ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

リオデジャネイロ市民の足“メトロ”の乗り方を知って安心安全の旅を

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『“リオデジャネイロの治安事情”~現地住民に聞いた安全な楽しみ方~』の中で、リオデジャネイロに住む人たちからも“安全”だと太鼓判を押されている市民の足“メトロ”。4.10レアル(約120円ちょっと)の一律料金で、安全に、安心して観光を楽しめる“メトロ”の乗り方を紹介します!

 

まずはチケットを買ってみよう!大きく分けたら種類は2つ!

安全にリオデジャネイロを巡れる、メトロに乗るには、日本同様にまずはチケットを購入しましょう。そのチケットの買い方は大きく分けて2つ。

 

まず1つは、「窓口に並んで購入」する方法。

 

こちらは、写真のように行列を作っていることもしばしば。ですが、売っているのはチケットだけなので、サクサク進んで行きます。

 

チケットの種類は、4.10レアルで「一回券」か「メトロ&バス券」の2種がありました。“pre”と書いてるものが5レアルで、たぶん前売り券だと思うのですが、日本なら「前売りは割安」になるのが一般的ですが、こちらでは並ばないで済むからなのか、90セント高く設定されていました。

 

そして、2つ目が券売機で買う方法。

 

 

この券売機で買うチケットというのは、suicaなどのようなカードのようで、画面には“チャージ”と書いてありました。こちらもプレと同じで、5レアル刻みで入金ができるようになっていました。

 

並んでもちょっと安いほうが良いか、90セント(約30円)くらいなら並ばないほうを選ぶかという違いです。

 

電車が苦手な人でも簡単!わかり易い駅構内!

(改札)

 

シングルチケットは、プラスチック製でしっかりした作り。これを、改札機に入れて、改札を通ってホームを目指していきます。

 

 

リオデジャネイロは、あまり英語が通じない印象をうけました。年配の世代の人はほとんど通じていません。しかし、駅の構内案内の看板にはしっかりと英語表記もあり、簡潔で分かり易かったです。

 

 

私自身、日本の駅がすごく苦手なのですが、リオデジャネイロのメトロでは、ホームまでも分かり易く、到着駅の出口探しもすごく分かり易かったです。

 

街中に比べると、ホームもすごく清潔でした。車内は日本の電車の1.5倍くらい広い印象を受けました。その分、人も大きな人が多いですが。

 

メトロの出入り口付近は憩いの場!おやつや食事も充実!

(ボタフォゴ駅の出入り口)

 

昼間はここまでにぎわっていませんが、夜になると、ポップコーンやタピオカ、チュロスやホットドッグなどの出店が登場し、大勢に人で賑わっています。

 

また、一日通して日用品やお菓子などのお店なども出ています。駅近くには路面店も多く、アサイー屋さんやハンバーガー屋さんなどの前には、お客さんがイスに腰かけて賑やかな夜となっていました。

 

 

安全に観光も楽しめ、帰りには現地の人たちに混じってローカルフードを楽しめる“メトロ”。リオデジャネイロ旅行の際は、ぜひ活用してみてください。

 


週刊プレイボーイ/週プレ 2014-06-09 発売号
Fujisan.co.jpより

カテゴリー : エンタメ タグ :
マガジンサミットの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP