体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【タベアルキスト】松本エリアのグルメキーワードは「推し【そば】を探せ!」 ~名店巡礼 松本エリア編~ 

f:id:hotpepper-gourmet:20150917104402j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

名店巡礼のセレクト店の定義やこの企画ポリシーなどは、ぜひ以前の記事をご確認ください!

~名店巡礼 松本エリア編~

今回の巡礼先は、長野県の「松本エリア」を選びました。

巡礼先としては、今までで最も遠距離になります。日帰りで行ける範囲としてはギリギリのラインでしょうか。

お目当てのグルメは「そば」。一口に「そば」と言っても、田舎そばや更科そば、十割そばや二八そばなど、打ち方や粉のブレンドによって味わいは様々に変化します。

我々は松本周辺に絞って個性のある、そばを提供するお店をリサーチ。

こだわりの5軒が出そろいました。

f:id:tabearukist:20160726114320j:plain

「そば」には一家言あるタベアルキストとともに、「そば」食べ歩きの旅スタートです!

1軒目:安曇野翁 逸品:ざるそば

松本エリア巡りの 1軒目に選んだお店は「安曇野翁」

f:id:tabearukist:20160726114607j:plain

翁達磨グループのそば店で、店主の若月さんは言わずと知れた名人高橋邦弘さんの一番弟子と言われ、東京の箱根暁庵の店長を経て、この安曇野の地に。

坂道を登ったところに大きく「翁」と書かれた看板が目印で、一軒家づくりの店内からは、北アルプスの山々が望め、晴れた日には絶景を楽しむことができます。

f:id:tabearukist:20160726115244j:plain

▲ざるそば(907円)

f:id:tabearukist:20160726115238j:plain

▲田舎そば (907円)

「そば」のメニューは、ざるそばに田舎そば、おろしそば、鴨せいろのシンプルな構成。

他にサイドメニューはなく、ドリンクがあるのみで、それだけ「そば」に対するこだわりが強いことが分かります。

この日に頂いたのは、【ざるそば】と【田舎そば】の2種類。

「そば」は、北海道・茨城・長野の契約農家から仕入れた玄そばを自家製粉し、手打ちしたもので、その丁寧な仕事ぶりが味にあらわれています。

1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。