ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

3Dモデル共有サービス『Sketchfab』VR閲覧に対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3Dモデルを投稿できるウェブサービス『Sketchfab』が、ウェブ上でVR体験をユーザーに届ける新機能を搭載しました。

この新機能はGoogle Cardboard、Rift、Gear VR、HTC viveなどに対応。VR空間内でユーザーが自由に移動したり散策したりできるようになる”VRで見る”というボタンが追加されました。またそのコンテンツ内でのユーザーの視点の位置や高さも自由に選択できるようになります。

https://vimeo.com/176493818

3Dファイルを投稿できるサイト、『Sketchfeb』

『Sketchfab』では3Dファイルを投稿・閲覧・共有できるだけでなく、VRヘッドマウントディスプレイで投稿ファイルを閲覧できるアプリの『Sketchfab Virtual Reality』が提供されています。

ウェブブラウザからそのままVR再生を行うWebVRにも対応しているのでデバイスの垣根を超えて『SKetchfab』に投稿された100万近くのコンテンツを再生できます。

(関連記事)
VR界のYoutubeを狙う動き。SketchfabがVR用アプリをリリース、WebVRにも対応

(参考)
http://uploadvr.com/sketchfab-largest-teleportation/
Sketch fab: ’We’re… the largest online destination for VR content in the world’ – UPLOAD

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Mogura VRの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP