ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イラストレーター・水玉螢之丞が遺したワンフェス関連仕事が一冊に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

水玉螢之丞著/さいとうよしこ編『水玉螢之丞作品集 ワンフェスのワンダちゃん』B 5判並製/160頁(カラー48頁)/定価(本体2315円+税)

この夏も大盛況のうちに終了したガレージキットの祭典「ワンダーフェスティバル」。海洋堂が主催するイベントでは、フィギュアをはじめとする立体造形物の展示と販売が行われる。コミックマーケットと並んで、日本のオタクにとって最も重要なイベントのひとつだ。  そんな「ワンフェス」の入場券であるカタログの表紙イラストを、長年担当していたのが、2014年にこの世を去った女性イラストレーター・水玉螢之丞(みずたま・けいのじょう)。SF小説などの挿絵イラストを得意としていたほか、早川書房より刊行されている専門誌「SFマガジン」に連載していたイラスト付きコラムで人気を集めてきた。

水玉の仕事で最もポピュラリティを獲得したのは、やはりワンフェスの公式キャラクター「ワンダちゃん」ということになるだろう。もしあなたがオタクを自認するならば、ワンフェスに足を運んだことがなくとも一度は目にしたことがあるはずだ。

その「ワンダちゃん」が一冊の本となることをご存知だろうか。8月2日に<本の雑誌社>より刊行される(た)「水玉螢之丞作品集 ワンフェスのワンダちゃん 」だ。この本は、水玉が遺したワンダちゃんおよびワンフェスに関する仕事の全て収めたもの。ワンフェス公式ガイドブックのカバーを飾ったカラーイラスト(1997年~2014年)はじめ、雑誌「月刊モデルグラフィックス」などに発表されたイベントレポートやコラムなどを一挙収録している。   イラストだけでなく、SF者らしい濃厚な文章でも注目を集めた水玉螢之丞。惜しまれつつ旅立った彼女のガレージキットへの愛あふれる仕事、そしてワンフェスの歴史を振り返ろう。

『水玉螢之丞作品集 ワンフェスのワンダちゃん』より

『水玉螢之丞作品集 ワンフェスのワンダちゃん』より

▼リンク
ワンフェスのワンダちゃん – 本の雑誌社の最新刊|WEB本の雑誌
http://www.webdoku.jp/kanko/page/9784860112899.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
YATTAR JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP