ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『BanG Dream!』キャラクターとリアルライブがリンクする次世代ガールズバンドプロジェクトがついにTVアニメ化決定!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
bd_kari_5

「月刊ブシロード」連載のコミックで人気を博し、オリジナル楽曲とそのアニメーションMVの発表、さらにはキャラクターボイスを務めるキャストが実際に楽器を演奏し、ライブまで行ってしまうガールズバンドプロジェクト、それが株式会社ブシロード(東京都中野区)によるメディアミックスプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』。そんなバンドリ!がついに来年、TVアニメ化決定!

 

アニメーションMVに登場していたPoppin’Partyメンバーがついにテレビアニメに!

メンバーは花咲川学園に通う女子高生。主人公の戸山香澄(CV.愛美)がギター&ヴォーカルを担当。他にギターの花園たえ(CV.大塚紗英)とベースの牛込りみ(CV.西本りみ)、ドラムの山吹沙綾(CV.大橋彩香)、キーボードの市ケ谷有咲(CV.伊藤彩沙)という5人組で、「Poppin’Party」というバンドを結成する。5人のキャラクターたちの魅力が詰まった来年公開のテレビアニメに大注目だ!

7

 

CD・ライブ・アニメ・コミック……

ますます勢いを加速する「BanG Dream!」は、多方面に展開中! すでに1stシングル「Yes! BanG_Dream!」は現在好評発売中。2ndシングル「STAR BEAT!~ホシノコドウ~」(通常盤・税抜1,300円、Blu-ray付生産限定盤・税抜2,500円)も8月3日(水)に発売される。Blu-ray付生産限定盤にはフルアニメーションのMVも付く豪華な内容となっている。また、封入特典として11月13日(日)TOKYO DOME CITY HALLにて開催される2nd LIVE「Starrin’PARTY」のチケット先行抽選申込券が同梱。こちらも要チェックだ!

2 4

そんな新曲を携えたライブも活発に行っており、7月9日(土)・10日(日)にシンガポールで行われた「C3 CharaExpo 2016」では海外で楽曲を披露。さらには世界最大のアニソンイベント、”アニサマ”こと「Animelo Summer Live 2016 刻-TOKI-」の8月27日(土)ライブへの出演、11月13日(日)にはTOKYO DOME CITY HALLで開催される単独公演、2nd LIVE「Starrin’PARTY」も決まっている。キャスト陣が実際に歌って、演奏して、見どころ聴き所も満点のライブパフォーマンス。会場をさらに拡大し、ますますパワーアップするPoppin’Party! 今後の活動に期待が高まる!

3

また来年のTVアニメの制作陣も大注目だ。監督は『To LOVEる-とらぶる-』シリーズの大槻敦史、アニメーション制作は『這いよれ!ニャル子さん』などで知られるXEBEC、プロジェクトのキモになる音楽面も”うたプリ”こと「うたの☆プリンスさまっ♪」などアニメ音楽の巨匠クリエイター集団・Elements Gardenの上松範康と藤田淳平を迎えるなど、豪華スタッフ陣が揃っている。

 

 

そんな来年のTVアニメ放映が待ち遠しいが、今は2枚のシングルとそのアニメーションMV、生ライブイベント、「月刊ブシロード」(毎月8日発売)連載のコミック「BanG Dream!」や「電撃G’sコミック」(毎月30日発売)連載のスピンアウト4コマ『BanG Dream! よんこま 「ばんどりっ!」』、ラジオ番組「BanG Dream! Radio」などで予習し、テレビアニメ放送に備えて万全の体制を作っておこう!

5

他にも「ブシロードカードゲーム 夏の感謝キャラバン」ではヴァイスシュヴァルツのPRカードがイベント参加者全員にプレゼントされるので、そちらも要チェックだ!

6

関連記事リンク(外部サイト)

GW大本命『大ヴァンガ祭×大バディ祭2016』は4/30と5/1の両日、東京ビッグサイトで盛り上がれ!
『フォンブレラ』スマホだって雨やジリジリの太陽の日差しから守られたいから、これ!
夏でもバレンタイン! 花火のようにパチパチはじける夏トリュフチョコレート『スパークリングナイト』に感動!
ラブライバー大集結で大盛況! 何と『スクフェス感謝祭2016』来場者が2日間で5万人突破したぞ!
『エコーレアWB 化粧石けん』5つのコメ由来成分で作り上げられた自然派美容石けんが濃密泡で潤いたっぷりに洗う!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。