ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

注文が殺到している人気家具の正体は、NYで拾ったゴミだった!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

NYの女性デザイナー2名が始めた「Nightwood Ny」は、街を徘徊して家具や木材、織物などの廃品を拾い集め、修理したりつくり直して販売しています。

口コミで話題になり、生産が間に合わないほど人気だそう。

廃品を循環させて生まれ変わる
一点物の家具に注目!















捨てられていたものを手直ししているからか、どこか温かみが感じられるデザインに。経年変化の魅力を引き出すために、淡い色を使っているとのこと。

リクレイムドウッドを使った寄木張りなどは、クラフツマンたちの間で資源循環の意識が高まっていることを示す一例でもあります。

さらに、インテリアカバーやラグにも、廃品の織物が使われているんです。

捨てられた織物を再利用!
手織りのラグが◎。






廃品と新品の織物を組み合わせてつくったラグやタペストリー。こちらも優しい色合い。家具や織物はそれぞれストックのほか、オーダーも受け付けています。詳しくはコチラから。

「なんだって直せる」と「The New York Times」に語った彼ら。長年使われてきた物も、手を加えれば立派な新品に生まれ変わるーー。そんなメッセージが含まれているのではないでしょうか。環境に配慮された家具を選ぶことで、使い心地も変わってくるかも。

Licensed material used with permission by Nightwood Ny

関連記事リンク(外部サイト)

シンプルな紙で包んだ贈りものって、グッときます。
古い道路標識をリサイクルした、地球にやさしい「反射板」。
素材は11本の使用済みペットボトル。あの「Kanken」から、究極にエコなリサイクルバッグが登場!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP