ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役バーテンダーが教える 生まれ変わっても結婚できない女のダメなところ4つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BARほど生涯の伴侶を探すのにうってつけの場所はない。なぜなら、お酒が入り、酔いが回ることで隠していた本性がじわじわと漏れてくるから。

そして、そんなBARだからこそ、「結婚は無理」な女性を回避することもできるというもの。

そこで今回、現役バーテンダーのKさんに『生まれ変わっても結婚できない女のダメなところ』を教えてもらった。

他人に厳しく自分に甘い

ダメな女性客に限って、他のお客さんに対する厳しいダメ出しが多いとKさんは言う。

「あの人は~」「この人は~」と、まるでワイドショーのご意見番のように気になるところをズバズバ指摘。

他人にそこまで言うんだから、自分はさぞきちんとした常識人なのかと思えば……

「決してそうではありません。いや、むしろその人自体、空気の読めない言動で他のお客さんに迷惑をかけまくる問題児ですね」とKさん。

それなのに、いつまで経っても自分の悪いところに気がつけず、むしろ「自分は超常識人」だと勘違いしているのが非常に厄介なのだという。

しかも、そういう人に限って、酔っても酔わなくても性格が変わらないのだとか。

酒が入ると人が変わる

素面で会ったときは超清楚だったのに、酔うと悪い方向に大変身……。という女性は絶対に避けたいところ。

悪い方向にもバリエーションがあるそうで、『説教くさくなる』『自分語りしかしなくなる』『暴れる』『にゃんにゃん甘えてくる』などなど十人十色だという。

Kさんいわく、「一番の問題点は、性格が変わるほど飲んでしまう“自制心の無さ”。自分をコントロールできない人を奥さんにするのは危険ですよね」

結婚相手には「もうこれ以上飲めない」と、しっかり自己申告できる人を選ぶべきだ。

週6以上のペースで飲んでいる

気になる女性が出来た場合、その人がどれぐらいの頻度でBARに現れるのかも気にした方がよいという。

ほぼ毎晩BARに出没する女性も問題アリなのだとか。

「足しげく通ってくれるお客さんは、お店としては嬉しいのですが、さすがに週6、週7で来られると健康面とか心配になります。なかには、『財布が空になって家中の小銭をかき集めてきた』という女性もいて。そんなダメな金銭感覚の持ち主と結婚する気にならないですよね」

それでも毎日飲みたい人は、お店を変えてローテーションで飲むしかないとのこと。

関連記事リンク(外部サイト)

小料理屋の美人ママが教える 年下男子を落とすために実践すべき行動
婚活男子に捧げる恋愛格言 女性が求める男性像がわかる言葉
出張ホストが激白!! 女心を操る超絶テクニック 女性の皮膚感覚を刺激する身だしなみ編

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ホンネストの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP