ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

上野動物園に出かけよう!動物に癒されるリラックスタイムを

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: pelicanvia flickr cc

こんにちは! Compathy MagazineのMeiです。日本で最も古い老舗の動物園が東京・上野にあるんです。上野動物園にはたっくさんの種類の動物と、五重の塔やモノレールなど動物以外にも楽しめるスポットがあるんです。上野動物園で動物と触れ合ってリラックスした時間を過ごしませんか。デートやおでかけにぴったりの上野動物園をご紹介します。是非、癒しを求めに訪れてみては。

日本で最も古い老舗の動物園! 上野動物園とは?

Photo credit: pelican via flickr cc

上野動物園は、日本で最も古い老舗の動物園なんです! 上野動物園の正式名称は「東京都恩賜上野動物園」。上野公園の一角にある上野動物園は1882年(明治15年)に日本で最初の動物園として開園しました。入園者数も日本一を誇る、子供から大人まで幅広い世代に愛されている動物園です。飼育している動物の数は、約400種類にも及び、3,000点の動物という驚きの数。園内は東園と西園にわかれています。東京・上野という立地の良さで、たくさんの動物に出会うことができるんです。

東園と西園の見どころとは

上野動物園は東園と西園の2つのエリアに分かれています。両園間はイソップ橋で連絡されており、歩いてもモノレールでも移動できます。日本一の飼育種数を誇る上野動物園の東園と西園のエリアをそれぞれご紹介します。
 
<東園>
上野動物園の正面口から入ったエリアは東園。ジャイアントパンダやホッキョクグマ、アジアゾウなどが展示されています!

ジャイアントパンダはすぐそこ!

Photo credit: kanegen via flickr cc

みんなのアイドル、ジャイアントパンダは正面口から入った東園にいます。表門から入って右側に、パンダ舎が。オスのリーリー、メスのシンシンが遊んだり、ごろごろしたり、笹を食べたりとかわいい姿が楽しめます。中に人が入っているのかも? と思うほど、人間のようなジャイアントパンダのしぐさはとってもユーモラスでかわいいんです。

上野動物園のゾウはアジアゾウ

Photo credit: kanegen via flickr cc

上野動物園のゾウは、アジアゾウです。1頭あたり4トンほどの重さだそう。時間帯によっては、表に出ていないときもありますが、大きいゾウを見ると上野動物園に来たんだなぁと嬉しくなるスポットなので、是非のぞいてみては。とてもゆっくりした動きで、見ているとのんびりした気持ちになって癒やされます。

イケメンゴリラのお兄さん「ハオコ」も! ゴリラ

Photo credit: temaki via flickr cc

世界トップクラスのゴリラの飼育技術を誇る上野動物園。まるでゴリラが暮らす森を覗いているような気分になれます。自動販売機があったり、バナナを食べる姿は人間のよう。ゴリラのしぐさは感慨深いものがあります。上野動物園には、イケメンゴリラとして有名な名古屋の東山動物園のゴリラ「シャバーニ」のお兄さんの「ハオコ」がいるので探してみては!

希少なインドライオン

Photo credit: pelican via flickr cc

迫力の百獣の王、ライオン。上野動物園にいる最強のネコ科、ライオンは希少なインドライオンなんです! 初めて上野動物園にライオンがやってきたのは明治35年のこと。2015年現在はインドライオンが4頭飼育されています。

近くで観察することも! ホッキョクグマ

Photo credit: kanegen via flickr cc

北極の氷をイメージした展示の中で、運動場で遊んでいたり、泳いでいたりと、のびのびと動きまわるホッキョクグマの姿はとってもかわいいです。のびのびと泳ぐ姿が見られるホッキョクグマは、上からも、下からも見られるのが嬉しい! 下から見ると、泳いでいるホッキョクグマを近くで観察することができます。
 
<西園>
東園と西園の間はモノレールで行く事もできますが、イソップ橋でつながっていますので歩いて行く事もできます。実はイソップ橋にも動物がかくれんぼしているんです。銅像のうさぎとかめがいるので、是非探してみてください!

動かない鳥 ハシビロコウ

Photo credit: pelican via flickr cc

じわじわとくる魅力に火が付き、色々なグッズも販売されている鳥、ハシビロコウ。「動かない鳥」として話題ですが獲物を捉えるときの速さはすごいのだとか。ハシビロコウはサギとコウノトリとペリカンの特徴をあわせ持つというマルチな鳥なんです。羽の色もとても美しいです。あまり動かないので、心ゆくまで観察できるのも嬉しいです。

360度どこからみてもかわいい鳥、ペンギン

Photo credit: kanegen via flickr cc

世界で最も日本人がペンギン好きというほど、国民的な人気を誇るペンギン。白くてまるいお腹がかわいいです。ひなたぼっこしたり、ぱたぱたと走ったり、水の中を悠々と泳ぐ姿もかわいい、360度どこからみてもかわいい鳥です。

大人のキリンと子キリンも

Photo credit: pelican via flickr cc

上野動物園には大人のキリンと子キリンがいます。その首の長さと存在感から、遠くからでも目にはいるキリンは子供たちにも大人気。穏やかでのんびりと歩くキリンは見ていて安心できます。

世界三大珍獣の1つであるオカピ

Photo credit: Masaru Kamikura via flickr cc

ジャイアントパンダ、コビトカバ、オカピは世界三大珍獣と言われています。世界三大珍獣の1つであるオカピは前足とおしりのあたりから後ろ足まで美しい縞模様があり、身体全体は黒いのが特徴的。日本では上野動物園を含め、3つの動物園でしか出会えない貴重な動物です。

カバ 雄のジロー

Photo credit: Naoto Takai via flickr cc

ジローは2歳の時に上野動物園にやってきました。雄のジローは32歳。ジローは2011年に姉さん女房だった「サツキ」と死別して以来、独り身でした。本来集団で生活する習性を持つカバ。サツキがいなくなってから寂しい日々を送っていました。2015年6月に愛媛県立とべ動物園から3歳のユイちゃんをお嫁さんに迎え、幸せな日々を送っているようです。上野動物園では絶滅が危惧されるカバの繁殖に取り組んでいます。

上野動物園には動物だけじゃないんです。園内には多くの重要文化財やモノレールが!

上野動物園の園内には多くの重要文化財があるんです。園内には江戸時代初期から平成の文化財までの重要文化財が! 動物を見ながら、史跡めぐりも一緒に楽しめる動物園は日本でも上野動物園だけかもしれません。

閑々亭(かんかんてい)

Provided by

閑々亭は、江戸時代初期の寛永年間、戦国大名で伊勢安濃津(あのつ)藩主だった藤堂高虎(とうどう たかとら)が建てたお茶室です。もともと、現在の上野動物園の敷地は藤堂家の下屋敷があったことから現在まで建物が残っています。

園内に五重塔!国指定の重要文化財

Photo credit: Makoto Shimokoshi via flickr cc

園内にある旧寛永寺の五重塔は国指定の重要文化財です。寛永8年(1631年)に土井利勝(どい としかつ)の寄進で建てられました。

サーラータイ

Photo credit: Guilhem Vellut via flickr cc

平成19年(2007年)に、日タイ修好120周年を記念してタイ政府から贈呈されました。サーラータイという、タイ風の東屋(あずまや)は装飾も豪華なので、遠くからみてもよく目立ちます。

不忍池(しのばずのいけ)

Photo credit: Jim Shine via flickr cc 

上野動物園の西園エリアには不忍池が。蓮の花が一面に咲く不忍池はたくさんの鳥の憩いの場になっています。池の奥には弁財天が。江戸幕府が寛永寺を開くタイミングで、開祖である天海僧正が琵琶湖に見立てて、弁財天を建てたそうです。

モノレール

Photo credit: Bill Hails via flickr cc

日本で最初に開業したモノレールは上野動物園のモノレール! 正式名称を「上野懸垂線」といい、東京都交通局の運営により営業運転を行っています。運行時間は9時40分~16時30分、大人150円(中学生以上)、小児80円(2歳以上)で、東園駅から西園駅の間を0.3km、約1分半の間乗ることができます。

知っておくと便利な上野動物園の嬉しいサービス

充実の嬉しいサービスがいっぱい!上野動物園で知っておくと便利な情報をお伝えします。

ガイド

上野動物園では、火・水・木・金・土曜日に動物解説員さんによるガイドツアーが行われています。広い上野動物園内で、ガイドさんに解説してもらえるのは嬉しいですね。参加は無料、所要時間は約45分ほどです。集合時間は11時で、場所は園内の案内板でご確認ください。

迷子

小さいお子様と上野動物園を訪れたら、迷子札をもらいましょう! 迷子札は総合案内所で配布しています。お子様がはぐれてしまった時、早期に解決に導きやすくなるのでお子様を連れての来園の際は、迷子札をもらっておくと安心です!

無料開園日でお得に上野動物園に出かけよう

上野動物園の無料入園日は、5月4日のみどりの日、10月1日の都民の日、3月20日の恩賜上野動物園開園記念日、5月5日のこどもの日、(※中学生以下の方の入園料が、無料)9月15日〜21日の老人保険福祉習慣(※60歳以上の方と付添(1名)の方の入園料が無料)です。また、小学生以下と、都内在住在学中学生は、上記に関わらず無料です。身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳または療育手帳持参の方と付添の方は、上記に関わらず無料です。

Photo credit: pelican via flickr cc

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP