ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Galaxy A8の2016年モデル「SM-A810」をベンチマークサイトで発見

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung スマートフォン史上最も薄い「Galaxy A8」の新モデルと見られる「SM-A810」が GFX Bench の公式サイトに登場しました。Galaxy A8 の初期モデルは「SM-A800」の型番を採用していたので、今回の「SM-A810」はその後継モデルと予想されます。同サイトの登録情報によると、SM-A810 は Android 6.0.1 や 5.1 インチ 1,920 x 1,080 ピクセルのディスプレイ、2.1GHz 駆動のオクタコアプロセッサ(Mali-T760MP8 GPU)、2.6GB RAM、25GB ROM、背面に 1,500 万画素カメラ、前面に 470 万画素カメラを搭載しています。Galaxy A8 は 5.2 インチや 1.8GHz 駆動のオクタコアプロセッサを搭載しているので、SM-A810 は画面サイズがわずかに縮小した一方、スペックは向上しているようです。Source : GFX Bench

■関連記事
Gear VRの新型(SM-R323)とされる画像が流出
ヤマハ、ワイヤレスオーディオ「MusicCast」対応の新製品4種類を発表
フジテレビラボが早くもGalaxy Note 7用アクセサリーの予約受付を開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP