングスティーン、初の自伝本に併せた“音楽自叙伝”『チャプター&ヴァース』発売決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ロック界の“BOSS”、ブルース・スプリングスティーンが自身の半生を初めて自ら綴った自叙伝『Born To Run』発表に併せて、自らの歴史の中で重要作を選んだ自叙伝的なアルバム『チャプター&ヴァース』を67歳の誕生日となる9月23日に発売することが決定した。

スプリングスティーン自身が自伝の流れに沿って、自らの歴史の中での重要作、ターニングポイントとなった作品を選曲。そして、これまで一切リリースされてこなかったデビュー前の貴重な完全未発表音源が5曲収録されることも決定した。

そのうちの一曲は音楽活動の最も初期、学生時代初めて結成したバンドThe Castiles(キャスティールズ) によるスプリングスティーンの音楽人生の中で “初”のレコーディング曲。 16歳の時、1966年5月18日に自主制作で地元で録音した「Baby I」が遂に日の目を見る。The Castilesの2曲で始まり、2012年のアルバム『レッキング・ボール』のタイトル曲まで全18曲を収録。デビュー前のバンドSteel Mill 、The Bruce Springsteen Bandや、ソロ・デモ音源 “ヘンリー・ボーイ(Henry Boy)” や “成長するってこと(Growin’ Up)”も収録。スプリングスティーンのミュージカル・ヒストリーの最初期から The E Street Bandとともに成功への道のりへ突き進んでいく中での節目節目の重要曲を収録したこの作品は、自伝本とリンクした形で物語が繰り広げられていく、まさに「音楽自叙伝」的な作品である。

そして、近年のスプリングスティーンの映像を一手に担っているトム・ジムニー監督によるトレイラーも同時に公開となった。

また、同時に自伝本の日本発売も決定した。早川書房より『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』として9月27日全世界同時発売となる。2009年、Eストリート・バンドとのスーパーボウルのハーフタイム・ショウでのパフォーマンス後、本の執筆に取りかかり、7年かけて完成。少年時代から、Eストリート・バンド と共に成功を勝ち取っていった半生を綴るもので、500ページにも及ぶ作品となっている。自伝についてスプリングスティーン自身は「自分について書くっていうのは、馬鹿げた行為だとは思う。でも、こういうプロジェクトでは、筆者には1つの誓約がある。読者に自分の心の中を見せるっていうことだ。俺はこの本でそれを試みたんだ」と語っている。

アルバム『チャプター&ヴァース』
2016年9月23日発売

SICP- 4985/¥2400+税

<収録曲>

1. Baby I — The Castiles (recorded May 2, 1966, at Mr. Music, Bricktown, NJ; written by Bruce Springsteen and George Theiss; previously unreleased) / ベイビー・アイ(未発表曲)

2. You Can’t Judge a Book by the Cover — The Castiles (recorded Sept. 16, 1967, at The Left Foot, Freehold, NJ; written by Willie Dixon; previously unreleased) / ユー・キャント・ジャッジ・ア・ブック・バイ・ザ・カヴァー  (未発表曲)

3. He’s Guilty (The Judge Song) — Steel Mill (recorded Feb. 22, 1970, at Pacific Recording Studio, San Mateo, CA; previously unreleased) / ヒーズ・ギルティ(ザ・ジャッジ・ソング)  (未発表曲)

4. Ballad of Jesse James — The Bruce Springsteen Band (recorded March 14, 1972, at Challenger Eastern Surfboards, Highland, NJ; previously unreleased) / バラード・オブ・ジェシー・ジェイムス  (未発表曲)

5. Henry Boy (recorded June 1972, at Mediasound Studios, New York, NY; previously unreleased) / ヘンリー・ボーイ  (未発表曲)

6. Growin’ Up (recorded May 3, 1972, at Columbia Records Recordings Studios, New York, NY; previously appeared on ‘Tracks’) / 成長するってこと(1998『トラックス』収録)

7. 4th of July, Asbury Park (Sandy) (1973, ‘The Wild, The Innocent & the E Street Shuffle’)  / 7月4日のアズベリー・パーク(サンディ)(1973『青春の叫び』収録)

8. Born to Run (1975, ‘Born to Run’)  / 明日なき暴走(1975『明日なき暴走』収録)

9. Badlands (1977, ‘Darkness on the Edge of Town’)  / バッドランド(1978『闇に吠える街』収録)

10. The River (1980, ‘The River’)  / ザ・リバー(1980『ザ・リバー』収録)

11. My Father’s House (1982, ‘Nebraska’)  /僕の父の家(1982『ネブラスカ』収録)

12. Born in the U.S.A. (1984, ‘Born in the U.S.A.’)  / ボーン・イン・ザ・USA(1984『ボーン・イン・ザ・USA』収録)

13. Brilliant Disguise (1987, ‘Tunnel of Love’)  / ブリリアント・ディスガイズ(1987『トンネル・オブ・ラヴ』収録)

14. Living Proof (1992, ‘Lucky Town’)  / リヴィング・プルーフ(1992『ラッキー・タウン』収録)

15. The Ghost of Tom Joad (1995, ‘The Ghost of Tom Joad’)  / ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード(1995『ザ・ゴースト・オブ・トム・ジョード』収録)

16. The Rising (2002, ‘The Rising’)  / ザ・ライジング(2002『ザ・ライジング』収録)

17. Long Time Comin’ (2005, ‘Devils & Dust’)  / ザ・ロング・タイム・カミン(2005『デヴィルズ&ダスト』収録)

18. Wrecking Ball (2012, ‘Wrecking Ball’)  / レッキング・ボール(2012『レッキング・ボール』収録)

アルバム『チャプター&ヴァース』トレイラー
https://www.youtube.com/watch?v=GhnY9CS02rE

『ボーン・トゥ・ラン ブルース・スプリングスティーン自伝』
ttps://www.youtube.com/watch?v=GhnY9CS02rE

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP