体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Google、リオ五輪の開幕を記念して「Google Arts & Culture」にリオデジャネイロコーナーを設置

Google がまもなく開幕するリオ五輪のために、世界遺産や各国の文化財を閲覧できるアプリ「Google Arts & Culture」内に、リオデジャネイロの特別コーナーを設置しました。特別コーナーはアプリの「プログラム」内で展開されており、現地の名所や文化財、芸術作品などを、スマートオンやタブレットで鑑賞できます。リオを中心としたブラジル史の知識を深めようとする方や、五輪観戦のために現地入りする方の観光案内として役立つと思います。リオのプログラムは様々なオンライン展示をまとめた形で提供されています。この中では、芸術作品や建造物などを通常の写真で鑑賞できるほか、VR モードでストリートビューのように鑑賞することもできます。Source : Google

■関連記事
「Vibe P2」は5,000mAhバッテリーを搭載した5.5インチスマートフォン
Moto Z Playの実物写真が流出
Google、認定プロフォトグラファーに360度パノラマ写真の撮影を依頼できるプログラムを開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。