ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016夏ネイルは海っぽさorシンプルなオフィス系、どっち?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏素材を爪に乗せて♪海アートとシンプルなアートのデザイン

今回は、夏本番のアートを2パターン作りました。
1つ目は定番になりつつある、海の波の模様を描いた「ドロップネイル」と天然素材の「クラッシュ シェル」を使ったアート。
もう1つは、自然で夏らしいデザインの、シアー系のホワイトを使ったシンプルなネイル。
夏のネイルの参考にしてみてくださいね。

 

海の水面みたいなドロップネイル

ドロップネイル(ドロップアート)は、ブルー系~ホワイトのジェルで、海の水面のような模様を描いたデザインを指しています。
なぜ、「ドロップネイル」と呼ばれているかは、その描き方に由来しています。
ベースカラーのジェルを塗ったあと、硬化せずにその上からクリアジェルを1滴落とすと、カラーの層にクリアジェルが沈み込み、穴が空いたような模様ができます。
これを繰り返すことで、柔らかい網目のような模様を作り、水面の光が反射したように見せることができます。
ジェルを落としながら描くから「ドロップネイル」なんですね。
ジェルの質感と、透明感を活かしたジェルだからこそできるデザインです。
今回はブルーで模様を描いて硬化した上に、ホワイトでも模様を描き、2段重ねて奥行きを出しました。
また、夏の間に挑戦したいネイルとして「クラッシュ シェル」があります。
これは天然の貝殻を薄く細かく砕いた素材ですが、パーツ1つずつの光り方が違うので、爪に乗せた時の角度によって輝きが変化して表情が変わるのが特徴です。
基本的には爪表面に敷きつめて、ジェルでコーティングする使い方なのですが、今回はクラッシュ シェルとジェルを使用してオリジナルパーツとしてパールを作り、3Dのヒトデやパールストーンと一緒に乗せました。

 

普段使いにおすすめ!シンプルな夏ネイル

また、もう1つのデザインは、なるべく日常生活に馴染む、自然で夏らしいネイルを考えて、ワンカラーのシンプルなデザインにしました。
親指と薬指のシアー系のホワイト2本は、レインボーカラーのホイルをクリアベースに乗せ、その上にシアーホワイトのジェルをランダムにかぶせて、人工的にマザーオブパール風の質感を出しています。
透け感があり、透けている部分から虹色が覗いて輝くので、使用した色はベーシックでも涼しげで上品な印象になります。
ぜひ、ネイルでも夏を楽しんでくださいね!
Cool NAILS make you smile!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。