ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

捜査一課の刑事と所轄の刑事がコンビを組む理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ふだんは地味な仕事ばかりの捜査一課の刑事ですが、いざ事件が起きると俄然、多忙を極めます。そして、捜査本部が設置されるような事件の場合、捜査一課の刑事と所轄の刑事がコンビを組んで捜査にあたるのです。捜査一課の刑事たちの捜査現場を詳しく見ていきましょう。

捜査一課の刑事が到着して引継ぎ

事件発生の知らせが入ると、まず現場に向かうのが地域を管轄する警察署(所轄)の署員です。続いて「鑑識課員」と「機動捜査隊員」が到着。鑑識課員は現場の証拠を集め、機動捜査隊員は周辺に犯人が隠れていないか捜査を行ったり、事件発覚時の様子の聞き込みを行います。

やがて警察本部の捜査一課の刑事が到着すると、機動捜査隊は状況を報告し、捜査の引継ぎを行います。この一連の動きが「初動捜査(臨場)」です。

臨場が終わると所轄内に「捜査本部」が設けられ、本格的な捜査がスタート。捜査活動は「地取り」「鑑取り」「特命」「情報」といった4班に分けられるケースがよくあります。

捜査一課と所轄の刑事がコンビ

地取りとは一定の地域を決めて聞き取りを行うこと、鑑取りは被害者の交友関係などを中心に捜査を行うことです。特命は証拠品や遺留品に関する捜査を行うことで、情報は寄せられた情報に関する裏づけ捜査を指します。

しかし、どの捜査であっても基本は「聞き込み」。そして聞き込み捜査は、捜査一課と所轄の刑事がコンビを組んで行われることになります。

警察本部の捜査一課の刑事は、管轄内で起きたさまざまな事件に接しているため、捜査方法において経験が豊富。一方、所轄の刑事は、地元の情報に詳しいのが特徴。そんなふたりがペアになることにより、互いの得手不得手を補うのです。この情報は『ラジオライフ』別冊に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐車禁止を警察が取り締まれない「植え込み」
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP