ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

飲食店の遊休スペースを活用したコワーキングスペースネットワーク「RNDMWRK」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

様々な職業や仕事を持つ人々が集まり、交流を深めながらそれぞれの仕事に取り組む“コワーキング(Co-Working)”は、欧米から世界各地に広がり、いまや、ワークスタイルのひとつとしてその地位を確立。

コワーキング専門メディア「Deskmag」の調査結果によると、2015年時点で、世界に、7800カ所ものコワーキングスペースが存在するという。

・飲食店の遊休スペースを活用したコワーキングスペースネットワーク

カナダ・トロントの起業家デビッド・キング(David King)氏は、営業時間外には使われてない飲食店の遊休スペースを、フリーランサーや起業家らに、コワーキングスペースとして貸し出す「RNDMWRK(ランダム・ワーク)」を創設した。

「RNDMWRK」のメンバーは、月額150カナダドル(約1万2000円)で、レストランやバーなど、提携する飲食店のスペースを、仕事場として自由に利用。

いずれのスペースも、WiFIに接続でき、コーヒーや紅茶などのドリンクサービスが提供され、メンバーは、落ち着いた環境で仕事をこなしながら、他のメンバーと交流を深めたり、人的ネットワークを広げることができる。

もちろん、スペースを提供する飲食店にとっても、「RNDMWRK」と提携するメリットは大きい。

キング氏によると、レストランやバーが店舗を実際に利用する時間は、一日のうちのわずか20〜25%程度。「RNDMWRK」を通じて、遊休スペースの収益化が期待される。

・飲食店の遊休スペースの活用の広がり

ニューヨークのコワーキングスペース「Spacious」など、飲食店の遊休スペースをコワーキングスペースとして活用しようという動きは、他の地域でも、少しづつ広がっている。

昼間はコワーキングスペース、夜はバーといったように、“2つの顔”を持つスポットが、今後、世界各地で、増えていくかもしれない。

RNDMWRK

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP