体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっとしたことに意識して姿勢美人になれるコツ3選

生活・趣味

ちょっとしたことに意識で姿勢美人になれるコツ
姿勢が美しい人は、それだけで美しく見えますね。また、姿勢のいい人というのは体のバランスが取れているため、肩こり、腰痛などのコリなどの症状とも無縁です。さらに姿勢がいい人は、どんな洋服を着ても素敵に見えるため、女性なら誰もが憧れるもの。そこで、今回は、ちょっとしたことに意識を向けることで姿勢美人になれるコツをご紹介します。

ハイヒールはなるべく低いものを

持っている方が多いハイヒール。実は、このヒールの高さに問題があります。ヒールの高さが高いほど、体の重心が前の方にずれてしまい、地面につくときに膝が大きく曲がってしまい、そのせいで猫背に。すると、お腹に力が入りにくい姿勢になってしまうため、その状態を戻そうと腰が反り返ってしまうことも。

ですから、ヒールはなるべく避ける、またはヒールが低いものを選んでみて。また、ヒールを履くときには、おへその下あたりに気持ちを集中させると、腰の辛さも軽減できます。

歩くときは、かかとから地面につくように

姿勢をよくするには、体のバランスをとる力をつけることが大切です。そこで、歩くとき、その歩き方にも注意してみて。

まず、つま先をきちんとあげ、かかとから地面につくように。そして、地面に着地する際は、背筋をピンと伸ばすように意識して。この歩き方を繰り返すことで、下半身が鍛えられ、腰痛などが軽減されるだけでなく、姿勢をよくすることにもつながります。

眠るときは仰向けで

あなたは眠るときにどんな格好で眠っていますか?暑いので、横向になったり、うつぶせになったりと、いろんな格好で寝返りをしている人も多いのではないでしょうか。でも、そうした格好で寝ていると、どうしても体に歪みが生じるため、姿勢を悪くしやすいのだとか。

ですから、眠るときはなるべく仰向けで寝るのがオススメです。仰向けは、立っているときとほぼ同じ格好のため、手足の余分な力がぬけ、呼吸もスムーズになるので、姿勢がよくなるばかりだけでなく、快眠にもつながります。


姿勢をよくするには、ちょっとしたことに意識を向けることが意外と大事なのです。なぜなら、毎日のことだから。それだけで、腰痛や肩こりなどの体の痛みもだいぶ緩和されるはずです。しかも、立っているだけで美しく見えるのですから、試してみない手はないでしょうか。

1 2次のページ
生活・趣味
美LAB.の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会