ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハイビスカス、ひまわり…夏を満喫するプリント風ネイル♪

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏の日差しに合わせたい♪ヴィヴィッドカラーの夏ネイル

形や色をくっきりと浮き上がらせる夏の日差し。この光のチカラを借りて、普段は使わない色にチャレンジしてみませんか。
「ハイビスカス」や「ひまわり」は、夏を満喫できるモチーフとしてはもちろん、ヴィヴィッドな色も夏ネイルにぴったりです。

 

オフィスネイルにはひまわり柄もおすすめ!

真っ赤なハイビスカスはオフィスには派手かな…と躊躇する方にお勧めしたいのが「ひまわり」!
太陽のような元気なイメージが楽しめるだけでなく、「黄」の他に「ブラウン」や「グリーン」も入り、ほどよい明るさの柄なので、無理なく取り入れることができますよ。

 

ひまわり柄はボーダー柄との相性も◎

「ひまわり」は、爪の対角線上の角に配置して葉っぱで囲むと、バランスよくアレンジできます。
白や薄いブルーのベースと合わせてもいいし、ネイビーやボーダーとの相性もよく、デニム&白いシャツにもぴったり。夏の色ともいえる黄色やブルーを、おしゃれに大人っぽくさわやかに表現できますよ。

 

カジュアルアレンジのプロ技をご紹介!

今回は、「カジュアルにアレンジする」ワザをひとつご紹介しますね。
モチーフを一つ二つ主役にして配置すると、とても印象的なアートとして仕上げることができます。
面白いことに、たくさんの「ひまわり」をパターン柄やプリント柄のように配置すると、かえって「ひまわり」の印象が抑えられて、気軽にカジュアルに仕上がります。これは、「ひまわり」に限ったことではなく、何にでも応用できるんですよ。
例えばお着物の場合、動きがある図柄や大きな柄などは華やかで特別な席で着たいものですが、小紋であれば気負わずに普段に着られますよね。またブランド物のモノグラムが人気なのも、それ自体が主張し過ぎず、合わせやすいのも理由だと思います。

 

今っぽく仕上げるならプリント風ネイル♪

ネイルアートでも同じで、華やかさを出したい場合は、動きのあるアレンジで思いっきりアートを楽しんでいただきたいのですが、モチーフをさり気なく使いたい場合は、このプリント風ネイルにチャレンジしていただきたいです。今っぽく仕上げることができますから、ぜひ季節に合わせた色々なモチーフでアレンジしてみてくださいね。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP