ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ボルドー、ブルゴーニュだけじゃない!知っておきたいフランスのワイン4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

フランスのワインといえばボルドーやブルゴーニュを最初に思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際日本にもこの2大生産地のワインが一番多く輸入されています。しかし、フランスのワインはボルドー、ブルゴーニュだけじゃないんです。フランス全土に渡ってワインは生産されています。在住者がおススメするフランスの地方のワインを紹介したいと思います。

■あわせて読みたい
青いワイン!赤白ロゼに続く、第4のワインは夏にぴったりのスカイブルー
【ポルトガル発】微発泡の緑のワイン、ヴィーニョヴェルテって知ってる?
この夏飲みたいドリンクレシピ【3】甘くて爽やか「フレーバードワイン」に注目

アルザス

アルザス地方のワインはドイツのワインに近いことで有名。ストラスブールから数キロの所にアルザスワイン街道があります。

アルザスのワインの特徴はとにかくフルーティ。食前酒なんかにぴったりのワインです。ワインがちょっと苦手という方にも飲みやすいのが、白ワインのPino Gris(ピノグリ)です。Riesling(リースリング)やGewuztraminer(ケヴュルツトラミネール)なども有名です。

またアルザスワインの中でもGrand Cru(グランクリュ)は腐らす直前まで放っておいたぶどうで作られる希少価値のあるワイン。お味は甘くてまったりとコクがあって、ぶどうの深みが口いっぱいに広がります。白ワインのグランクリュはフランスではよくフォアグラを食べるときに飲むワインです。

ヴァル・ド・ロワール

ロワール地方のワインは一括りにすることができないほど、各地域それぞれ特徴があります。フランス在住の筆者が日本へお土産でよく喜ばれるのが、Sancerre(サンセール)とPouilly Fumé(ポイリーフュウメ)の白ワインです。この二つの地域のワインはフルーティーで、しっかりと記憶に残る美味しさのワインです。決して大きな生産地でないため大量生産されていません。以前、ポイリーフュウメの白ワインの生産者とお話をする機会があった時、日本にも輸出をし始めたとのこと、評判はなかなか良いと話されていました。次に日本で人気となるワインかもしれませんね。

コート・デュ・ローヌ

アヴィニヨンの上の地域コート・デュ・ローヌは赤ワインが有名です。あまり日本では馴染みのない地域のワインですが、フランスではこの地域のChâteau neuf de Pape(シャトーヌフ・デュ・パプ)やSaint Joseph(サンジョゼフ)は高級ワインとして人気があります。奥行きがあるしっかりとした味わいで、肉料理によく合うワインです。

またコート・デュ・ローヌの赤ワインはお値段も手軽なので、テーブルワインとしてフランスではよく飲まれます。

プロヴァンス

プロヴァンスの地方のワインはとにかくロゼワインが人気です。比較的軽めのロゼワインで口当たりが良いのが特徴です。フランスでは夏場によく飲まれるワインです。1970年代からプロヴァンスでは赤ワインも生産されるようになりました。当初は質も良くなかったプロヴァンスの赤ワインも現在は改良され、質の高い赤ワインが生産されているようです。

筆者が日本に帰国した時に、販売されているフランスワインの種類の多さとお値段のお手頃さに驚きました。輸入業者の方が大変な努力をしていると聞いています。これら紹介したワインは日本でも購入することができますよ。

フランスワインはイメージしているよりも種類が豊富に合って、知れば知るほど奥が深い世界です。フランスのボルドーやブルゴーニュとは違ったワインがワインが飲みたい方、ぜひこれらのワインを試してみて下さいね。

■あわせて読みたい
青いワイン!赤白ロゼに続く、第4のワインは夏にぴったりのスカイブルー
【ポルトガル発】微発泡の緑のワイン、ヴィーニョヴェルテって知ってる?
この夏飲みたいドリンクレシピ【3】甘くて爽やか「フレーバードワイン」に注目

[フランス―2007~2008(地球の歩き方)]
[La petite bibliothèque du vin]
[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP