体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

織田梨沙『秘密 THE TOP SECRET』インタビュー

risa1

 

新たな衝撃作の誕生である。清水玲子の大人気コミックを『るろうに剣心』シリーズの大友啓史監督がダイナミックな演出で映像化した『秘密 THE TOP SECRET』は、脳内スキャンした記憶映像をもとに未解決事件を捜査する警察庁特別機関「第九」の奮闘を描いた前代未聞のミステリーだ。

生田斗真、岡田将生、吉川晃司、松坂桃李、栗山千明、大森南朋を始め日本映画を代表する俳優が揃い踏みする中、本作で驚愕の俳優デビューを迎えた新鋭がいる。その名は織田梨沙。瞳の中に大人の妖艶さと少女の純粋さを同居させた存在感は、まさに本作の秘密兵器と言っても過言でないほど。今後の活躍が大いに期待される彼女に、本作の撮影秘話、演じることへの情熱について話を訊いた。

 

 

 

————『秘密 THE TOP SECRET』、非常に面白い作品でした。織田さんの演じられた“絹子”はとてもミステリアスで強烈なキャラクターですが、完成した映画をご覧になってどう思われました? 

織田「主観が邪魔して、ぜんぜん客観的になれなくて。いまだに自分のことに関しては巧いコメントができないんです(笑)。でも映画のストーリーには完全にのめり込んでしまいました。素敵なスタッフ、キャストの皆さんに囲まれて、素晴らしい映画になったと思います」

————ご自身的にはこの役を演じるにあたって抵抗などはありませんでしたか?

織田「抵抗とか、受け入れるとかよりも、本当に日々精一杯でいつの間にか終わっていたという感じです。気がつくと、あれからもう1年が経っている……」

————まさに夢か幻かといった日々だったんですね。では、もうちょっとだけ時間を戻して……今回、オーディションで役を勝ち取られたわけですが、出演決定の報を受けた瞬間のことは覚えていますか? 

織田「あれは確か、友達とカフェにいる時に電話がかかってきて」 

————最高に盛り上がれる状況じゃないですか。お友達と祝杯をあげたりとかは? 

織田「いえ、ぜんぜん(笑)! あまり言いふらすことでもないと思ったので、あえて黙っていました」

————でも内心は「やったー!」って気分が高揚していたのでは?

織田「最高に嬉しかったんですけど、同時に『えっ!?』という戸惑いもあったというか。正直、素直には喜べなかったかもしれません」

————その戸惑いって、具体的にはどんなものだったんでしょう。

織田「受かったら受かったなりに、今度は監督が求めるものをきちんと出さなきゃ……という緊張だったり、全てが初めての経験なのでちゃんと期待に応えられるかな……という不安だったり。そんな感情がとにかくグルグルとめぐっていましたね」

risa2

絹子という強烈キャラはこうして生まれた

 

————かくして人生初となる長編映画に挑まれるわけなんですが、大友啓史監督の演出はいかがでした?細かい動作やセリフまで指示されたりしましたか?

織田「撮影前に役柄についていろいろお話しさせていただく機会はあったんですが、演出自体はそんなに細かくなかったと思います。監督が描いているものを押し付けるのではなく、一緒に作っていこう、じゃないですけど、キャストの内側から生まれてくるものも見てみたい、拾いたいというのがすごく伝わってきました。『正解なんてないんだから。思った通りにやってごらん』という言葉が心に残っています」

————そのようにして化学変化が生まれていったのですね。一方、“絹子”という役柄は、なんというか、これまでの常識を覆す全く新しい“悪女”に見えました。演じる上で参考にした本や映画はありますか?

織田「そうですね。監督から『これ、見ておいてね』と言われた映画が何本かありました。ひとつ覚えているタイトルは……えーとなんでしたっけ、う、うさぎ、じゃなくって、ひつじ……」

————あ、『羊たちの沈黙』!! 

織田「それです!観ている間、あの主演俳優さんは何を考え、どんなものを参考にして役作りをされたのかなって、すごく興味がわきました」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。