ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

20世紀FOX、SF映画『Caves of Steel(原題)』の脚本家にアキヴァ・ゴールズマンを起用

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本紙ヴァラエティが独自に得た情報によると、米20世紀FOXは、アイザック・アシモフの小説を原作とするSF映画『Caves of Steel』の脚本家にアキヴァ・ゴールズマンを起用した。

このプロジェクトは、FOXとファーストルック契約にある映画プロデューサーのサイモン・キンバーグが、ヘンリー・ホブソンの監督作品として2011年に立ち上げた。アシモフによる原作『鋼鉄都市』の舞台は、人口があふれ返り、ロボットが禁止された1000年後の地球である。地球のロボットに対するポリシーを変えようとしていた大使の殺人事件を解決するため、ある刑事がロボットとチームを組んで捜査にあたらなければならなくなる。

ドラフトとなった脚本は、ジョン・スコット三世とジェームズ・ヴァンダービルトが執筆した。

アシモフの小説は1953年に出版され、1964年にはBBCがテレビ映画を製作した。

ゴールズマンは、映画『ビューティフル・マインド』でアカデミー賞を獲得。映画『評決のとき』や映画『アイ,ロボット』、映画『シンデレラマン』、映画『バットマン フォーエヴァー』、映画『バットマン&ロビン/Mr.フリーズの逆襲』、映画『ダ・ヴィンチ・コード』、映画『天使と悪魔』、映画『フィフス・ウェイブ』、映画『ニューヨーク 冬物語』などの脚本を手掛けた。パラマウンとハスブロ製作による映画『トランスフォーマー』シリーズでも、新たな物語を描くために結成された脚本家や製作者らのチームを率いている。

キンバーグとゴールズマンは『Mr.&Mrs. スミス』でも協業している。

また、ゴールズマンが自身の会社ウィード・ロード・カンパニーを通じて製作してきた作品には、映画『ローン・サバイバー』、映画『Mr.&Mrs. スミス』、映画『アイ・アム・レジェンド』、そして今後公開される映画『The Dark Tower(原題)』がある。

ゴールズマンは、WMEと代理人契約を結んでいる。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP