ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

室井滋がさかなクンに直撃 「ドリー」の監修ってどんな仕事?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 大ヒット公開中の映画『ファインディング・ドリー』。前作『ファインディング・ニモ』に続いて主人公・ドリーの声を演じた室井滋さんと、今回、海洋生物監修を務めたさかなクン。このふたりのスペシャル対談が実現した。

 さかなクンはおなじみのハコフグの帽子に、ドリーやハンク、ベイリー、デスティニーと、今作に出てくる人気キャラクターの絵が描かれた白衣で対談会場に現れた。

 * * *
室井:まあかわいい! これは全部、ご自分で描かれているんですか?

さかなクン:はい! そうなんです。これからもっと、どんどん増やす予定でギョざいます。室井さまは絵を描かれますか?

室井:私、この『女性セブン』の連載で絵も描いているの。これとか(と、女性セブンを手に)。

さかなクン:シカさん! かわいいですね。奈良で待ってるギョと(笑い)。室井さまは久々に、ドリーちゃんの声を演じられていかがでしたか?

室井:すごく嬉しかったです。実は続編ができるのを知ったのは、友人の「ネットニュースに、『ニモ』の続編で『ファインディング・ドリー』やるって出ているよ」という一声。

さかなクン:ギョギョ!?

室井:前作から時間も経っていたし、一瞬ガセかと思いました(笑い)。事実だとしてもドリーが行方不明になる話で、私は最初と最後にほんの少し登場するだけじゃないかとか、そもそもドリー役自体、今時の若い人気女優に交代されたらどうしようとか…。

さかなクン:始まる前からずっとドキドキされていたのですね。

室井:しかも、ドリー役を演じるために、とにかく元気でいなくてはと、声がかかる前から妙に自分の体調を気にしていました。だから、台本をいただいたときは、「やった~!」と大喜び。ベビー・ドリーも自分が演じるのかと思って、ひそかに子供の声も練習していたんですよ(笑い)。

さかなクン:ギョギョ!? 収録はいかがでギョざいましたか?

室井:アメリカと公開が1か月しか違わなかったので、バタバタでした。そういえば、アテレコ(※登場人物の口の動きに合わせて、日本語のセリフを録音)しているとき、最初「コンブ」だったのが「ワカメ」に変更されたことがあったのだけれど、さかなクンの「監修」はそういうお仕事?

さかなクン:そうでギョざいます。ドリーちゃんたちをはじめ、さまざまな海洋生物が登場します。その中で、ドリーちゃんはナンヨウハギ、ハンクさんはミズダコなど、1つ1つのキャラクターの特徴をしっかり見て、日本の標準和名のある海洋生物に関しましてはその和名をお伝えさせていただきました。

室井:例えば途中で出てきた、パカパカ開いておしゃべりしていた貝の名前を調べたりとか?

さかなクン:あれは、日本のサンゴ礁にも生息します。シャコガイちゃんのお仲間ですね。

室井:あれ、シャコガイだったの? 真珠ができてたけど!

さかなクン:はい! ウェーブした貝殻の形が特徴です。真珠を作る貝はアコヤガイが有名でギョざいますが、実はシャコガイやアワビも真珠を作ることが知られています。

室井:ええ!? アワビも!?

さかなクン:ギョギョギョ! シンジュられないですよね。でも本当なんです。貝は、体の中に異物が入ったとき、自らを守るために炭酸カルシウムなどでできた真珠層を作り、異物を覆うんです。その結果、あの美しい真珠ができるんです。

室井:そうだったのね。そのシャコガイ、劇中で「ホタテガイには目がある」と話していましたね。本当に貝にも目があるの?

さかなクン:はい。ホタテガイの目は知っていたのですが、シャコガイはどうなのか? ぼくも気になって、世界的に権威のある貝博士の奥谷喬司先生にお電話したら、「シャコガイやシャコガイの仲間も目のような器官があり、ちゃんと見えていますよ」と教えてくださいました。こうして調べながら、お名前や生態などわかる範囲で伝えさせていただきました。

撮影■矢口和也

※女性セブン2016年8月11日号

【関連記事】
さかなクン 被災地水族館の壁画描きフグなどを100匹寄贈
尿管結石で入院のさかなクンさん 魚の食べ過ぎが原因と医師
さかなクン 5つあるハコフグ帽子を新幹線や飛行機でも着用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP