ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

作家・夏石鈴子改め鈴木マキコ 元夫の略取で残高278円を克服

DATE:
  • ガジェット通信を≫

──あ、それから使われてしまったお金は、今もそのままなのでとにかく早く返してほしい。わたしも子供も困っている。いつも、おなかがペコペコです。

 これは、文庫『逆襲、にっぽんの明るい奥さま』(小学館、510円)のあとがきとして、著者・夏石鈴子さん(53才)が記した文章だ。こんなあとがきは見たことがない。ごく私的なメッセージを、しかもこの部分だけ太文字で記しているのだから。

 このあとがきが書かれたのは、今年の5月17日。それより前に発売された文芸誌『きらら』4月号に書かれた小説『おめでたい女』には、彼女の苦い結婚生活がありのままに表現されている。同著は鈴木マキコの名で発表されているが、同一作家である。それについては後ほど…。

 夏石鈴子さん改め鈴木マキコさんがある男性と出会ったのは、かれこれ25年ほど前のこと。某老舗出版社に勤務する彼女は、週刊誌の映画欄担当者として、映画プロデューサーA氏と取材で出会い、妊娠、出産、のちに結婚という順をたどる。

 17才上のA氏は、多くの話題作を手がけ、作品は数々の賞に輝く。だが、夫や家庭人としては…。

「最初に起きた衝撃の出来事は、長男の出産の時。出産費用として私が用意していた75万円を封筒ごとそっくり持ち出してしまったこと。別れるとしたら、あの時でしたね。でも、あの時の私は赤ん坊を連れて帰る場所がなかったから、黙ってがまんしてしまった。あの人は、“ああ、やり得”って思ったんでしょう。だから絶対に、生まれてきた子供の面倒を彼に見させないと、と思ったんですけど」

 A氏は、映画監督としての浮き沈みが激しく、すぐにあちこちで借金を抱えるようになっていた。「また仕事をして、全部取り返す」──そんな言葉を、妻である鈴木さんはもちろん、周囲の人は信じ、彼のためにお金を出し続けた。

◆「お金は出した方が負け」

 お金の心配が続く生活の中、2年後に長女を出産。4人家族になったが、生活費はすべて鈴木さんが出さねばならず、彼が仕事部屋として借りている別宅の家賃さえ、鈴木さんが負担していた。

 意を決して「私のお金、返して」と言えば、夫は「金は、出せって言われて出したやつが負けなんだよ」と言い、「きみみたいな女はおれがいなかったら生きていけなかったんじゃないの」とまで言い放った。以前、鈴木さんは仕事で知り合ったある男性作家からこんなことを教わる。

「男に捨てられない方法はね、その男と蜜月のうちに大金を借りること。男ってのはケチな生き物だから、たとえあなたのことが嫌いになっても、お金を回収できるまでは、あなたを絶対手放しませんよ」

 鈴木さんは、この話を聞いて、嫌悪感を覚え、笑ってしまったという。

「でも確かに、私の元夫からしてみれば、私からお金を借りてその金額が大きくなればなるほど、私がもったいながって夫を捨てない。だから、“ずうっと利用できる”と思ってたのかもしれないですね(笑い)」

◆毎日20万円ずつ引き出していった元夫

“その時”はついに訪れた。

「銀行の通帳の残高を見て、驚きました。あの人が毎日、コンビニのATMで20万円ずつおろしていたんです」

 ゴタゴタした夫婦関係を見直し、家族4人でやり直すためにもっと身の丈にあったマンションに買い替えると決めて、もとのマンションを売った差額200万円は、子供の学費として残しておくはずだった。その後、鈴木さんが生活費をおろすと、残高は278円になってしまった。

「確かに自分が好きになった人だけど、ここまで被害を被ることはない」

 そう気づいた時、離婚を決断した。しかし、驚きはそれだけでは終わらなかった。

「あの人、家を出て行く時、卓上ガスコンロとガスのボンベまで持っていったんです。柄のそろった食器が家族4人分あったんだけど、それも自分の分は持っていったの。映画で賞をもらった時のトロフィーや楯は納戸に置いていったにもかかわらず、ですよ」

 あまりのセコさに涙も出ない。

「一緒にいた当時は、家族だし、子供の父親だし、脂汗を流して、必死になって“金は必ず返す。いくらでもいい、出してくれ”って頭を下げるんだもの、家族1人がこんなに困っていたら、誰だって助けますよ。そこで助けなかったら、私自身が苦しかったろうと思います。でも、こんなこと、恥ずかしくて誰にも言えなかった。あの2年間は、たった1人で心底、苦しみました」

◆子供には離婚の原因をありのまま伝えた

 鈴木さんは、2人の子供たちに離婚に至った経緯を率直に打ち明けた。

「私、子供にこの通帳を見せたの。別れた相手のことを悪く言ってはいけないって言うでしょう。でも、それでは子供は納得しない。きれいごとじゃないんですもの」

 通帳を見た子供は「えーっ、お金全然ない! どうしたの?」と目を丸くしたという。

「これは前のマンションを売って残ったお金で、生活費とおまえたちが高校に行く時のお金だったんだけど、お父さんがみんな使っちゃったよ。こんなことをする人は家族と思えないないから、ママは離婚するからね」

 と。娘も息子もきっと傷ついたに違いない、という。一方で、納得してくれているはずだと確信もしている。そしてそんな元夫に、長男はついていった。「いつでも戻ってきていいんだよ」と言っているが、父親との暮らしが楽しいらしい。鈴木さんはそれはそれでよしとしている。

 そこからの再出発──夫につけてもらったペンネーム“夏石鈴子”の名を捨てると決めた。そして鈴木さんは自分のために、縁起のいい“鯉の滝登り”の柄の着物を買った。くだんの“男に捨てられない方法”を教えてくれた作家が、こう言ったのだ。

「運が悪い時ほど、いい肉を食って、いい格好をしてなさい。たとえどん底だったとしても、自分が今、運が悪いというのを他人に教えても、何にもいいことはないんだから」

 今度はすぐさま納得した。

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
野菜と果物中心の食生活で奇跡の若さを手に入れた55才女性
教育費 月収の10~15%貯め、子供が中学3年時200万円は必要
梅田3キロひきずり殺人被害者 生後2週間長女も直後に死亡

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。