ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

28歳、佐藤天彦新名人が将棋界に吹き込んだ新しい風

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今、将棋界は大きな話題に沸いている。佐藤天彦八段が羽生善治名人を破り、28歳で名人位に就いたのだ。20代での名人獲得は16年ぶりという快挙でもあった。

 名人戦第1局は棋界の絶対的王者ともいえる羽生名人が勝ち、順当な滑り出しを見せたのだが、第2局で波乱が起きる。終盤で佐藤の玉が詰んでいたにもかかわらず、羽生が2度にわたり即詰みを見逃すという大ポカを演じてしまった。名人戦という大舞台で起きた信じられない羽生のミスに、佐藤は指先の震えが止まらなかったという。

 第2局を制した佐藤はそのまま勢いに乗り4連勝で羽生を圧倒。棋界の最高峰である名人位を奪取、16年ぶりの20代名人が誕生した。

 佐藤は1988年に福岡で生まれた。保育園時代に将棋を覚え、小学校に入学するころには大人に負けない棋力になっていた。将棋を教わったのは、初期のゲームソフト「森田将棋」だったと聞いて驚く。「森田将棋」が生んだはじめての名人といえる。やがて博多の将棋道場に通うようになり、将棋の強い小学生は大人たちの寵愛を受けながら腕を上げていった。子供の頃から性格がよく、誰にでも好かれるアイドル的な存在だった。やがて道場は移転、新しい場所で師匠の中田功七段と出会う。

 中田といえば大山康晴十五世名人の数少ない愛弟子。つまり佐藤は大山名人の孫弟子にあたる。名人の系列なのである。中田は小学生の佐藤に飛車落ちで指導をする。プロに飛車落ちはアマ四段でもまず勝てない手合いで、佐藤の資質に驚く。駒落ちというのは下手が攻めて勝つのがほとんどの定跡で、また子供は本質的に攻めるのが好きなので、大抵は下手の攻めを上手がどういなすかという戦いになるのだが、佐藤少年は違った。いつの間にか受けに回り上手の攻めをいなしてしまったのだという。その柔軟な発想に中田は舌を巻いた。

 その発想はそのまま現在の佐藤の将棋につながっている。定跡の研究が進み、終盤が単純化されつつある現代将棋に、玉を固め攻め勝つという傾向が顕著な最近の風潮に、佐藤はあえて受けを持ち込んだのだ。局面の単純化よりも複雑化を好み、混沌とする状況の中で自分の読み筋だけを頼りに勝ちを探し求めるという、それはまさしく古くて、しかし何よりも新しい発想だった。

 佐藤は大山をはじめ、古い将棋を調べ、その中に自分たちが学ぶべきものがあることを知った。コンピュータを駆使し最新系の定跡の研究に没頭し、情報戦と化している将棋界。「強い、弱い」よりも「知っている、知らない」が重要になっている将棋界に佐藤は新しい風を吹き込んだ。

「終盤のねじり合い」「悪くなっても粘り倒す」「最善手はあえて見送る」──大山名人の将棋そのものである。

◆さとう・あまひこ/1988年生まれ。福岡県出身。1998年、小学5年生で関西奨励会に入会。2006年、四段に昇段してプロデビュー。2008年、新人王戦で棋戦初優勝。2015年、順位戦でA級昇格。同年、王座戦で羽生四冠にタイトル初挑戦するも敗退、棋王戦のタイトル戦でも渡辺明棋王(竜王)に敗れた。28歳4か月での名人獲得は史上4番目の若さで、20代の名人誕生は2000年の丸山忠久八段以来16年ぶり。(肩書は対局当時)

取材・文■大崎善生 撮影■小澤忠恭

※週刊ポスト2016年8月5日号

【関連記事】
名人・羽生善治 将棋ソフトに負けても名声は傷つかない
森内俊之竜王・名人「一度でいいから壁を越える経験が大事」
佐藤紳哉六段 電王戦でカツラがズレること心配し着用を迷う

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP