体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

居酒屋に「地球一周の船旅」のポスターが貼ってある理由

居酒屋に「地球一周の船旅」のポスターが貼ってある理由

「地球一周の船旅」というポスターを街で見かけたことはありませんか?気になるけど、怪しい団体じゃないの?そう思う人も多いと思います。

 

過去にピースボートに乗船した私が、なぜポスターを貼っているか、ボランティアスタッフは何をするか、その謎について解明していきたいと思います。

 

btn_red_peaceboat

 

ピースボートとは?

ピースボートさん(@peaceboatofficial)が投稿した動画 – 2015 10月 19 4:24午前 PDT

ピースボートは「みんなが主役で船を出す」を合い言葉に、好奇心と行動力溢れる老若男女が地球一周をしながら、様々な国や人々と交流を行ったりする船旅のことです。

 

地球一周の船旅は、約3カ月の間に世界の約20ヶ国を訪れます。

観光目的だけではなく、現地の人との交流できるプログラムがあったり、船上では「水先案内人」と呼ばれる各分野の専門家の方が講演会やワークショップを行ったり、語学教室(GET)やカルチャー教室、地球大学など各種イベントが開催されます。

 

国際NGO団体なので、貧困で苦しむ地域に足を運び、支援物資を届けたり、カンボジアの地雷廃絶のためのキャンペーン、自然破壊が進むガラパゴス諸島での植林ボランティアなどを行っています。

海外だけではなく、東日本大震災や熊本地震の際も、現地に行ってボランティア活動を行ったり、支援物資を届けるなど、その活動は現在も続いております。

 

街中で見掛けるポスター

林雄さん(@hayako.wld)が投稿した写真 – 2016 6月 23 9:09午前 PDT

街中や居酒屋のトイレでよく目にすることがあるポスターは、何の為に貼っていると思いますか?

ピースボートはCMや広告で宣伝する代わりに、ポスターを貼って口コミで広げていくという手法を取っています。

そしてポスターを貼った枚数に応じて、船の運賃が割引になるというシステムが発生します。

 

ピースボートの船は1年間で3クルーズが出航するのですが、そのクルーズに合わせて新しいポスターが出来上がります。なので3ヶ月に一回ほどポスターを貼り替える作業を行います。

 

ボランティアスタッフが行う作業

豊里 愛海さん(@manat.18)が投稿した写真 – 2016 6月 9 7:42午後 PDT

ピースボートに乗ったと言うと、「ボランティアスタッフって何をするの?」とよく聞かれることが多いのですが、船の中でボランティアするというわけではありません。

 

ボランティアスタッフは、通称「ボラスタ」と呼ばれていて、お店にポスターを貼りに行く作業と内勤作業に分かれます。

ポスターは、貼った枚数に応じて船の運賃が割引されます。3軒貼ると1000円が割引されます。つまり約30軒貼ると1万円の割引になります。

多い人は1日100枚くらい貼るので、2ヶ月くらいで全額割引になる人もいます。

 

内勤作業は、ポスターを貼りに行く前の準備等を行います。またピースボートセンター内で電話対応や、資料を送付する作業を行うこともあります。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会