ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【紳士のSNS講座】 第8回「投票に行ったこと」を、いかに「投票に行った感を抑えて」お自慢するか。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

いかにSNS上でエレガントに「お自慢」できるか? これが紳士SNS講座の目指すところです。今回のテーマは「投票に行ったことをお自慢する」です。

時事ネタはまさに「お自慢」の題材としては最適です。ただ、SNSで「政治」を語ることは推奨できません。昔から言われますよね? 「飲み屋で政治と宗教と野球の話はするな」と。必ず議論になり、口喧嘩ならまだしも……拳喧嘩にも発展しかねないお題ですので。SNSなら間違いなく炎上、非エレガントの極みです。
ただし、「投票」ならば話は別。政治について具体的に何かを語ることなく、政治について考えている人なのだ、ということをアピールできるわけですから。「投票」はそんなマジックワード。

今回は「投票」をいかにさりげなくプレゼンテーションできるか、がポイントになります。

では、作例をみていきましょう。

ポイント① ポスト全体を支配しかねない「投票」。必ずほかの行動とセットで。

「意識の高さ」をお自慢するのに、「オレって、意識高くね?」と主張するのは、まったく意識が高くありません。自意識が前面に出すぎです。作例のように、必ずほかの行動とセットにしましょう。

ただし、「帰り道でゴミを拾った」とか、「募金をした」とか「グラフィックレコーディングのセミナーに参加した」とかいった、意識の高い行動の上塗りはいただけません。作例のように、なるべく無邪気な行動とセットにすることで、「照れ隠し」を演出できるようになれば、お自慢上級者といえるでしょう。

ポイント② なんか良さげなことを言う

ここは、バランスです。本当は投票に行ったことを世間に全力で発表したいわけです。もしかしたら、気づいてくれない人がいるかもしれません。もう少しだけ引っ張っておくという安全策。難しいことを言う必要はありません。なんか良さげなことを書いておけば大丈夫。

実際のところ、ジャングルジムから夕焼けを見る政治家が有能かというと、なんの関係もありません。でも、”ジャングルジムに登って、眩しそうに夕日を眺める若手政治家”って(勝手に良さげなワードを足しちゃいましたが)、なんだかドラマの1シーンみたいじゃないですか。政界を舞台にしたラブコメ的な。

恥ずかしがってはいけません。こういう「良さげ」が、新たな層の共感を呼び、新たなリプやシェアに繋がって、もうウハウハです。しかも「良さげ」だから、リアクションしてくれるみなさんも、リアクションしていることに気持ちよくなったり……。

ポイント③ 日々の営みのひとつであることを強調し、ハッピーエンドに。

この作例では、写真も重要です。キレイな風景とおいしそうな料理で、見る人の生理的な快感に訴えかけ、「投票」という非日常を、三丁目感溢れる庶民的日常のなかにうまく溶け込ませています。

「普段の何気ない”暮し”の一部として、そういえば投票に行ってきましたよ」という、『とと姉ちゃん』的なさりげなさを演出する素晴らしい作法と言えるでしょう。細かい話ですが、文末の「幸せ」は当然、投票にもかかっていますね。

講師:武田篤典

何気ない所作のなかにある「モテ」を顕在化し、好評を博した『スマートモテリーマン講座』著者。SNSなど各種コミュニケーションにおける礼儀作法を研究する「武田流万(よろず)礼法」家元。

※武田篤典先生のSNS講座が読めるのは「TIME&SPACE」だけ! 「#紳士SNS」で応援しよう!

関連記事リンク(外部サイト)

【紳士のSNS講座】 第7回 夏の話題を、怒涛のハッシュタグ乱立大作戦で、クールに熱く演出する。
【教えてブラックダイヤモンド! ③】「36歳の男です。この歳でもLINEのスタンプって使っていいんですか?」(会社員/36歳/男性)
【紳士のSNS講座】第6回 嫌われがちな「仕事忙しいアピ」を巧妙に、エレガントにカモフラージュする

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP