ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

全国TOPクラスの学力 秋田の塾ナシ村の教育方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2630人の村民のうち35%が高齢者という秋田県東成瀬村。総面積204平方キロメートルのうち93%が山林を占める自然豊かなこの村にはスーパーがなく、コンビニが1軒あるだけだ。しかし今、この村を訪問する学校関係者が後を絶たない。昨年の訪問者はすでに553人を数えた。

 国内はもちろんのこと、韓国やモンゴル、遠くはペルーなどからわざわざこの村にやってくるのだという。その目的は、ズバリ、子供たちの学力を伸ばすことだ。

 2007年、43年ぶりに再開された文科省による「全国学力テスト」で、秋田県は8年連続1位。東成瀬村はその秋田県の中でもトップクラスの学力を誇ることから、国内外から注目を集めている。

 1956年、戦後初めて実施された全国一斉学力調査で、小学生は国語・算数ともに最下位の成績だった秋田。さらに今、学校崩壊が叫ばれ、「塾歴社会」などという言葉が飛び出すほど、学力向上に塾は欠かせない社会になっているのに、この村に学習塾は1つもない。

 そんな東成瀬村がなぜ日本一の学力を誇るのか? 記者は現地へ向かった。

 東京からおよそ5時間。新幹線と在来線、レンタカーを乗り継いだところに東成瀬村はあった。以前は、村内には小学校中学校それぞれ複数あったが、統廃合をし、今では東成瀬小学校と東成瀬中学校の1校ずつしかない。

 東成瀬小学校は全校児童100人。各学年1クラスずつで、教職員数は16人。保護者世帯数は75世帯で、保護者の9割以上が共働き、約7割が3世代同居という。

 小学校に足を踏み入れた記者をまず出迎えてくれたのは、全校児童の顔写真つきの将来の夢。1年生などの低学年は“けいさつかん”“ほぼさん”など職業だけが明記されているが、5、6年生の高学年は、「なぜそうなりたいのか」という理由まできちんと書かれている。

「お笑い芸人になりたい」と書いていた5年生のある男子児童はその理由を「みんなを笑わせて、幸せになってほしいからです」と書いている。

 同校の藤原寿教頭が言う。

「将来の夢は半年に1回書いています。4月と10月です。子供たちはいろんなことを考えていますから、半年でも夢はどんどん変わっていくんです。そして高学年になれば、“なぜ自分はその職業に就きたいのか”“そのためにはどうすればいいのか”などと考えるようになります。この村の子供たちは、そのことを考える力を持っているんです。その秘密は、授業などを見てもらえばわかります」

 そう言って案内してくれたのが2年生の体育の授業。この日のテーマは「水あそび」だった。プールの中にフラフープを入れ、その中を潜り抜けていく子供たち。授業終了の約10分前に2年生32人全員がプールサイドに上がり体育座りを始めた。

「では、“ふり返り”をやります」

 先生はそう言って、「潜る時に気づいたことはありますか?」と児童に聞いた。

 次々に手が挙がるなか、先生から指名された児童は立ち上がって、「最初はちょっと難しかったけど、息を止めると潜ることができました」と発表した。

「息を止めるといいんですか? そうした人はいますか?」

 そう先生が質問を続ける。児童は手を挙げ、指名された児童は「息を止めると潜ることができたけど、あとは体の力を抜くと浮くことができました」とはきはき答えた。すると先生は「体の力を抜くといいんですって。そうした人いますか?」と質問を続ける。するとまた何人か手を挙げた。

「あまりうまくできなかった人はいますか?」

 そんな質問にも、児童は何人か手を挙げた。

 続いて3年生の国語の授業を見学。テーマは「本を使って調べよう」。黒板には赤い枠で囲まれた“かだい”の下に「『里山は未来の風景』を読んでもっと知りたいと思ったことを調べましょう」と記されている。

 3年生12人全員の名前が黒板に書かれ、その下に児童たちがそれぞれ、どの本を使って調べるか考え、発表した内容が書かれている。

 授業の途中で、先生が「調べてわかったことはありますか?」と聞くと、一斉に手が挙がる。木の実・草の実の図鑑を使っていた女子児童は「私はまたたびについて調べました。またたびは、なぜ“またたび”というかというと、疲れた旅人がまたたびの実を食べたら元気になって、また旅ができるようになったそうです。そこから、またたびとなりました」と発表。

 先生は「またたびという木について調べたんですね。先生もそのことは知りませんでした。またたびがどんな木なのか、みなさんAさんに聞いてくださいね」と言った。

 次に男子児童が「アライグマについて調べました。アライグマはなぜ食べ物を洗うのかわかっていないそうです」。先生は「Bくんはどう思いますか?」と男子児童にさらに質問を続けていった。

 先生が児童に問いかける形で行われるこういった授業スタイルは、他の学年でも同じように行われていた。東成瀬村教育委員会の鶴飼孝教育長が説明する。

「これは小中連携で行っているのですが、その日、何を学ぶのか、まず先生から“課題”を提示します。これは必ず黒板に書き、赤の色で囲みます。次にどういうことが予想されるのか子供から意見を聞きます。興味や疑問を持ってもらうためです。それらを実際の授業の中で検証していき、45分の授業の最後の10分はまとめとふり返りという形で、子供中心に行っています。一方的に教師が知識を教えていくのではなく、子供自らが考え、気づきや発見を重ねていくのです」

 ひとりで考えた後はみんなで考える「共に学ぶ時間」。発表し合うことで、さまざまな意見があることに気づく。

 もちろん、答えがわかる子供もいれば、わからない子供もいる。間違う子供がいても、失敗を認め、次の挑戦へつなげる。そうした日々の授業が思考力・判断力・表現力を高めているようだ。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
タイガーマスク現象 児童養護施設の53%の児童に虐待経験
ウルトラマンを授業の教材に使う教師が正義について考えた書
福島県川内村の小学校 18人いた同級生は今も全国に離れ離れ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP