ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【マレーシア】日本人在住者にも人気! コーヒーを紅茶で割った「チャム」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


(C)sweetsholic

コーヒーや紅茶の飲み方は、国によってさまざま。ガブガブ飲みたいアメリカ人のニーズに対応した薄めの「アメリカンコーヒー」、イギリス生まれと思いきや日本発の濃厚な「ロイヤルミルクティー」など、嗜好に合わせた飲み方や味わいから、その国のコーヒーや紅茶事情を知ることができたりもします。

今回ご紹介するのは、コーヒーと紅茶を合体させたマレーシアの不思議な飲み物「チャム(Cham)」。飲むまでは「絶対に合うはずがない!!」と思っていましたが、その味はいかに・・・?

■あわせて読みたい
海外で大流行中!セレブの間でも大人気の「KOMBUCHA」って?
http://tabizine.jp/2015/04/19/35279/

コーヒーと紅茶の不思議なマリアージュ


(C)sweetsholic

マレーシアのコーヒーショップやローカル色の濃いレストランへ足を運ぶと、目にすることの多い「チャム」。エスプレッソのようにビターで力強いマレーシアンスタイルのコーヒーを、コンデンスミルクたっぷりのマレーシア風ミルクティーで割ったものです。マレーシアなら誰もが知っているドリンクだそうですが、外国人にとっては不思議・・・。

気になる味わい


(C)sweetsholic

チャムは通常のコーヒーや紅茶と同じように、ホットまたはアイスの注文が可能です。レストランで供された「チャム」は、カフェオレのような色合い。コーヒーよりも紅茶の風味が強く、意外にもあっさり。後味爽やかな、超濃厚ミルクティーといったイメージです。紅茶やコーヒーではなかなか使わない表現ですが「フルボディー」を連想させる力強い味わい。

「チャム」は中華系のドリンク?

「チャム」はその昔、中国南部から華僑として渡ってきた中華系マレーシア人たちの間から広まったドリンクという説が濃厚な模様です。「チャム」というのは、福建語で「混ぜ合わせる」という意味。広東語では「鴛鴦(ユンヨン)」と呼ばれており、香港を中心に親しまれているそう。

筆者は「ロイヤルミルクティー」のまったりとしたミルク感が苦手なのですが、チャムはミルクティのコクを保ちながらもあっさり飲めるところが気に入りました。現地で暮らす日本人の間でも人気が高いそうなので、マレーシアを訪れた際にはぜひ、その味を確かめてみてくださいね。

■あわせて読みたい
海外で大流行中!セレブの間でも大人気の「KOMBUCHA」って?
http://tabizine.jp/2015/04/19/35279/

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP