ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

野生の動物たちが目の前に!彼らのこんな表情、見たことない・・・

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

若干21歳のKonsta Punkka氏は、フィンランドの首都ヘルシンキを拠点に活動するフォトグラファー。主に森などの大自然とそこに暮らす動物たちの様子を撮影しています。

彼が撮る写真の魅力。それは、なんといっても動物たちとの距離の近さ。とはいえ、決して物理的な話だけではなく、精神的にも。キツネやリスを見ていると、まるで仲のイイ友達と対峙しているかのような表情に見えてくるのです──。

森の愉快な仲間たち

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2016 7月 18 5:03午前 PDT

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2016 5月 29 10:03午後 PDT

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2016 7月 24 5:50午前 PDT

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2016 6月 1 7:05午前 PDT

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2015 12月 23 5:43午前 PST

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2015 12月 8 6:55午前 PST

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2015 3月 24 11:31午前 PDT

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した動画 – 2014 9月 30 10:05午後 PDT

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2016 2月 8 7:52午前 PST

どうして、
こんなにも近づける?

彼は「BoredPanda」のインタビューでその理由を説明しています。

「エサをあげることで彼らが僕を信頼してくれる。エサといっても、決して多くはないよ。ほんの少しのナッツだけ。それがこんなにも彼らに近づいてシャッターを切れる理由なんだ」。

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2016 1月 24 7:26午前 PST

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2015 7月 28 9:57午前 PDT

野生動物にエサを与える行為については、賛否両論があるでしょう。もちろん彼も、その点については細心の注意を払っている模様。

いずれにせよ、彼のおかげでこんなにも貴重な野生動物の表情を楽しめていることは間違いありません。

Konsta Punkkaさん(@kpunkka)が投稿した写真 – 2015 1月 27 10:05午前 PST

Reference:BoredPanda
Licensed material used with permission by Konsta Punkka

関連記事リンク(外部サイト)

フォロワー68万人以上!くしゃっと笑うキツネがかわいさ悶絶級♡
世界初の「観覧車」がヘルシンキに登場。その正体とは?
ネコザイル?猫写真家がとらえた奇跡の団体行動(5枚)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。