ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

一度は行きたい、北海道・東北の感動絶景69選!観光やデートにおすすめ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
一度は行きたい、北海道・東北の感動絶景69選!観光やデートにおすすめ 170804_北海道・東北

日本に数多くある、見る人の心を揺さぶる絶景、美しい風景の数々…。

じゃらん編集部では、四季折々で感じることのできる、

日本中の感動絶景スポットを穴場から定番まで徹底リサーチ!

思わずため息がでちゃう、【北海道・東北】の素晴らしい絶景を訪れてみよう!

旅行の観光、大切な人とのデートにもおすすめの感動体験をぜひ!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

記事配信:じゃらんニュース

函館山 【北海道】

函館山出典:じゃらん 観光ガイド 函館山

函館の観光スポットとして有名な函館山は、北海道函館市の市街地西端にあり、展望台からは函館市内の夜景が一望できます。

また、600種の植物が繁茂し、渡り鳥の休息地としても有名。

山頂まではロープウェイや一般道(車、バスなど)から気軽に登ることができ、カップルや家族連れにも人気のスポットです。

年間を通して、函館山から見える海や街並み、自然を楽しみながら、歩いて登ることもでき、山頂展望台まで1時間ほどで着きます。

徒歩で上ってロープウェイで下山することもできるので、気軽に展望台まで行けるのも嬉しいポイントです。

※車でのアクセスは冬季通行止めあり。また、夏季の混雑時間帯(17~22時)も通行禁止。

\口コミ ピックアップ/

ロープウェイで一気に展望台まで行くことができます。 ロープウェイを使わなくても登山道で行くことができます。 夜景はもちろん、昼の景色も美しいですね。

(行った時期:2017年7月) 函館山

住所/北海道函館市函館山

「函館山」の詳細はこちら

洞爺湖 【北海道】

170804_洞爺湖出典:じゃらん 観光ガイド 洞爺湖

支笏洞爺国立公園にある湖。日本で9番目に大きい湖。火山の活動によってできた、ほぼ円形のカルデラ湖。中島に森林博物館がある。昭和新山、有珠山、遠くに羊蹄山を望む。

南西岸は洞爺湖温泉で、旅館・ホテルが林立し、バスや遊覧船の拠点になっている。山々と湖がおりなす景観美は、北海道三大景観に数えられる。

\口コミ ピックアップ/

気温の高い日でしたが、日陰をさがして湖を眺めました。キラキラと輝く湖をみていると元気が出ます。駐車場のある場所も多く、うるさくもなく、1人でのんびりするのもいいかもしれません。

(行った時期:2017年7月) 洞爺湖

住所/北海道虻田郡虻田町虻田町/洞爺村/壮瞥町

「洞爺湖」の詳細はこちら

摩周湖 【北海道】

摩周湖出典:じゃらん 観光ガイド 摩周湖

摩周火山爆発でできた火山湖。300~400mの絶壁と,古城のような摩周岳を配し,湖心に中島を浮かべる。水の流出入がないものも珍しい。

日本で最も透明度が高い湖のひとつで「阿寒国立公園」内にある。1960年代に日本で「霧の摩周湖」という歌謡曲がヒットした事も手伝って、365日、濃霧につつまれているイメージが強い。

\口コミ ピックアップ/

摩周湖につくまでの間、霧がありませんように、晴れていますように、とドキドキわくわくできるのが嬉しいです。ついてみたら、まるで鏡にような湖面に大満足です。

(行った時期:2017年7月9日) 摩周湖

住所/北海道川上郡弟子屈町

「摩周湖」の詳細はこちら

支笏湖 【北海道】

支笏湖出典:じゃらん 観光ガイド 支笏湖

支笏湖は支笏洞爺国立公園に属するカルデラ湖で、長径13km、短径5kmのほぼ東西に長いマユ型をしています。シコツとはアイヌ語で「大きな窪地」という意味で、周囲は約40キロ、最大深度は約363m、千歳市の重要な観光スポットとなっています。また、日本で最もきれいな湖の1つで、日本最北の不凍湖としても知られています。 支笏湖周辺にはオコタンペ湖や苔の洞門、風不死岳、恵庭岳、樽前山などの高さが1,000mを越す山々や、天然の深い森など、美しい自然が残されています。 支笏湖周辺には支笏湖温泉、丸駒温泉、いとう温泉の3つの温泉があるほか、ボート遊びやキャンプ、スキューバダイビング、カヌーなども楽しむことができるほか、「支笏湖湖水まつり」や「支笏湖紅葉まつり」、「千歳・支笏湖氷濤まつり」など、様々なイベントが開催されています。

\口コミ ピックアップ/

千歳からニセコに行く時に通りました。昨年は車で走りながらちらっと見えた支笏湖でしたが、今年はちゃんと見てきました。小雨が降る中の霧も出ている支笏湖も趣きがありました。

(行った時期:2017年7月2日) 支笏湖

住所/北海道千歳市

「支笏湖」の詳細はこちら

オシンコシンの滝 【北海道】

オシンコシンの滝出典:じゃらん 観光ガイド オシンコシンの滝

チャラセナイ川の河口付近にある滝。「日本の滝100選」にも選ばれた。途中、水流が2つに分かれていることから別名「双美の滝」。滝の上にある展望台から、「オホーツク海」と「知床連山」が遠望することができる。流氷の季節は、見渡す限りの白い海原が見られる。

\口コミ ピックアップ/

滝の勢いがすごかったです。ぎりぎり行けるところまで近くに寄ると、水しぶきがかかるほどでした。ベストポジションに「オシンコシンの滝」という看板が立てかけられてあり、そこから撮影すると綺麗に撮れました。

(行った時期:2017年6月) オシンコシンの滝

住所/北海道斜里郡斜里町ウトロ西

「オシンコシンの滝」の詳細はこちら

阿寒湖 【北海道】

阿寒湖出典:じゃらん 観光ガイド 阿寒湖

北海道東部、釧路市「阿寒国立公園」にある湖。雄阿寒岳のふところ。湖上には大小の島々が浮かびマリモ伝説で有名。北海道東部を代表する観光地。特別天然記念物のマリモ(毬藻)が有名だが、ヒメマスなどが生息することでも有名。

\口コミ ピックアップ/

古くからの有名な温泉地で ホテルも 多く 栄えている感じです。 お土産やも数多く見ていても楽しいです。遊覧船もあり マリモも見に行けます。

(行った時期:2017年7月) 阿寒湖

住所/北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉

「阿寒湖」の詳細はこちら

宗谷岬 【北海道】

宗谷岬出典:じゃらん 観光ガイド 宗谷岬

日本最北の岬。北緯45度31分22秒。サハリンを望み,歴史的記念碑も多い。

\口コミ ピックアップ/

天気が良かったので、サハリンを拝むことが出来ました!日本の最北端に立つ気分は、どこか格別なものを感じました!最北端の塔の前で記念撮影もばっちりして、売店もめぐって、楽しめました!!

(行った時期:2017年7月) 宗谷岬

住所/北海道稚内市宗谷岬

「宗谷岬」の詳細はこちら

釧路湿原国立公園 【北海道】

釧路湿原国立公園出典:じゃらん 観光ガイド 釧路湿原国立公園

1市2町1村にまたがり植物学的にも貴重な低層湿原と高層湿原を有し、昭和62年、国立公園の指定を受ける。丹頂鶴をはじめ野鳥の生息飛来地。釧路市北斗の湿原展望台と釧路町細岡の展望台からの景観がよい。温根内ビジターセンターの遊歩道と釧網本線の車窓からも湿原を間近に見ることができる。国立公園総面積26,861ha 釧路湿原総面積18,290ha

\口コミ ピックアップ/

地平線の奥までずっと続く湿原。日本のアマゾン!という感じ。降りたら動物がいっぱいいるかな?!と心躍る。東京から来るとこの広大さと広い空に心から癒される。

(行った時期:2017年7月6日) 釧路湿原国立公園

住所/北海道釧路市(釧路町・標茶町・鶴居村)

「釧路湿原国立公園」の詳細はこちら

神の子池 【北海道】

神の子池出典:じゃらん 観光ガイド 神の子池

裏摩周の近くで、冷たく透き通った湧水による池。摩周湖の地下水が湧き出しており、池の底がエメラルドグリーンの神秘的な色彩を呈している。池の中にはオショロコマが泳いでいる。

\口コミ ピックアップ/

写真のように本当に青くて透明で静かで幻想的でした。おもったより小さくてすぐにみおわってしまいますが、いって損はないかなと思います。

(行った時期:2017年7月) 神の子池

住所/北海道斜里郡清里町字清泉

「神の子池」の詳細はこちら

屈斜路湖 【北海道】

屈斜路湖出典:じゃらん 観光ガイド 屈斜路湖

阿寒国立公園中最大の湖。火口原湖で中央に中島を浮かべ明るくおおらかな雰囲気で、北海道の代表的観光地のひとつ。湖岸の砂湯と和琴には露天風呂付きのキャンプ場がある。

\口コミ ピックアップ/

前日はコタンの湯で楽しみ、その日にアトレーユに泊まり、ここでカヌー体験をしました。湖、鏡の間、川といろいろな場所でのカヌーが同時に楽しめる場所です。

(行った時期:2017年6月) 屈斜路湖

住所/北海道川上郡弟子屈町字美留和

「屈斜路湖」の詳細はこちら

奥入瀬渓流 【青森県】

奥入瀬渓流出典:じゃらん 観光ガイド 奥入瀬渓流

十和田八幡平国立公園の中にあり、十和田湖から流出する唯一の河川で、十和田湖の子ノロから焼山までの約14kmの流れが、奥入瀬渓流とされ、千変万化の渓流美を構成し、四季を通しての景勝地である。

渓流には遊歩道が整備されており、渓流沿いにはいくつもの滝が点在する。十和田湖観光には欠かせない散策ポイント。渓流沿いの遊歩道では4時間半くらいのトレッキングが楽しめる。豊かな樹木や大小の滝、巨大な岩や切り立った崖などが景観に彩りを加える。新緑や紅葉の時期は、特に美しい景観をみせる。1928年に天然記念物に指定されている。

\口コミ ピックアップ/

大きな歴史を感じるブナ林の中を清らかな瀬が色々形を変えて流れ行く。色んな場所でたくさん写真を撮った。 所々にある滝も見所。

(行った時期:2017年7月) 奥入瀬渓流

住所/青森県十和田市大字奥瀬

「奥入瀬渓流」の詳細はこちら

種差海岸 【青森県】

種差海岸出典:じゃらん 観光ガイド 種差海岸

種差海岸の代表的景観。美しい芝生が水際まで広がっている様子は、まるで異国のよう。芝生と海が織り成す造形美は、多くの文人たちに愛されました。芝生地の北側にはキャンプ場も設けられています。

\口コミ ピックアップ/

広大な芝生があるため、ピクニックをしたり、ボール遊びをしたりする家族づれが多いです。ゆっくりとお散歩するお年寄りもいらっしゃったり、岩に登るアグレッシブなおじさんがいたりと、どうとでも楽しめます。

(行った時期:2017年5月) 種差海岸

住所/青森県八戸市鮫町

「種差海岸」の詳細はこちら

恐山 【青森県】

恐山出典:じゃらん 観光ガイド 恐山

比叡山、高野山とともに日本三大霊場に数えられる恐山は貞観4年(862年)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄えた。風車がカラカラと回り、荒々しい岩場の合間から硫黄の臭いが立ちこめる様子は、地獄や浄土に見立てられている。田名部海辺三十三観音の最終札所として、シーズンを通して参拝者が訪れる。夏の恐山大祭は多くの参詣者でにぎわう。

\口コミ ピックアップ/

貞観4年(862年)に天台宗慈覚大師が開山したといわれる霊場で、現世とは異なる幻想的な雰囲気のただよう場所です。死後世界はこのような感じかと思いました。 、

(行った時期:2017年5月) 恐山

住所/青森県むつ市田名部宇曽利山

「恐山」の詳細はこちら

十和田湖 【青森県】

十和田湖出典:じゃらん 観光ガイド 十和田湖

典型的な二重式カルデラ湖で新緑,紅葉は見事。特別名勝地に指定され,ヒメマスが名産。遊覧船による湖上遊覧のほか,レンタサイクルでのサイクリングも楽しい。また,鉛山~大川岱~滝ノ沢には湖岸遊歩道があり,散策には好適。

\口コミ ピックアップ/

ゆったりと散歩ができるところです マイナスイオンで心も体もとてもリラックスできました かなり歩きますが楽しかっつたです

(行った時期:2017年5月) 十和田湖

住所/秋田県鹿角郡小坂町十和田湖

「十和田湖」の詳細はこちら

龍飛崎 【青森県】

龍飛崎出典:じゃらん 観光ガイド 龍飛崎

津軽国定公園龍飛崎は津軽半島の最北端、津軽海峡に突き出た岬。

周辺は灯台を中心に遊歩道となっており、晴れた日には津軽海峡を挟んだ北海道まで見渡せる。

また、国道でありながら日本で唯一、車の往来ができない「階段国道」もある。

\口コミ ピックアップ/

津軽半島の最北端の岬で、そこからの360度の眺めは最高です。広々とした海と北海道の台地が眼前に広がります。

(行った時期:2017年5月) 龍飛崎

住所/青森県東津軽郡外ヶ浜町字三厩龍浜

「龍飛崎」の詳細はこちら

大間崎 【青森県】

大間崎出典:じゃらん 観光ガイド 大間崎

本州最北端の地。ここからは北海道を望むことが出来る。また海上には弁天島が浮ぶ。

\口コミ ピックアップ/

本州最北端という意味でぜひとも訪れておきたい場所でした。広々とした海をバックに、さっそく記念写真をとりました。

(行った時期:2017年6月) 大間崎

住所/青森県下北郡大間町大字大間字大間平

「大間崎」の詳細はこちら

尻屋崎 【青森県】

尻屋崎出典:じゃらん 観光ガイド 尻屋崎

尻屋崎は津軽海峡と太平洋に面した本州最北東端に位置し、その突端には歴史的・文化的にも価値の高い、白亜の「尻屋埼灯台」が船舶の安全を見守っています。また、灯台周辺の草地には青森県天然記念物の「寒立馬」が放牧されており、その愛らしい姿を眺めることができます。

\口コミ ピックアップ/

8時過ぎにむつグランドホテルを出発。18℃という表示が、道路に出ていました。岬につくと寒立馬は、見当たりません。でも一周し始めると海岸近くに群れがいました。その横の海では、女性たちが腰まで浸かって海藻を採られていました。

(行った時期:2017年7月) 尻屋崎

住所/青森県下北郡東通村尻屋

「尻屋崎」の詳細はこちら

仏ヶ浦 【青森県】

仏ヶ浦出典:じゃらん 観光ガイド 仏ヶ浦

白緑色の奇岩が仏のように群立し極楽浄土の観がある。岩の名前も仏に因む。大町桂月の歌碑がある。

\口コミ ピックアップ/

石灰岩で出来た白い岩が林立する幻想的な雰囲気の海岸です。まさに仏様がいらっしゃるような感がする場所でした。

(行った時期:2017年5月) 仏ヶ浦

住所/青森県下北郡佐井村

「仏ヶ浦」の詳細はこちら

銚子大滝 【青森県】

銚子大滝出典:じゃらん 観光ガイド 銚子大滝

幅20メートル、高さ7メートルの見事な水量を誇るこの滝は奥入瀬の本流にかかる唯一の奥入瀬渓流最大の滝。この滝は奥入瀬を遡上して十和田湖に入ろうとする魚を拒む、魚止めの滝でした。勇壮で見事な水量は今もなお十和田湖の神秘を守る番人の様です。

\口コミ ピックアップ/

姫鱒を堪能して遊覧船に乗り遅れたので、次の舟を待つ間に奥入瀬渓谷まで足を伸ばしてみました。横幅のある見事な滝です。落差は然程では無いのですが見事な滝です。

(行った時期:2017年5月15日) 銚子大滝

住所/青森県十和田市大字奥瀬

「銚子大滝」の詳細はこちら

岩木山(津軽富士) 【青森県】

岩木山(津軽富士)出典:じゃらん 観光ガイド 岩木山(津軽富士)

鳥海火山脈に属する休火山で,青森県で一番標高の高い岩木山は、津軽平野のどこからでも見ることができ、広く裾野を引いた姿の美しさから津軽富士とも呼ばれる。昭和50年には津軽の名山として津軽国定公園に指定された。なお、古来より信仰の山として知られている。

\口コミ ピックアップ/

どっしりとした美しい山容は津軽の人たちを温かく見守ってくれているような感じがしました。色々なところで見れますので表情の違いが楽しめます。

(行った時期:2017年5月) 岩木山(津軽富士)

住所/青森県弘前市

「岩木山(津軽富士)」の詳細はこちら

厳美渓 【岩手県】

厳美渓出典:じゃらん 観光ガイド 厳美渓

岩手県の磐井川沿いにある渓谷。磐井川が巨岩を浸食し、2kmにわたり渓谷美を見せる。渓流をはわんだ対岸のお茶屋からだんごとお茶を買う「郭公だんご」が名物。吊り橋から眺める蒸留の荒々しい流れと下流のゆったりした淵が対象的。甌穴が見せる渓流美が美しい。名勝天然記念物指定。紅葉の見頃は10月中旬~11月中旬。

\口コミ ピックアップ/

景色がとても良かったです。名物の空飛ぶ団子も体験できました。おもしろかったです。何より団子がめちゃくちゃ美味しかったです。

(行った時期:2017年7月1日) 厳美渓

住所/岩手県一関市厳美町

「厳美渓」の詳細はこちら

岩手山 【岩手県】

岩手山出典:じゃらん 観光ガイド 岩手山

日本百名山のひとつ「南部片富士」の名で知られる秀峰岩手山は標高2,038メートルで岩手県の最高峰。有史以来5回の噴火による火山地形は日本でも珍しく、四季折々豊かな表情を見せてくれます。

馬返しからは最もポピュラーな登山コースとして大勢の人々が登山します。岩手山の登山は山頂から望む風景だけでなく数多くの高山植物が生息し、登山の人々の目を楽しませています。

\口コミ ピックアップ/

岩手県の中で一番の雄大な景色を見ることができます。いろいろな方向から見ると、すべての見え方が違うのですよ。

(行った時期:2017年6月) 岩手山

住所/岩手県滝沢市滝沢字岩手山

「岩手山」の詳細はこちら

岩洞湖 【岩手県】

岩洞湖出典:じゃらん 観光ガイド 岩洞湖

日本一美しいといわれる人造湖。白樺・赤松などの林が神秘的です。湖畔には、シラカバやナラなどの広葉樹が群生しており、春の新緑や秋の紅葉など、四季それぞれに美しい風景を観ることができます。また、周辺には、キャンプ場や広場、遊歩道が整備されています。

\口コミ ピックアップ/

わかさぎ釣りの季節で

様々な色のテントが凍った湖に

浮かんでいるよで気球のようでした。

キリっと寒い空気も新鮮で

新緑の頃はもっと期待してます。

(行った時期:2017年3月) 岩洞湖

住所/岩手県盛岡市玉山区薮川字亀橋

「岩洞湖」の詳細はこちら

浄土ヶ浜 【岩手県】

浄土ヶ浜出典:じゃらん 観光ガイド 浄土ヶ浜

陸中海岸を代表する景勝地。白い流紋岩でできた美しい海岸。磯遊び、海水浴客で賑わう。日本の快水浴場百選の『海の部特選』に選定された。

浄土ヶ浜の地名は天保年間(1681~1683)に宮古山常安寺七世の霊鏡和尚が「さながら極楽浄土のごとし」と感嘆したことから名づけられました。

\口コミ ピックアップ/

最終日。遠野から仙人峠を経由して釜石へ。かの大震災以来、気にかけていたルートでさらに北上。

宮古の浜へ。大災害を乗り越え、その姿は凛々しく逞しく、そして美しく!

(行った時期:2017年6月28日) 浄土ヶ浜

住所/岩手県宮古市日立浜町

「浄土ヶ浜」の詳細はこちら

北上川 【岩手県】

北上川出典:じゃらん 観光ガイド 北上川

岩手県北部岩手町御堂(御堂観音境内の湧き水という説が一番有力)を源として、北上・奥羽山脈から発する幾多の大小支流河川をあわせて、岩手県の穀倉地帯を南に縦貫し一関下流の狭窄部を経て宮城県に入る。

その後旧北上川を分流、本線は追波湾に、旧線は石巻湾に注ぐ。本流が太く支流が細いという特徴があり、多くの支流は排水路的な役割をもつ。盛岡駅前を流れ、そこからは岩手山ものぞむことができる盛岡を代表する景観を作り上げている。

\口コミ ピックアップ/

駅の近くを流れる川です。駅近くの開運橋からの北上川と雪を頂いた岩手山の眺めがとてもきれいなので、駅近くで時間があるときはお勧めです。

(行った時期:2017年2月) 北上川

住所/岩手県盛岡市(岩手町~宮城県追波湾・石巻湾)

「北上川」の詳細はこちら

北山崎 【岩手県】

北山崎出典:じゃらん 観光ガイド 北山崎

北部陸中海岸の白眉。高さ200m前後の断崖絶壁が続く。通称海のアルプスと呼ばれ、(財)JTBの観光資源評価において、日本一の海岸美と評価されている。

\口コミ ピックアップ/

三陸海岸を一望できます。11月に行きましたが、意外と穏やかな海でびっくりした記憶があります。また再訪します

(行った時期:2016年11月) 北山崎

住所/岩手県下閉伊郡田野畑村北山

「北山崎」の詳細はこちら

不動の滝 【岩手県】

不動の滝出典:じゃらん 観光ガイド 不動の滝

高さ15mの滝が周囲の静かな空気を震わせながら流れ落ちる。かつて修験者の道場だったといわれ、森閑とした一帯は今なお、その雰囲気が漂う。滝の中ほどに、石彫不動明王が安置されている。日本の滝百選。不動の滝を有する桜松神社には、境内に縁結びの木がある。渓流に沿った遊歩道の散策も楽しめる。

\口コミ ピックアップ/

少し肌寒い日でしたが、雪もほとんど溶けていてスムーズに滝まで到着。しぶきが結構飛んできて寒かったが夏場はにもう一度きて見たいと思える癒しの空間でした。

(行った時期:2017年4月) 不動の滝

住所/岩手県八幡平市高畑

「不動の滝」の詳細はこちら

早池峰山 【岩手県】

早池峰山出典:じゃらん 観光ガイド 早池峰山

北上山系の主峰。宮沢賢治が愛した。ハヤチネウスユキソウ等高山植物が豊富。河原坊より3時間。

\口コミ ピックアップ/

うすゆきそうと大文字草、たかねなでしこがきれいでした。休日だったので登山口までバスでしたが混雑することもなくよかったです。

(行った時期:2016年7月31日) 早池峰山

住所/岩手県遠野市(宮古市)

「早池峰山」の詳細はこちら

碁石海岸 【岩手県】

碁石海岸出典:じゃらん 観光ガイド 碁石海岸

大船渡市末崎半島の東南端約6kmの海岸線で背後のアカマツやたくさんの草花が彩りを添えるなど、変化にとんだ岸景勝地である。

「国の名勝・天然記念物」に指定されているほか、「日本の渚・百選」にも選ばれている。なかでも波の浸食により3つの大きな穴が開いた穴通磯は絶景スポットである。名前の由来は、碁石のような扁平な石(黒色の泥岩による円礫)で構成されている海岸があることによる。

\口コミ ピックアップ/

おじいさんを車いすに乗せても散歩のように連れていける場所です。途中には起伏もありますが階段のような所まで距離があるので十分潮風と壮大な景色を堪能できます。是非大切な方とゆっくり話しながら癒されてはいかがでしょうか。

(行った時期:2017年7月14日) 碁石海岸

住所/岩手県大船渡市末崎町

「碁石海岸」の詳細はこちら

月山 【岩手県】

月山出典:じゃらん 観光ガイド 月山

重茂半島の主峰。浄土ヶ浜,宮古湾を眼下に望む。新宮古八景の一つ。

\口コミ ピックアップ/

標高1400mの8合目まで車で行けます。但し、麓からここまでの道路は狭く、車同士のすれ違いが大変です(大型バスが通ります)が左右に月山と鳥海山を見ながらの散策は最高、所々に沼が出没し高山植物も楽しめます。

(行った時期:2016年10月) 月山

住所/岩手県宮古市重茂第26地割字鵜磯

「月山」の詳細はこちら

秋保大滝 【宮城県】

秋保大滝出典:じゃらん 観光ガイド 秋保大滝

凝灰岩を割って高さ55mの所から、名取川全水量が幅6mの瀑布となって落ち込む豪壮雄大な滝。那智・華厳と並び日本三名瀑に数えられる。

\口コミ ピックアップ/

何度訪れても、新鮮な感覚で滝を堪能できます。マイナスイオンをたっぷりと感じられて健康になったような気分になります。滝つぼの近くまで行くと、マイナスイオンのシャワーを浴びている気分です。

(行った時期:2017年5月) 秋保大滝

住所/宮城県仙台市太白区秋保町馬場

「秋保大滝」の詳細はこちら

松島湾 【宮城県】

松島湾出典:じゃらん 観光ガイド 松島湾

湾内には260余の島があり、松と海のコントラストが美しい。

\口コミ ピックアップ/

日本三景に入る松島の風景。どこを見ても、空が見晴らせ、季節季節で違った楽しみ方ができるよう。7月の松島は、空に手が届きそうなくらい、近くに感じます。

(行った時期:2017年7月) 松島湾

住所/宮城県宮城郡松島町

「松島湾」の詳細はこちら

御釜 【宮城県】

御釜出典:じゃらん 観光ガイド 御釜

蔵王連峰の象徴ともいうべき火口湖。今もなお硫黄物を噴出している。太陽光線で様々に色が変わる。緯度経度(北緯38度07分31.4秒、東経140度26分57.6秒)

\口コミ ピックアップ/

有料道路を上っていき、車を駐車場に止めてそこから歩いて5分ほどでお釜が見れる展望台に着きます。草津白根山のお釜とは全く違う色で、草津白根山よりも間近でお釜を見ることができます。ここは標高1600mくらいあるそうで、展望台では涼しい風が吹いていて気持ちよかったです。

(行った時期:2017年7月15日) 御釜

住所/宮城県柴田郡川崎町

「御釜」の詳細はこちら

泉ヶ岳 【宮城県】

泉ヶ岳出典:じゃらん 観光ガイド 泉ヶ岳

地形がなだらかなため、家族連れの登山(4コース)ハイキングに最適。

\口コミ ピックアップ/

冬はスキーにソリ遊び、秋は紅葉、春夏は登山を楽しむことができます。

ソリは専用のソリ遊びコーナーがあり、小さな子供も安心して遊べます。登山もそんなに高い山ではないので、幼稚園児くらいから楽しめます。春夏秋はリフトに乗って上にあがり、景色を楽しむ事ができます。紅葉の時期の登山は格別です。

(行った時期:2016年3月) 泉ヶ岳

住所/宮城県仙台市泉区福岡字岳山

「泉ヶ岳」の詳細はこちら

栗駒山 【宮城県】

栗駒山出典:じゃらん 観光ガイド 栗駒山

円錐状の裾野をもつ、コニーデ型火山。みごとな群落をなす高山植物や原生林に恵まれる。東北地方のほぼ中央に位置し、山頂からは月山、鳥海山、蔵王連峰、駒ヶ岳、早池峰山、そして遠く太平洋までが一望できるほどの絶景地。山麓には150種に及ぶ高山植物が群生し、見事な景観のお花畑をなしている、国定公園。

\口コミ ピックアップ/

紅葉がすごく綺麗で

ドライブがてら栗駒山へ

時期は少し早かったみたい

でも所々紅葉が始まっていて

いい景色でした(o^∀^o)

(行った時期:2016年9月) 栗駒山

住所/宮城県栗原市宮城、岩手、秋田の三県にまたがる

「栗駒山」の詳細はこちら

広瀬川 【宮城県】

広瀬川出典:じゃらん 観光ガイド 広瀬川

広瀬川は、仙台の生んだ詩人土井晩翠の詩をはじめ、記憶に新しいところでは「青葉城恋唄」まで、多くの歌や文学作品にその名を残している。市街地において、淵や瀬、中州、自然崖等の自然景観が楽しめる。昭和58年に「21世紀に残したい日本の自然100選」、昭和60年に「日本名水百選」、平成8年に「残したい日本の昔風景百選」に選定。

\口コミ ピックアップ/

二、三ヶ月に一度くらいのペースで、河原でフリーマーケットが行われます。子供向けのレクリエーションもあるので、家族で遊びに来るのにぴったり。街中から少し離れるとこんなに豊かな自然があることにも驚かされます。

(行った時期:2016年4月) 広瀬川

住所/宮城県仙台市青葉区ほか

「広瀬川」の詳細はこちら

磊々峡 【宮城県】

磊々峡出典:じゃらん 観光ガイド 磊々峡

秋保温泉の入口にかかる覗橋を中心に、上流・下流に約1km続く奇観を呈した峡谷。遊歩道があり、間近で峡谷美を観賞できる。

\口コミ ピックアップ/

秋保に旅行に行った時に、お散歩しました。けっこうな運動になるので、景色見ながらいっぱい歩けて良かったです。綺麗でした。

(行った時期:2017年6月) 磊々峡

住所/宮城県仙台市太白区秋保町湯元

「磊々峡」の詳細はこちら

薬莱山 【宮城県】

薬莱山出典:じゃらん 観光ガイド 薬莱山

町のほぼ中央にそびえ、その山容の美しさから別名「加美富士」とも呼ばれ親しまれている。登山口には整備された大駐車場があり、頂上まで1.5km、徒歩で40分。山麓は雄大な牧草地が広がり眼下には大崎平野が一望できる。

\口コミ ピックアップ/

休みの日にファミリーで訪問しました。

周辺を散策しました。

雄大な山ですね。自然が豊かで動物もたくさんいました。

(行った時期:2017年6月) 薬莱山

住所/宮城県加美郡加美町字味ケ袋薬莱原

「薬莱山」の詳細はこちら

鬼首間歇泉 【宮城県】

鬼首間歇泉出典:じゃらん 観光ガイド 鬼首間歇泉

定期的に15mも噴出するものや、静かに干満する間歇泉などがある。

\口コミ ピックアップ/

夕方に行きました。

十分間隔で上がるとのことで、待ってたら3回ほど見ることが出来ました!足湯も気持ちよくて、のどかでよかったです。

(行った時期:2017年7月) 鬼首間歇泉

住所/宮城県大崎市鳴子温泉鬼首字吹上地内

「鬼首間歇泉」の詳細はこちら

潟沼 【宮城県】

潟沼出典:じゃらん 観光ガイド 潟沼

上野々スキー場奥にある。生物が生息する湖としては、日本有数の酸性湖。

\口コミ ピックアップ/

常に硫黄の臭いがします。沼は凄く綺麗なエメラルドグリーンでした。

目の前にある休憩所で昼食を頂きました。素敵な景色を見ながら食べるご飯は美味しかったです。

(行った時期:2017年7月14日) 潟沼

住所/宮城県大崎市鳴子温泉湯元地内

「潟沼」の詳細はこちら

田沢湖 【秋田県】

田沢湖出典:じゃらん 観光ガイド 田沢湖

水深423・4mという日本一深い湖。ルリ色といわれる美しい青は果てしない深さを思わせて神秘的。永遠の美貌を望んで龍に変身させられたといわれている「たつこ」の伝説が残っている。ほぼ円形の周囲は約20km。たつこ像、湖神を祀る御座石神社、姫観音像が点在し、観光拠点の春山から遊覧船も出ている。瑠璃色に輝く水深日本一の神秘の湖

\口コミ ピックアップ/

湖の透明度の高さと綺麗な青さがとても綺麗で感動しました。そこに建つ金色の銅像も神秘的です。湖面もおだやかでした。

(行った時期:2017年5月) 田沢湖

住所/秋田県仙北郡田沢湖町田沢

「田沢湖」の詳細はこちら

寒風山 【秋田県】

寒風山出典:じゃらん 観光ガイド 寒風山

全山が芝生で覆われたなだらかな山容で,山頂の回転展望台からは東に八郎潟干拓地,南に日本海さらに鳥海の秀麗を望み,西から北にかけては入道崎に至る北磯海岸線を一望におさめる。

\口コミ ピックアップ/

とっても空気がきれいで、

景色も良く、

疲れたときや、行き詰まったとき、

行ってみるといいと思います!

気持ちがスッキリしますよ!

(行った時期:2017年6月) 寒風山

住所/秋田県男鹿市脇本

「寒風山」の詳細はこちら

小安峡 【秋田県】

小安峡出典:じゃらん 観光ガイド 小安峡

皆瀬川が深いV字峡の底を流れ、滝や急流をつくる。また渓谷には大噴湯や不動滝などの名所もある。

\口コミ ピックアップ/

整備された遊歩道を利用して深山の渓谷美を堪能することが出来ます。急流や滝の迫力に見とれてしまいました。

(行った時期:2017年5月) 小安峡

住所/秋田県湯沢市皆瀬字湯元

「小安峡」の詳細はこちら

鳥海山 【山形県】

鳥海山出典:じゃらん 観光ガイド 鳥海山

秋田・山形両県にまたがり、コニーデ型火山のみごとな円錐形をなしている。出羽富士とも呼ばれ、山頂からの眺望は秀抜で、北に八甲田山,岩木山,岩手山,南に月山,朝日岳,蔵王の諸峰を望み、眼下には庄内平野が広がる。黎明時,山影が海上に映される「影鳥海」が知られる。また高山植物も豊富。

\口コミ ピックアップ/

一泊二日で酒田方面に行き、鳥海山ブルーラインを行ったのですが、一日目は途中で雲の中。翌日、リベンジで・・・絶景でした!五合目は残雪も沢山あり、季節が戻ったよう。こんなに高くて海に近い山も珍しいですね。

(行った時期:2017年7月) 鳥海山

住所/山形県飽海郡遊佐町吹浦

「鳥海山」の詳細はこちら

元滝伏流水 【秋田県】

元滝伏流水出典:じゃらん 観光ガイド 元滝伏流水

平成の名水百選に認定される。木々に囲まれた傾斜面から地表に湧き出る水量が豊富で見ごたえあり。

\口コミ ピックアップ/

駐車場から10分くらい杉木と用水路のわきを歩いて行くと見えました。元滝伏流水は激しさはなくても優雅さや優しい感じのする場所です。水辺は涼しく水はひんやりと冷たく気持ちいいです。夏の暑い日差しと対照的な涼しさは豊富な水量のおかげなのでしょうか。ただ水の流れを眺めていただけで時間が過ぎてしまいました。

(行った時期:2017年7月15日) 元滝伏流水

住所/秋田県にかほ市象潟町関元滝

「元滝伏流水」の詳細はこちら

抱返り渓谷 【秋田県】

抱返り渓谷出典:じゃらん 観光ガイド 抱返り渓谷

東北の耶馬渓と称される名渓谷。両岸には垂直の断崖,回顧の滝をはじめとする大小の滝,マツ・サクラ・カエデ等の混生林で被われる。遊歩道を散策しながら、新緑から紅葉まで楽しめる。河原での水遊びやなべっこも格別。

現在、回願(みかえり)の滝より奥の散策道は、崩落などのため通行止め。

\口コミ ピックアップ/

緑が目に優しい最高のパワースポットでした。川のエメラルドグリーンを楽しみながらハイキング気分で楽に歩けます。想像してた以上に満足しました。

(行った時期:2017年6月) 抱返り渓谷

住所/秋田県仙北市田沢湖 卒田字黒倉

「抱返り渓谷」の詳細はこちら

七滝 【秋田県】

七滝出典:じゃらん 観光ガイド 七滝

日本の滝百選のひとつに数えられる名瀑「七滝」。高さ約60mから七段にわたって落ちるこの滝は、源を十和田湖外輪山付近に発している。ふもとには、竜神を祀る七滝神社がある。道の駅こさか七滝が隣接し、「滝の茶屋孫左衞門」や「産直センター・ハートランドマーケット」では御食事やお土産品が楽しめます。

\口コミ ピックアップ/

長距離ドライブで十和田湖へ向かう際に寄りました。

観光情報も手に入り便利です。

七滝散策をすれば軽い運動になりマイナスイオンを浴び疲れがリセットされました♪

(行った時期:2017年5月) 七滝

住所/秋田県鹿角郡小坂町藤原

「七滝」の詳細はこちら

八幡平 【秋田県】

八幡平出典:じゃらん 観光ガイド 八幡平

火山地形に富み温泉が多く原始林と高層湿原に恵まれ高山植物の宝庫。樹氷原でのスキ-も最高。

\口コミ ピックアップ/

後生掛温泉近くにある ビジターセンターのガイドさんが 大沼や、温泉火山について、ガイドして下さいます。沼の保護についてだけでなく、植物 動物の 毎日変わる 様子に合わせた、説明が聞けます。

ガイドさんたちの生き様まで知れるんですから、ハートフルな旅になっちゃいます。

(行った時期:2017年6月24日) 八幡平

住所/岩手県八幡平市

「八幡平」の詳細はこちら

大沼 【秋田県】

大沼出典:じゃらん 観光ガイド 大沼

風光明媚な憩いの公園である。春は自生カキツバタが咲き誇る。

\口コミ ピックアップ/

すぐ近くまで車で行くこともできますが、せっかくなのでウォーキングしながら散策するのもお勧めです。綺麗な森の広がる沼でした。

(行った時期:2016年8月) 大沼

住所/秋田県仙北市田沢湖

「大沼」の詳細はこちら

羽黒山 【山形県】

羽黒山出典:じゃらん 観光ガイド 羽黒山

出羽三山は、月山、羽黒山、湯殿山の総称であり、古くから山岳修験の山として知られている。開山は約1、400年前、第32代崇峻天皇の皇子である蜂子皇子が三本足の霊烏に導かれ、羽黒山に登拝し、羽黒権現を獲得、山頂に祠を創建したのが始まりとされている。皇子はさらに月山権現と湯殿山権現を感得し、三山の開祖となった。以後、羽黒派古修験道として全国に広がったのである。

\口コミ ピックアップ/

随神門から歩きました。神様の社が沢山あり、滝は杉の巨木が神秘的な雰囲気を作り出しています。階段は幅が狭くて少し歩きにくいけれど、途中途中で休めば大丈夫。半ばでお餅を食べましたが、きなこが美味しかった。羽黒山頂の神社は大きくて立派でした。

(行った時期:2017年7月) 羽黒山

住所/山形県鶴岡市羽黒町手向

「羽黒山」の詳細はこちら

お釜(噴火口) 【山形県】

お釜(噴火口)出典:じゃらん 観光ガイド お釜(噴火口)

蔵王馬の背と五色岳の中間、1,600mにある円形火口湖。水深25m。五色に変化するので五色沼ともいう酸性湖。

\口コミ ピックアップ/

周りの山には木々や草の無い岩場の中にどんとあり、かなり印象の強い湖(池かな)です。車で来られる方はたぶんあまり歩かずしてここへ来られるのかと思います。でもここへ行ったら少し歩いてください。少し登ればぐるっと見渡せます。足元へ目をやればきれいな花々も咲いています。私は蔵王温泉からロープウエイで登り歩いてここまで来ました。後は下り一方で蔵王温泉まで下りました。花、森、湿原とすてきなトレッキングコースです。

(行った時期:2017年7月) お釜(噴火口)

住所/山形県山形市

「お釜(噴火口)」の詳細はこちら

飛島 【山形県】

飛島出典:じゃらん 観光ガイド 飛島

酒田港から39km沖にある小さな島。珍しい花々や、ウミネコの繁殖地として知られる館岩、美しい珊瑚の群生など、自然の宝庫として知られる。開放的な心地で、透明度の高いきれいな海を望める!

\口コミ ピックアップ/

旅行で酒田を訪れたので、せっかくなので、飛島まで足を延ばしました。初めて訪れましたが、景観が大変素晴らしく、風情があって本当に良かったです。

(行った時期:2017年5月) 飛島

住所/山形県酒田市飛島字中村甲

「飛島」の詳細はこちら

玉簾の滝 【山形県】

玉簾の滝出典:じゃらん 観光ガイド 玉簾の滝

昔は修験道場で高さ63mの断崖からの瀑布は壮観。5月の連休と8月のお盆には滝がライトアップされる。駐車場には地元の山菜や野菜などを販売する産直がある。

\口コミ ピックアップ/

酒田へ行ったら「ぜひ行ってみて~」と友達から言われ、自然豊かな懐かしい風景を車窓から眺め・・・。どんどん山の方へ向かいナビを頼りに心細くなりかけたその時!おいしそうな玉こんのにおいがしたらそこが、今回の目的地でした。新緑の先へ進むとなんか聞こえてきますよ・・・。まさしく滝の音です。そして目に飛び込んできた景色は・・・。こんな近くで滝を見たことないよ。滝つぼまで歩いて行けちゃう!GWやお盆期間は滝のライトアップもされるよう。今度は、光に照らされた神々しい姿を見にいこう~っと。「玉簾の滝}最高!!駐車場の産直で買った玉コン・玄米パンおいしかったで~す

(行った時期:2017年6月24日) 玉簾の滝

住所/山形県酒田市升田字大森

「玉簾の滝」の詳細はこちら

弥陀ヶ原 【山形県】

弥陀ヶ原出典:じゃらん 観光ガイド 弥陀ヶ原

「いろは48沼」と呼ばれる、たくさんの池塘にイネのように立って見えるのは、ワタスゲやミヤマホタルイです。弥陀ケ原が別名『御田原』とも言われるのは、これらの池塘が一面の田んぼのように見えるからなのです。

\口コミ ピックアップ/

高山植物が見られ、月山のパンフレットを見ながら歩きました。あちこちに沼が見られ、空気も澄んでおり雰囲気がよかったです。

(行った時期:2016年8月) 弥陀ヶ原

住所/山形県鶴岡市羽黒町 月山八合目

「弥陀ヶ原」の詳細はこちら

月山 【山形県】

月山出典:じゃらん 観光ガイド 月山

出羽三山の主峰。高山植物の宝庫としても知られ、八合目の弥陀ヶ原(御田ヶ原)には、クロユリ、チングルマ、ニッコウキスゲなどが咲き誇り、山頂にかけて国の天然記念物に指定されている。八合目駐車場付近から見渡す景観はスケールが大きくまさに絶景。

\口コミ ピックアップ/

何度も登りましたが、今回は大怪我後のリハビリ登山。

そんな状況でも楽に気持ち良く登れます!

春の雪山、夏の快晴の登山、梅雨の裏~表の縦走、秋の静かな登山と全てが大満足です!

(行った時期:2016年9月) 月山

住所/山形県鶴岡市羽黒町川代

「月山」の詳細はこちら

徳良湖 【山形県】

徳良湖出典:じゃらん 観光ガイド 徳良湖

三方丘陵の潅漑用池。「花笠踊り」発祥の地。

\口コミ ピックアップ/

季節によっては渡り鳥憩いのオアシスと化すそうです。山形でも指折りの湖ということで、カメラ必須ですかね。

(行った時期:2016年3月) 徳良湖

住所/山形県尾花沢市大字二藤袋

「徳良湖」の詳細はこちら

白糸の滝 【山形県】

白糸の滝出典:じゃらん 観光ガイド 白糸の滝

草薙温泉の対岸にあり、日本の滝百選のひとつ。最上川48滝中最大であり、落差120m。紅葉時が最高。最上川に流れる水が白い糸のように見えるので、白糸の滝と名付けられた。

\口コミ ピックアップ/

三大急流の一つ最上川にそそぐ大きな滝で、対岸にあるドライブインから見る眺めは素晴らしいものがあります。最上川舟下りで乗船すれば近くまで行って見る事も可能でありお勧めしたい滝の一つです。ドライブインでは沢山の地元の食べ物、土産物もあり、近くには温泉もありお勧めします。

(行った時期:2017年6月29日) 白糸の滝

住所/山形県最上郡戸沢村大字古口

「白糸の滝」の詳細はこちら

大滝 【山形県】

大滝出典:じゃらん 観光ガイド 大滝

国道48号線沿い。変化に富んだ峡谷美。新緑紅葉が特によい。

\口コミ ピックアップ/

なんの気なしに、立ち寄ったところ、横幅がある滝で、滝壺も何段かになっていて、眺めていても楽しいところでした。

滝しぶきが当たる場所には行けませんが、少し下った位置でも眺めることができます。リフレッシュできました。

(行った時期:2017年5月3日) 大滝

住所/山形県東根市関山

「大滝」の詳細はこちら

滑川大滝 【山形県】

滑川大滝出典:じゃらん 観光ガイド 滑川大滝

新緑・紅葉が美しい。吾妻連峰の登山口。日本の滝百選に選ばれている。滑川温泉よりつり橋を渡り、山道を20分で滝展望台へ。滝壷までは更に徒歩・渡渉。

\口コミ ピックアップ/

体力に自身のある方におすすめです。最寄駐車場から歩くこと2~30分、さらに滝壺へ行くにはだいたい1時間近く歩きます。到着したときの達成感と迫力ある水の流れに圧倒でした。冬場は通行止めになることもあるそうなのでご注意を!!

(行った時期:2014年9月) 滑川大滝

住所/山形県米沢市大字大沢

「滑川大滝」の詳細はこちら

五色沼 【福島県】

五色沼出典:じゃらん 観光ガイド 五色沼

約3.6キロに点在する湖沼群。水の色が湖沼によって変わることで知られる。探勝路あり。

\口コミ ピックアップ/

青沼、瑠璃沼は神秘的でキレイだった!

自然あふれる場所で散歩するには良い場所。

紅葉の季節だとまた違った雰囲気で良さそう。

(行った時期:2017年7月) 五色沼

住所/福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字湯平山

「五色沼」の詳細はこちら

猪苗代湖 【福島県】

猪苗代湖出典:じゃらん 観光ガイド 猪苗代湖

磐梯山南麓にあるほぼ円形の湖。酸性が強いため小魚しか棲まない。水泳場、キャンプ場が湖畔にある。日本で4番目に大きい湖で、最大深度は93.5m。

\口コミ ピックアップ/

土曜日でしたが空いていて、気持ちよく湖を眺めることができました。お土産屋さんで、会津べこの乳が買えたことに感動!

(行った時期:2017年6月) 猪苗代湖

住所/福島県耶麻郡猪苗代町

「猪苗代湖」の詳細はこちら

羽鳥湖 【福島県】

羽鳥湖出典:じゃらん 観光ガイド 羽鳥湖

鶴沼川を堰止めた潅漑用人造湖である。周囲約16km。現存するアースダムの中では、湛水面積と総貯水容量において日本一。「大川羽鳥県立自然公園」に指定され、オートキャンプ場、サイクリングロードが整備されている。

\口コミ ピックアップ/

晴れた日はとっても眺めが良くてオススメです。

レジーナの森への宿泊も兼ねて立ち寄りました!

海外でも来たかのような開放感があり、気分転換をしたい方にもオススメです!

(行った時期:2017年4月) 羽鳥湖

住所/福島県岩瀬郡天栄村大字羽鳥字水上

「羽鳥湖」の詳細はこちら

桧原湖 【福島県】

桧原湖出典:じゃらん 観光ガイド 桧原湖

磐梯高原の中心に位置する最大の湖。磐梯山噴火により泥流が谷をふさぎ自然にできた湖。そのため、湖岸線が複雑に入り組んでいる。見る季節や時間によって色が違って見える五色沼。キャンプがさかん。

\口コミ ピックアップ/

とてもきれいな湖でした。大きなお土産屋さんと遊覧船がありました。静かで気持ちのいい湖ですが、観光バスが到着するとたくさんの人で賑わいます。

(行った時期:2017年6月) 桧原湖

住所/福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字黄連沢山

「桧原湖」の詳細はこちら

吾妻小富士 【福島県】

吾妻小富士出典:じゃらん 観光ガイド 吾妻小富士

吾妻連峰の一つ。溶岩砂がおおう噴火口跡で火口壁まで登れる。磐梯吾妻観光のポイント。

\口コミ ピックアップ/

山頂からの景色はまさに絶景。駐車場から10分程度で登れるのに景色は最高、訪れた際は必見の価値あり。

ただし標高が高いので夏でも半袖シャツ1枚では涼しいかも。

(行った時期:2016年6月) 吾妻小富士

住所/福島県福島市土湯温泉町

「吾妻小富士」の詳細はこちら

浄土平 【福島県】

浄土平出典:じゃらん 観光ガイド 浄土平

磐梯・吾妻地域にある。標高1600m。火山噴火により生成された火山が特徴。吾妻小富士、一切経山、東吾妻山の山々に囲まれている。

\口コミ ピックアップ/

天気も良く見晴らしが最高です。高湯温泉に宿泊しその足で向かいました。お釜に上り一周、かなり傾斜のある部分もあり滑ります、運動靴で行きましょう。

(行った時期:2017年5月3日) 浄土平

住所/福島県福島市土湯温泉町鷲倉山

「浄土平」の詳細はこちら

磐梯山 【福島県】

磐梯山出典:じゃらん 観光ガイド 磐梯山

県を代表する秀峰、おだやかな表磐梯、慌々しい裏磐梯の対比が絶妙で、年間多くの登山客やスキー客が訪れる。また会津富士とも呼ばれている。平成23年には日本ジオパークに登録された、日本百名山のひとつ。

\口コミ ピックアップ/

日本の百名山にも選定されており、

美しい山です。

車の中から見る磐梯山は、百名山なだけあって

きれいでした

(行った時期:2017年6月) 磐梯山

住所/福島県耶麻郡猪苗代町/磐梯町/北塩原村

「磐梯山」の詳細はこちら

達沢不動滝 【福島県】

達沢不動滝出典:じゃらん 観光ガイド 達沢不動滝

滝に不動尊をまつり,陰暦4月19日の祭には参拝客が多い。

\口コミ ピックアップ/

滝の幅が広く水量も多いので迫力がありました。

落差も結構あるのでしぶきが舞っていて気持ちよかったです。

(行った時期:2016年7月) 達沢不動滝

住所/福島県耶麻郡猪苗代町達沢

「達沢不動滝」の詳細はこちら

三崎 【福島県】

三崎出典:じゃらん 観光ガイド 三崎

綱取崎の南端、太平洋といわき海岸を望する展望台。

\口コミ ピックアップ/

温かい季節に行くと海の風を感じる事が出来て、とても気持ちがいいスポットです。食事を持って行って外で食べるのもいつもと違って楽しいです。

(行った時期:2017年5月) 三崎

住所/福島県いわき市小名浜下神白

「三崎」の詳細はこちら

一切経山 【福島県】

一切経山出典:じゃらん 観光ガイド 一切経山

吾妻連峰の主峰の一つで、いまなお噴気をあげている。火山特有の荒涼とした景観が広がる。浄土平から一切経山までのコースは険しいが、山頂からの展望は素晴らしく、特に「魔女の瞳」と呼ばれる五色沼を見下ろす景色が美しい。

\口コミ ピックアップ/

登ったのは2回目です。一切経山山頂から望む「五色沼(魔女の瞳)」が圧巻!風は強いですが、ずーっと眺めていられます。眼下に吾妻山小富士、南西方向には磐梯山も望めます。登山道は、良い感じにガレていて楽しい道です。

(行った時期:2017年6月17日) 一切経山

住所/福島県福島市土湯温泉町

「一切経山」の詳細はこちら

※この記事は2017年8月時点での情報です

※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

関連記事リンク(外部サイト)

梨狩りの時期は今!果汁たっぷりのナシが味わえる農園まとめ【東海】
\ナイトBBQ、ラフティング、花絶景・・・/夏休みに行きたい!最強おでかけスポット【岐阜県】
【全国】猫に会える癒しの猫島・ねこスポット30♪かわいい姿に悶絶必至!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。