ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

miya takehiroウクレレ始めた意外な理由

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

miya takehiroウクレレ始めた意外な理由
J-WAVE月曜-木曜の14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)。7月28日のオンエアでは、ゲストにシンガーソングライターのmiya takehiroさんとヨースケ@HOMEさんを迎え、ウクレレの生演奏を披露していただきました!

まず、「ウクレレを弾くアーティストは増えてきていると思うんですが、まだポップスやロックの楽曲にウクレレを取り入れている人は、少ないと思います」とヨースケさん。2人ともウクレレだけでなく、ピアノやブルースハープなど、さまざまな楽器を演奏できますが、その中でも「ウクレレは特別」「いろんな楽器を触ってきたけど一番身近な楽器」などウクレレの魅力を語りました。

ちなみにmiyaさんは、ピアノ&ヴォーカルでバンドデビューしたそうなのですが、「ピアノって持って行くのが大変で。車移動じゃないですか、そうすると飲めないじゃないですか。そういうことでウクレレを5年前に購入しまして(笑)」と、ウクレレを始めた意外な事実を明かしました(笑)。

そして、7月30日と31日に、横浜赤レンガ倉庫で開催される「ウクレレピクニック2016」にて、「ACOUSTIC COUNTY ウクレレ部」と共にステージに登場予定の2人。この演奏には、「“ACOUSTIC COUNTY ウクレレ部”の一員として弾きたい! ステージに立ちたい!」という方は、どなたでも参加できます。30日に、自分のウクレレを持参し、会場のイベント事務局で名前を伝えるだけで参加可能とのこと(詳しくは番組サイトをチェックしてみてください♪)。

そこで、2人に課題曲「やさしさに包まれたなら」を演奏するコツについて伺ってみました!

ヨースケ:みんなのテンポ感を、体を揺らしながら意識できるといいかなと思います。

miya:縦に揺れているとリズムがとりにくいので、横に揺れて一定のリズムをとるといいかな。

ヨースケ:緊張すると棒立ちになっちゃうので、ゆるりゆるりと揺れるのが大事だね。

ということで、肩の力を抜いてリラックスするのが、ウクレレを上手に演奏できるコツのようですね。

ちなみに、譜面は番組サイトからメールを送れば貰うことができ、YouTubeでは、“ACOUSTIC COUNTY ウクレレ部”顧問こと、ウクレレ奏者の名渡山遼さんの解説つき演奏を見ることができるそうなので、興味のある方は今からでもぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。