ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「馬王Z」開発者が語る競馬予想ソフトの実力

DATE:
  • ガジェット通信を≫

公営ギャンブルの中で最もメジャーな競技といえる競馬。そこで活用されているのが「競馬予想ソフト」です。そして、各種ある中で最もメジャーなソフトが、外れ馬券裁判で一躍有名になった「馬王Z」。このソフトの制作者である荒井俊也氏に馬王Zの魅力を解説してもらいました。

馬王Zはデータベースと一体化

競馬新聞と赤鉛筆を手に勘とひらめきで馬券を買っていた頃の私は、いつも赤字成績でした。が、1992年頃「JRA-VAN」で競馬データ配信が始まり、PCでシステマチックに馬券を選ぶことができないかとデータ開発を開始。それが馬王Zの源流です。

馬王Zはデータベースと一体化しており、過去数万レースのデータから、予想方法とその予想による的中、収支の結果をシミュレーションします。また、自分が設定したルールによって自動で馬券購入できるのもポイントです。

2~3割ものテラ銭(還元率)を取られる競馬で、長期のプラス収支を達成するためには、他人より4割高い配当の馬券を当てなければなりません。そんなことは不可能というのが世間の常識。不可能を可能にするためには、競馬予想の類は一切参考にせず、レースの検討すら必要はありません。

馬王Zは大穴のロマンを求めない

的中を目指す買い方ではなく、期待値が100円を超える高配当馬券だけを効率よく買い続けることこそ、回収率を大幅にアップする唯一の道。そのための競馬に関するあらゆるデータを提供するのが馬王Zなのです。

人間の知識などいい加減なものなので、せいぜい回収率85%になれば立派なレベル。膨大なデータを駆使したコンピュータの判断予想による馬王の通算回収率は100%前後をずっと維持している点からも、その差は明らかです。

馬王Zで馬券を買う場合、当たりそうな馬券ではなく期待値が100円を超えそうな馬券だけを選びます。広く浅く買い続けることが1番効率的な投資法なのです。あくまでも利益追求の馬王Zで大穴のロマンなど求めてはいけません。

また、より高い回収率を目指すには、独自に予想設定を改良します。過去レース分析機能やカスタマイズできる項目が豊富なのも馬王Zの魅力です。この情報は『ラジオライフ』2016年8月号に掲載されていました。

関連記事リンク(外部サイト)

チョコボールのエンゼルを見分ける方法とは
おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる
セブンイレブンのくじを高確率で当てる方法
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
ココスのクーポンでドリンクバーを無料にする

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP