体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ステーションワゴン=デキる男っぽい説!? それならレガシィ ツーリングワゴン(4代目)でお安く実現してみようじゃないの

▲こちらは、2006年にMCされた後期型。前期型とはフロントマスク、リアコンビランプなどのデザインが少し違います。どうせ狙うなら高年式ですが、デザインの比較もお忘れなく

▲こちらは、2006年にMCされた後期型。前期型とはフロントマスク、リアコンビランプなどのデザインが少し違います。どうせ狙うなら高年式ですが、デザインの比較もお忘れなく

ステーションワゴンは女性に好印象説

ステーションワゴンと聞くと、「おじさんっぽい」「流行遅れのような……」「ちょっと地味」という印象を持つ男性は少なくないでしょう。確かに、ステーションワゴンは90年代に流行した車。三菱 レグナム、トヨタ カルディナ、日産 ステージアなど、“お父さんの車”のようなイメージが濃いように思います。

しかしこれを、どちらかというと“シブめ”な印象と捉えると、必ずしもマイナスではありません。特に、女性から見る“男性が乗る車”としてはなかなかの高ポイントだと思うのです。

セダンのようなスタイリッシュなボディライン。乗り降りしやすい前席。広々とした後席。きちんと確保されている荷室。見た目と実用性をちょうど良いラインでクリアした独特の設計は、「自分のことだけじゃなく周り(彼女・家族・友人)のことも考えている優しい人」……つまり、“デキる男っぽい”という印象を受ける女性も多く存在します(筆者調べ)。

「そんなの流行りのSUVが最強でしょ」という声が聞こえてきそうですが、実はSUVには「チャラそう」「ありきたり」「助手席に乗るのが大変」なんて印象を持つ女性も少なくないのですよ(あくまでも筆者調べ)。

さて、そんな前段を置きつつ紹介したいのが、スバル レガシィツーリングワゴン。この4代目モデルが今、かなりお安くなっています。

▲サイドから見たレガシィ ツーリングワゴン。ザ・ステーションワゴンなフォルムですね。全長は4680mmです

▲サイドから見たレガシィ ツーリングワゴン。ザ・ステーションワゴンなフォルムですね。全長は4680mmです

各所に見えるシブめな演出

レガシィ ツーリングワゴンといえば、2014年に生産が終了してしまったスバルのステーションワゴン。5代目が最後のモデルとなりました。今回ご紹介する4代目は、3ナンバーサイズでスポーティさを前面に出し始めた世代(2003年5月~2009年4月生産)。

なぜ今、あえて4代目なのかというと……まず、シンプルに安い! 2016年7月現在、後継モデルとなったレヴォーグの人気も相まって、相場は下がり続けています。とはいえ詳しく見ていくと、一番新しい5代目はまだ落ちきっておらず(2016年7月現在、5代目の平均価格が170万円なのに対し4代目は47万円)、3代目以前は過走行だったり修復歴アリだったり少々不安な物件も多い……その割に、4代目は低走行・高年式の物件も揃っており、まさに旨味の出てきた世代。色、グレード、年式、様々な条件において、なかなか満足に選ぶことができます。

さらに、もうひとつの推しポイントは、男性が乗れば“デキる男”っぽくなるという点です。前段でお伝えしたステーションワゴンという土台は大前提。加えてこの車ならではのシブさが、より“デキる男”をプロデュースしてくれます。

例えば、パワートレインのレイアウト変更により実現した3代目以前よりも低重心の設計。助手席の女性は乗り降りしやすく、見た目としてもシブ目です。一方で、後席に乗ってみればファミリーセダンの赴きというギャップもまたシブい。不思議なことに、低めの天井でも視界は開放的で快適です。

そしてステーションワゴンにも関わらず、全グレードが4WD! 雪道ドライブもビビらずシブいキャラを保ってドライブできますよ。

▲インテリア(レイアウト)はこちら。天井は低いですが、後席や荷室に確保されている幅はかなり広々です
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。