体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リレー連載【4】在住者が語る、オランダに住んで良かった点、悪かった点

オランダ在住、TABIZINEライターの倉田直子(42)です。海外生活に憧れを抱く人は多いのではないのでしょうか。しかし、旅行で行くのと、実際に住むのとでは、その国に対する印象がだいぶ変わります。そこで実際に海外に住む日本人が感じる、その国に住んで良かった点、悪かった点の生の声をご紹介。リレー形式で、さまざまな国を巡っていきます!

■あわせて読みたい
【1】在住者が語る、イギリスに住んで良かった点、悪かった点
【2】在住者が語る、スペインに住んで良かった点、悪かった点
【3】在住者が語る、フランスに住んで良かった点、悪かった点
カナダに住んでみてわかった、良い点と悪い点
TABIZINEのオランダ記事一覧

リレー連載【4】在住者が語る、オランダに住んで良かった点、悪かった点
(c)Naoko Kurata

第4回は、オランダ在住の筆者が、この国に住んで感じたことをお話ししたいと思います。

オランダ移住のきっかけ

2015年6月にオランダに移住したので、ちょうど一年経ちました。生活の立ち上げで慌ただしくしていたので、あっという間だった気がします。

リレー連載【4】在住者が語る、オランダに住んで良かった点、悪かった点
(c)Naoko Kurata

2015年春に、4年間住んだイギリスの滞在ビザを更新できないことが分かり、さあどうしようかと考えたとき、ふと頭によぎったのがオランダでした。数年前に家族で旅行したときに雰囲気が良かったことと、ユニセフの2007年と2013年の調査で「世界一子供が幸せな国」に選ばれたという記事を読んだことが大きかったです。我が家にも小学生の子どもがいるので、子育てしやすそうな国だということが決定打になりました。

オランダに住んで良かった点と、オランダ人の国民性

リレー連載【4】在住者が語る、オランダに住んで良かった点、悪かった点
(c)Naoko Kurata

オランダに住んで良かったと感じられることは、何よりも子育てが非常にしやすい点。子どもに対するあたたかいムードを感じるとともに、親に対して「こうでなくてはならない」というプレッシャーが全くありません。凝ったお弁当を作る必要はないし、共働き家庭も多いので学校行事への親の参加を強制されることも皆無。筆者も子どもも、リラックスしながら学校生活を楽しめています。

リレー連載【4】在住者が語る、オランダに住んで良かった点、悪かった点
(c)Naoko Kurata

そしてこれは個人的な好みなのですが、オランダの街並みはとても可愛らしくて、見ているだけで幸せになります。毎日、子どもの送り迎えで通学路を歩くだけでときめきを感じられるので、とてもラッキーだったなと思います。

そういう街に住むオランダ人は、とても大らかで気さくな人が多いと感じます。特に男性は、共働きのお母さんたちにしっかり仕込まれて(?)いる方が多そうで、非常に結婚相手向きなのではないかと思います。実際にオランダ人男性と結婚している日本人の方に聞いてみても「家事をしっかりシェアしてくれる」とのことでした。仕事に対するスタンスが日本とオランダでは異なることもあり、何よりも家庭第一。仕事のために家族を犠牲にするという概念も全くなさそうです。そんな家庭人向けのオランダ人男性は、逆に言うとあまりロマンチックな恋愛向きの気質ではないかもしれません。筆者の個人的な見解ですが、大らかで気さくな分、女性の心情の変化には疎いような印象があります。自分の意見というものをしっかり持っているので女性に対して譲歩することも苦手で、恋の駆け引きなどもオランダ人男性には求めないほうがいいかもしれません。

1 2 3次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。