ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アラサーでも要注意!若年性更年期障害を見極めるポイント

DATE:
  • ガジェット通信を≫

更年期障害はホルモンバランスが崩れることが原因の体調不良で、閉経を迎える10年ほど前から起こります。日本人女性の閉経の平均年齢は50歳前後なので、アラフォーになれば更年期障害の症状が出てもおかしくないのですが、現代では20~30代の女性にも更年期障害と同じような症状が出て問題になっています。ここでは、“若年性更年期障害”の原因や特徴をご紹介します。

“若年性更年期障害”ってどういうこと?

更年期を迎えた女性は、女性ホルモンの分泌量が少なくなっていきます。脳からはもっとホルモンを分泌するように指令が出ますが、卵巣の能力が落ちているためバランスを崩し、頭痛、不眠、冷え性、めまい、ほてり、倦怠感といった症状となって現れてしまいます。若年性更年期障害は20~30代の女性に現れる症状ですが、もちろんこの年齢の女性が更年期になるわけではありません。ストレスや不規則な生活が続くことで自律神経が乱れ、卵巣機能が低下し、更年期と同じような症状が現れます。生理前にイライラする月経前症候群(PMS)でも更年期障害と同じような症状が出ることがあります。

アナタは大丈夫? “若年性更年期障害”をポイントでチェック!

若年性更年期障害の場合、症状がひどければ医師の治療を受ける必要があります。まずは、若年性更年期障害に当てはまるかチェックをしてみましょう。

□のぼせやめまい、耳鳴りがする
□寝つきが悪い
□体重が大きく増えたまたは減った
□仕事や家事をやりたくない、さぼりたい
□食欲がない
□生理不順や生理痛がある
□人と話すのがおっくうだ
□ 気持ちが落ち込む、最近笑っていない

もしチェック項目に3つ以上当てはまったら、若年性更年期障害かもしれません。

“若年性更年期障害”を軽減するために気を付けること

症状がそれほどひどくなければ、自分で気を付けることで症状を軽減することができます。いちばんの原因は女性ホルモンの乱れです。過度なストレス、不規則な生活、アルコールの飲み過ぎ、栄養バランスの乱れはホルモンバランスの乱れにつながります。規則正しい生活を心掛け、しっかり栄養を摂りましょう。イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た性質があると言われています。イソフラボンを多く含む大豆製品を意識して摂りましょう。また、ローヤルゼリーはホルモンの分泌を促すと言われていますが、食品では摂取できないのでサプリメントで補う必要があります。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP