ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大前氏 観光大国化には大自然や風景楽しめるルート開拓せよ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 日本の成長戦略の1つに掲げられているのが「観光」だ。たしかに、数年前まで600万~800万人台だった訪日外国人客数は一気に2000万人近くまで達し、観光地では数多くの外国人を見かけるようになった。さらに日本への観光を伸ばすにはどうすればいいか。大前研一氏は、「外国人に新たな日本を発見してもらう必要がある」と指摘する。

 * * *
 外国人観光客に発見してもらうべき新たな日本は「京都」「奈良」「箱根」「日光」「高山」「銀座」「秋葉原」「東京スカイツリー」「渋谷109」といった“点”ではない。日本の美しい自然を満喫できる“線”や“面”の周遊ルートでなければならない。

 各自治体も「インバウンド需要」を取り込むべく地元の観光地をプッシュしているようだが、なかなか浸透しない。役所が“点”で考え、ちまちまとバラバラに打ち出しているからだ。

 一方、観光庁は外国人旅行者の地方への誘客を図るため、「ゴールデンルート(東京~富士山~関西)」に次ぐ観光コースとして、北海道、東北、中部、関西、四国、九州など7つの「広域観光周遊ルート」を認定している。

 しかし、それらはあまりにも「広域」すぎる。1週間以上の滞在が普通の欧米人観光客はともかく、中国人観光客の旅程は3泊4日か4泊5日が主流なので、もっとエリアを絞り込み、1日単位のコースを組み合わせた短期間のルートを設定すべきである。

 では、日本の美しい自然を満喫できる“線”や“面”の新しい周遊ルートは、どのようなものが考えられるか? 大学時代に「通訳案内士」の国家資格を取得してアルバイトで2500人の外国人観光客をガイドし、その後も全国各地を車やバイクで旅してきた私が有望だと思うのは、たとえば北海道の札幌~登別温泉~洞爺湖だ。

 登別温泉の周辺には噴煙が上がっている火山や国内トップクラスの透明度を誇る倶多楽湖などがある。2008年の洞爺湖サミットでメイン会場になった「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」は洞爺湖の全景と反対側の内浦湾(噴火湾)の両方を見下ろす標高625mのポロモイ山山頂にあり、壮大なスケールの絶景が楽しめる。

 東北は秋田県の田沢湖と青森県の十和田湖・奥入瀬渓流を巡るルートだ。田沢湖は韓国の人気ドラマ『IRIS』のロケ地になったことで一時は韓国人観光客でにぎわったが、日本一深い瑠璃色の湖面が神秘的で、近くに秘湯・乳頭温泉郷もある。薄緑色の自然林に覆われた奥入瀬の景観は外国人も感動するだろう。

 四国では、愛媛県の宇和島から高知県の足摺岬にかけての西海岸がお勧めだ。ここの多島海はエーゲ海のように美しく、世界的な名勝地だと思う。

 九州は阿蘇や由布院温泉だけでなく、鹿児島県の錦江湾エリアをフィーチャーすべきである。指宿・開聞岳・長崎鼻(山川港)から佐多岬のある大隅半島へと桜島を眺めながらフェリーで湾を横切れば、絶景が眼前に広がる。

 こうした外国人観光客が好みそうな日本の大自然や原風景を楽しめるクオリティの高い周遊ルートは、全国各地にけっこうある。それを20くらいピックアップし、“新たな日本”の景勝地として有力エージェントにPRするのだ。

※SAPIO2016年8月号

【関連記事】
富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明
中国高級官僚 京都のお茶屋で強制退店されるも50万円即払い
秋葉原家電量販店 中国人爆買いで和式トイレ使用不可事件発生

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP