ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nスペで反響の介護殺人 介護開始早期に殺人に至る理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「私もいつ殺人者になるか。恐ろしい日々を送っています」(両親を介護している60代女性)

「父に死んでほしいと願っています。こんな私はひどい人間でしょうか」(父親を介護している50代女性)

 7月3日に放送されたNHKスペシャル『私は家族を殺した“介護殺人”当事者たちの告白』が大きな反響を呼んでいる。

 番組では介護殺人を犯して刑務所に服役したり、執行猶予中だったりする“加害者”がNHKのインタビューに応じ、“追い詰められて、殺すしかなかった”と声を震わせ次々と告白した。

 当初、番組サイドは、意に反して、殺人の肯定と受け取られないかと懸念していたが、放送終了後に届いた200通を超える視聴者からの声は冒頭のような「共感」が多かっったという。ほとんどが実際に介護を担っている女性からで、「他人事とは思えない」と切実な思いを語っていた。

 現在、介護の必要性は増す一方だ。日本人の平均寿命は男性80・50才、女性86・83才(2014年)と世界一だが、「介護の必要などがなく生活できる期間」を表す健康寿命になると、男性71.19才、女性74.21才とグンと短くなる。差し引きすると、日本人は亡くなるまでの10年前後を要介護状態で過ごすことを意味する。

 介護を担う人は550万人を超え、その7割が女性だ。「10年介護」…想像しただけで暗澹たる気持ちになる、その長い期間を走り抜けるために、大切な人をその手で殺めないですむために、私たちは何を知るべきだろうか。

◆介護殺人と介護離職が最も多く、最もつらい

 いつ終わるかわからない介護に疲れ果て、長期間の心労の末に犯行に及ぶ。介護殺人はそうみなされがちだが、実態は違った。

「この結果には私たちも驚きました」

 そう語るのは、先のNHKスペシャルのディレクターである丸岡裕幸さんだ。丸岡さんは全国のNHK記者50人以上とともに、2010年以降に発生した介護を理由にした殺人事件(未遂などを含む)を徹底的に取材した。

 その結果、意外な事実が浮かび上がった。この6年間に発生した138件の事件を追跡すると、介護を始めてから「3年以内」に介護殺人に至るケースが半数を超え、なかでも「1年以内」というケースが4分の1に達したのだ。

 なぜ、介護開始から比較的短い期間で殺人にまで至るのか。丸岡さんは介護初期の「三重苦」を理由に挙げる。

「介護経験がなく不慣れな人が多く、どうしても最初の負担が大きくなります。しかも、赤ちゃんの育児は“できること”が増えて楽しいですが、介護は“できないこと”が増えて気が滅入る。さらに介護初期は相手が元気だった頃に近く、“一生懸命リハビリすればきっと回復する”と思い込みがちで、状態が戻らないと絶望感が強くなります。

 介護開始から5年や10年が経過すれば“できない”、“戻れない”ことを徐々に受け入れられるかもしれませんが、初期の段階では精神的なストレスが非常に大きくなる」(丸岡さん)

 実際、NHKが介護経験者615人に実施したアンケート(回答者388人)では「介護を始めたばかりが最もつらかった」との声が多数寄せられた。また冒頭のように、番組には多くの女性からの反響が寄せられた。

「多くは介護中の女性からのSOSでした。日本の社会は“家のことは女性がやるべき”という考えがまだあって、それが介護に集約されています。正直なところ、取材すればするほどこの問題が簡単には解決できないことを突きつけられました」(丸岡さん)

 介護初期の苦難が悲劇に至ったのがNHKスペシャルに登場した、71才男性・Aさんのケースだ。

 大手企業に勤め、2人の息子を育てたAさんは定年後、妻と2人暮らしをしていた。毎年、熊本の阿蘇にドライブ旅行をするなど夫婦水入らずの老後を楽しんでいたが、2年前に妻が骨粗鬆症を患い、歩行困難になると平穏な生活が一変した。

 Aさんは知識もないまま、「妻は治る」と信じて必死に不慣れな家事と介護をこなした。懸命なリハビリで妻は一時的に歩けるまで回復したが、すぐ後に腰を骨折して寝たきりになった。

 自力で排泄できなくなった妻の落ち込みは激しく、「自分は元に戻れない。何もできない」とひたすらに涙を流す妻の姿を見て、Aさんの心がポキリと折れた。介護を始めて10か月、泣きながら「死にたい、殺して」と懇願する妻を何度もなだめたAさんだったが、ついに心身の疲労が限界を超えた。

 夫婦で毎年訪れた阿蘇まで最後のドライブに出かけた後、Aさんは42年間連れ添った妻に手をかけた。後を追おうと手首や首を切ったが死にきれず、警察に自首して執行猶予付きの有罪判決を受けた。

「Aさんも奥さんももともと社交的で活発なかたでした。ヘルパーだったら割り切って介護ができたかもしれませんが、Aさんは妻を愛していたからこそ、割り切れなかった。奥さんから何度も『死にたい、殺して』と言われてAさんは限界に達してしまった。このAさんに限らず、相手を愛していたり、真面目だったり、そういう人が実は介護殺人を犯していることもわかりました」(丸岡さん)

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
過去18年間の介護殺人 全体の72%は少数派の男性が加害者
老後破産したらためらうことなく生活保護を受けるべき
介護殺人 「気持ちはよくわかる」と感想漏らす人が多い

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP