ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

冷蔵庫の扉が外にある家? 未来の家のデザイン展

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

冷蔵庫の扉が外にある家? 未来の家のデザイン展
J-WAVE金曜朝6時からの番組「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」のワンコーナー「FEATURE FOCUS」。7月29日のオンエアでは、お休み中のジョン・カビラに代わってクリス智子がナビゲーターに。そしてこの日は、グラフィックデザイナーの原研哉さんに、ご自身が発起人を務める「HOUSE VISION」というプロジェクトについてのお話を伺いました。

「HOUSE VISION」とは日本を代表する企業15社と建築家およびデザイナー13組が、未来の住まいのあり方を提案していこうというプロジェクトです。

そもそもこの活動を始めたきっかけについて「家という誰もがわかりやすいものに未来を投影してみると、非常にわかりやすくなる」(原さん)と話し、エネルギーやコミュニケーションなど、さまざまな問題を家に投影するためにこのテーマを選んだと語りました。

「HOUSE VISION」では、これまでにもたくさんのユニークな家のアイデアが生まれています。

三越伊勢丹と建築家・谷尻誠さんと吉田愛さんの作品「ニュー・ノマド」は、東京に住居を持ちながら、出張が多く月の半分ほどしかこの家を使っていなかったら…という想定のもと考えられたもの。「昔は立派な家といえば豪邸のイメージ」でしたが、こちらではシンプルで暮らしやすそうな家がデザインされています。

そして、ヤマトホールディングスと建築家・柴田文江さんの作品はなんと「冷蔵庫が外から開く家」! 驚きのコンセプトですが、こちらは食べ物を配達した人が外壁から冷蔵庫に入れて、住人は中から冷蔵庫を開けて取り出すためのデザインなのだとか。「人が出入りするドアの隣に、モノが出入りするドアを作る」ことで、物販の流通がよりスムーズになるデザインの提案の意味もあるそうです。

ほかにも「HOUSE VISION」では、さまざまな家のアイデアが溢れています。気になる方は、7月30日から8月28日まで東京都江東区の青海で開催される「HOUSE VISION」の展示をチェックしてみください。連日、参加企業やデザイナーのトークイベントも開催されるそうですよ。

多様化する現代人の生活に合わせて変化する家のデザイン。もしかしたら「冷蔵庫が外から開く家」がスタンダードになる日が来るかもしれませんね。

【関連サイト】
「〜JK RADIO〜TOKYO UNITED」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tokyounited/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。