体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インディーゲームSTG「GRAZE COUNTER LITE」 敵弾にカスってゲージ充填、必殺のカウンターで敵を殲滅せよ!

近年、様々な作品が登場しているインディー・シューティングゲーム。アートのような弾幕や世界観の美しいユキショウヘイ氏の『MECHA Ritz』や、サークル「惑星まりも」の潜水艦STG『伊』など、特徴的なゲームに出会うことも多くなった。

『MECHA Ritz』弾幕STGは現代アートになりうるか?フリゲで始めるSTG:第4回

穏やかな深海に放たれた一撃必殺の美学。期待の若手サークル惑星まりもの潜水艦STG『伊』

そこで今回は、2017年公開予定の「GRAZE COUNTER」の体験版に相当するシューティングゲーム「GRAZE COUNTER LITE」を紹介しよう。体験版相当である本作は、無料でダウンロードすることが可能。また、このゲームは「敵の弾にカスることでゲージを貯め、それを消費して必殺のカウンターを放つ」というシステムが特徴的となっている。敵の攻撃に敢えてギリギリで避けることで、反撃の大技を繰り出すことが出来るのが爽快だ。さっそく紹介しよう

弾幕を切り抜けて反撃の大技を狙え!

体験版相当となる「GRAZE COUNTER LITE」は、1ステージの最後まで遊ぶことが出来る。まずは、ゲーム開始時の自機選びだ。自機は、速度は遅いが攻撃範囲は広い「エイプリルディバイダー」と、移動速度と攻撃力に優れた「フリーダムダンサー」の2つのうちからひとつを選ぶことが出来る。
 
GRAZE COUNTER
エイプリルディバイダー
 
GRAZE COUNTER
フリーダムダンサー
 
自機を選んだあとは、特殊能力であるスキルの設定だ。自分の機体に自動でシールドが装備される「オートシールド」や、同じ敵弾にかすり続けると敵弾を消すことが出来る「オーバーグレイズ」などが存在する。筆者としては初プレイ時には「オートシールド」を選んだが、まずは直感で選んでプレイしてみても構わないだろう。
 
GRAZE COUNTER
オートシールド
 
GRAZE COUNTER
オーバーグレイズ
 
本作の特徴としては、冒頭でも紹介したが「敵の弾にカスりゲージを貯め、必殺のカウンターを放つ」という部分だ。また、カウンター攻撃で敵を倒した際には「ブレイクゲージ」を増やすことのできる星形のアイテムを入手することが出来る。これを集めることで、攻撃力が大幅に増加する「ブレイクモード」に入ることが出来る。ゲームの基本的な操作については、ゲームスタート時に丁寧な説明がなされるので、そちらを見てみることもおススメしたい。
 
GRAZE COUNTER
ステージの開始前にチュートリアルが挟まれる
 
GRAZE COUNTER
 
GRAZE COUNTER
カウンターで敵を倒しつつ「ブレイクモード」を狙おう

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。