ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

アートをもっと身近に感じて!山形のオススメ美術館・博物館をピックアップ!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
アートをもっと身近に感じて!山形のオススメ美術館・博物館をピックアップ! 山形

アートは秋限定!? 見て、知って・・・いつ行っても感性が磨かれる山形県の美術館・博物館をご紹介!

直江兼続や前田慶次など戦国武将ゆかりの一品が見られる博物館や、秋田の銘酒を頂ける資料館、体験型の歴史博物館など、見どころいっぱい。

古今東西、様々なアートに触れて心のリフレッシュをしよう!

(※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました)

天童市立旧東村山郡役所資料館

天童市立旧東村山郡役所資料館

幕末から明治・大正にかけての天童市や東村山郡の歴史、文化、生活、産業、温泉などの資料を展示。春には、市内に伝わる古いお雛様を多数展示します。

\口コミ ピックアップ/

古い建物が大好き。なので駅から少し歩きます。もう少し歩くと有名な腰掛庵です。まだ空いていなかったので、場所だけ確認しようと歩いたらすぐでした。もちろん並んで、朝から甘いもの補給を終えて戻りながら見学。

昨年山形市内の洋風建築を拝見した折、こちらが現存していると知っていつか・・・と思っていました。織田家が代々治めていたとは・・・織田信長の肖像画もありました。意外な発見もあります。かわいい建物に思わず笑みがこぼれます。無料休憩所にお茶やコヒーのご接待もあります。 天童市立旧東村山郡役所資料館

住所/山形県天童市五日町2-4-8

TEL/023-653-0631

「天童市立旧東村山郡役所資料館」の詳細はこちら

文翔館(山形県郷土館)

文翔館(山形県郷土館)

大正5年6月に建てられた旧県庁舎と旧県会議事堂の2棟から成るイギリス・ルネサンス様式を基調としたレンガ造りの建物。現在は県郷土館として一般公開されている。

\口コミ ピックアップ/

大正に建てられた建物でレトロな感じが素敵でした。

また、館内に入ることができ、建物の中には資料等があり当時の山形市の様子を資料を通して感じることができました。

また、当時の知事が使っていた席に座ることができ、知事の気分を僅かながらですが感じることができました。

山形市内の観光スポットとしては、お勧めです。 文翔館(山形県郷土館)

住所/山形県山形市旅篭町3-4-51

「文翔館(山形県郷土館)」の詳細はこちら

最上義光歴史館

最上義光歴史館

最上家の中でも特に多くの偉功を残した11代当主義光。最上義光歴史館には、「最上義光公所用三十八間金覆輪筋兜」をはじめ、歴史と功績を伝える遺品が多く展示されている。

\口コミ ピックアップ/

直江兼読とライバル関係にあった武将の最上義光の歴史館です。館内では説明員の方が丁寧に説明をして頂き非常にわかりやすかったです。義光と書いて、よしあきって読むんですね。クイズラリーもあり子供も大満足でした。 最上義光歴史館

住所/山形県山形市大手町1-53

TEL/023-625-7101

「最上義光歴史館」の詳細はこちら

旧済生館本館(山形市郷土館)

旧済生館本館(山形市郷土館)

霞城公園にあり、長年市民に利用されてきた県立病院(のちに市立病院)済生館本館の建物を保存し、あわせて館内に郷土資料・医学資料を展示したもの。済生館は1878年(明治11年)に建てられた16角形、4階3層の西洋風建築で、昭和41年重要文化財に指定された。

\口コミ ピックアップ/

霞城公園内にある、「医」の変遷を見ることができる、博物館です。明治11年築の3階建ての洋風建築で、ピンクの外装とタワーのようなデザインがユニーク。

現在の山形市立病院の位置に山形県立病院として造られ、長年、市民にとってランドマークのような存在だったそうで、戦時中は、攻撃の的にならないよう、目立つ3階部分を取り除いて守ったそう。重要文化財に指定された後、公園内に移築されたそうです。無料ですが、建築そのものも、展示物も見ごたえがあります。 旧済生館本館(山形市郷土館)

住所/山形県山形市霞城町1-1(霞城公園内)

TEL/023-644-0253

「旧済生館本館(山形市郷土館)」の詳細はこちら

公益財団法人 上山城郷土資料館

公益財団法人 上山城郷土資料館

1535年に築城されたが、昭和57年に再建された鉄筋コンクリートの城。城内は郷土歴史博物館として公開され、歴史・自然科学・産業の資料を展示。展望室からは蔵王連峰と上山市街を一望できる。

\口コミ ピックアップ/

東京から温泉目的できましたが、上山の歴史は興味深く、とても満足できる旅行となりました。上山城は上山を旅するにはまずいくべき所です。上山城から見渡せる景色はすばらしく、かつて宿場町であった場所や高楯城跡など城の上から歴史を見ることができます。

案内ボランティアの方にお願いすると、とても紙上では知ることができない歴史や人々の暮らしをお話くださり、大変興味深く、有り難かったです。

上山の歴史は深く、縄文時代からの歴史が展示されており、また上山が様々な経緯で大名が変遷しているので郷土資料館としては大変面白く、飽きません。また上映施設や展示が工夫されており、小さいお子さんでも楽しめると思います。是非お勧めです。 公益財団法人 上山城郷土資料館

住所/山形県上山市元城内3-7

TEL/023-673-3660

「公益財団法人 上山城郷土資料館」の詳細はこちら

公益財団法人 斎藤茂吉記念館

公益財団法人 斎藤茂吉記念館

斎藤茂吉の遺墨・遺品を展示するとともに、明治・大正・昭和の三代にわたるわが国の代表的文学者の書跡も合わせ収集・展示されている。同記念館は、生家に近い上山市北郊、景観の勝れた“みゆき公園”内にある。

\口コミ ピックアップ/

「最上川逆白波のたつまでに吹雪く夕べとなりにけるかも」

歌人「斉藤茂吉」の記念館は、蔵王連邦を望む小高い丘にありました。

上山市が輩出した偉大な歌人の足跡が、しっかりと記録され

茂吉の歌の世界に引き込まれるようです。

静かな一時を、茂吉の世界に浸ることができる、素晴らしい施設です。 公益財団法人 斎藤茂吉記念館

住所/山形県上山市北町字弁天1241

TEL/023-672-4358

「公益財団法人 斎藤茂吉記念館」の詳細はこちら

藩校致道館

藩校致道館

聖廟、講堂、御入間、表御門、東西御門、致道館で用いた資料を展示。

\口コミ ピックアップ/

鶴岡市内に観光スポットはたくさんありますが、ここが一番良かったかな

そもそも庄内藩は、比較的善政を行った藩として有名(参考:藤沢周平 義民が駆ける)ですが、その一端をこの致道館で見た気がします

まあ、藩のエリートのための学校だったのでしょうが、現在の小学生レベルから教育プログラムが作られていることがすごいなと思いました 藩校致道館

住所/山形県鶴岡市馬場町11-45

TEL/0235-23-4672

「藩校致道館」の詳細はこちら

大宝館

大宝館

郷土人物等資料の展示。

\口コミ ピックアップ/

庄内藩藩校致道館の近くにあったので、寄りました。

こちらも入館料は無料でした。

建物は風格のある洋風建築でした。

展示内容は鶴岡ゆかりの先人たちを紹介しています。

この後訪問した藤沢周平記念館の周平以外はほとんど知りませんでした。

しかし歴史ある町ともなるとなんと偉人の多いことかと思いました。 大宝館

住所/山形県鶴岡市馬場町4-7

TEL/0235-24-3266

「大宝館」の詳細はこちら

土門拳記念館

土門拳記念館

酒田市出身の世界的写真家土門拳氏から代表作「古寺巡礼」など全作品7万点を寄贈されたのを受けて開設した、日本で初めての個人写真美術館。 展示作品のすばらしさもさることながら、谷口吉生氏設計の建物、勅使河原宏氏設計の庭園、イサム・ノグチ氏の彫刻など、当代一流の芸術家によって、全体がひとつの芸術作品になっている。

また、周囲の環境も、鳥海山を望む最上川河畔の静かな環境にあり、ゆったりとした気分で鑑賞ができる。

\口コミ ピックアップ/

庄内空港からタクシーで約15分の場所にあります。酒田市出身で世界的に著名な写真家土門拳氏の代表作「古寺巡礼」など全作品約7万点を収蔵し展示してあります。

個人の写真館としては世界でも唯一と言われています。収蔵品ももちろんですが、建築の意匠、大きな池もまた素晴らしい。近くに白鳥飛来地がありますが、そこで飛び立てなくなった白鳥が優雅さを添えています。 土門拳記念館

住所/山形県酒田市飯森山2-13(飯森山公園内)

TEL/0234-31-0028

「土門拳記念館」の詳細はこちら

酒田市美術館

酒田市美術館

文化勲章受章者森田茂氏の洋画、本市出身の斉藤長三氏の洋画、高橋剛氏の彫刻を展示。

\口コミ ピックアップ/

森のなかの美術館といった表現がふさわしい美術館。奥にあるガラス張りのキューブからみえる杉林(?)の景色がすばらしい。また正面の閉じた雰囲気と庭側の酒田市を見渡せる開けた雰囲気が対照的で面白い。トイレも凝っていて、近場にくることがあればまた是非訪れたい。 酒田市美術館

住所/山形県酒田市飯森山3-17-95

TEL/0234-31-0095

「酒田市美術館」の詳細はこちら

松ヶ岡開墾記念館

松ヶ岡開墾記念館

\口コミ ピックアップ/

花のシーズンは人が多いけどそれを外すと静かなとこですね。いい感じのお食事とコーヒー等出すお店が中にありますので静かなのを狙ってデートで使うのもあり。

陶芸作るとこもあり、陶芸体験もできたような?周辺に羽黒山や温泉もあるのでそのついでに…ってのがいいと思います。ダリアシーズンは何十種類ものダリアが咲いて花の大きさ綺麗さにビックリするかも! 松ヶ岡開墾記念館

住所/山形県鶴岡市羽黒町松ヶ岡字松ヶ岡29

TEL/0235-62-2500

「松ヶ岡開墾記念館」の詳細はこちら

本間美術館

本間美術館

幕末には3万石の年貢を納める日本一の大地主であった本間家の別邸を昭和22年に美術館にしたもので、古書、骨董、絵画など本間家収集の美術品が展示されている。名木奇石の置かれた庭園鶴舞園は、広大なもの。

\口コミ ピックアップ/

本間美術館は、大地主であった本間家が収集したコレクションを展示しています。

展示内容は興味深く、目の保養ができました。

本館の清遠閣という風情ある建物は、酒田の迎賓館として利用されていたそうです。

素晴らしいお館で、細部の意匠など見所満載です。 本間美術館

住所/山形県酒田市御成町7-7

TEL/0234-24-4311

「本間美術館」の詳細はこちら

出羽ノ雪酒造資料館

出羽ノ雪酒造資料館

昔の酒造機器の展示 酒の試飲、直売その他

\口コミ ピックアップ/

酒蔵の中を見学しながら、酒造りの奥深さや文化の豊かさを感じます。

入館料を払いますが、出るときは入館料より高いワンカップをもらえます。

また、各種なかなか一般のお店で購入できない美味しい居お酒の試飲もありお酒付きにはたまらない見学&味わいの場所です。 出羽ノ雪酒造資料館

住所/山形県鶴岡市大山2-2-8

TEL/0235-33-3262

「出羽ノ雪酒造資料館」の詳細はこちら

致道博物館

致道博物館

1万平米の敷地には、藩主隠居所だった御隠殿や名勝の古庭園のほか、重要文化財の多層民家や明治初期の洋風建造物が移築されている。また、庄内地方の生活文化の推移や地方的特色を知るのに重要な民具、民俗資料が多数展示されている。

\口コミ ピックアップ/

酒井の殿様の家に伝わる日本刀や鎧兜を見るため行きました。

ディステネーションキャンペーンで特別に展示してた日本で一番美しいと言われる国宝の日本刀&柄(織田信長と徳川家康に頂いたモノ)はこんな状態がいいのが残ってるのかとビックリするぐらい金糸で縫われた所や房などきらきらで戦国時代のモノだと想像できないような代物でした。

なかなか見られないモノだそうで、大満足。茶室でお抹茶頂いたのですがお茶についてた干菓子が美味しくてこれどこのおかしですかと聞くと小・屋さんのだと。あそこのは美味しいなぁ……

古いものスキーなら楽しめますよ! 致道博物館

住所/山形県鶴岡市家中新町10-15

TEL/0235-22-1199

「致道博物館」の詳細はこちら

浜田広介記念館

浜田広介記念館

児童文学者・浜田広介の生涯と珠玉の作品紹介。

\口コミ ピックアップ/

童話「泣いた赤鬼」の著者、浜田広介さんの記念館です。いつもすいているので人混みを苦手とする私としては大変助かる観光スポットです。記念館横には桜並木もあり、タイミング次第では独り占めも可能です。

館内では泣いた赤鬼の様々な童話を楽しむことができたり、赤鬼に因んだ(?)トマトソフトを喫茶店にて味わえたり、小石にポスカーで自由に絵を書いて飾らせてもらえたりと、ゆっくりとした時間を過ごせます。子連れには大変おすすめです。 浜田広介記念館

住所/山形県東置賜郡高畠町大字一本柳2110

TEL/0238-52-3838

「浜田広介記念館」の詳細はこちら

酒造資料館 東光の酒蔵

酒造資料館 東光の酒蔵

古い酒蔵を使い、昔の造り酒屋の様子と酒造りの道具などを展示・保存している資料館。試飲・販売コーナーもある。2/3~4/3には雛人形の展示も行っている。400年の歴史がある造り酒屋で、東北一大きい土蔵。

\口コミ ピックアップ/

米沢市内にある有名な酒蔵で,資料館にもなっており、歴史に関心ある人は面白いかも。中で試飲ができ,高くてなかなか口に入らない大吟醸酒もコップやおちょこで飲むことができます。酒粕を使った漬物も売っており大変美味。お土産にもなります。 酒造資料館 東光の酒蔵

住所/山形県米沢市大町2-3-22

TEL/0238-21-6601

「酒造資料館 東光の酒蔵」の詳細はこちら

宮坂考古館

宮坂考古館

上杉家代々の刀剣・甲冑・火縄銃や、前田慶次のものと伝えられる甲冑など、郷土の有形文化財700点余りを所蔵する。

\口コミ ピックアップ/

マンガ「花の慶次」や、故)隆慶一郎先生の小説「一夢庵風流記」の愛読者は、ぜひ行くべきです。晩年、上杉家のもと米沢藩で生涯を終えた前田慶次郎の鎧が堂々展示されています。日本一の傾奇者の名に恥じない癖のある鎧です。もうこれだけで、ここに訪れる価値があると思いませんか?^^

ちなみに施設だけ見れば1軒の民家並に小さなものです。拍子抜けしないようにこれだけは予備知識としてお持ちください^^; 宮坂考古館

住所/山形県米沢市東1-2-24

TEL/0238-23-8530

「宮坂考古館」の詳細はこちら

稽照殿

稽照殿

上杉家歴代宝物及び文化財等約1000点を収納・展示。上杉神社の宝物殿であり、武具・甲冑・刀剣・絵画・書籍・服飾類など、多種多様に亘る上杉家の宝物が収蔵展示されており、国の重要文化財百数十点はじめ、県指定文化財などその数は東北一を誇っています。

\口コミ ピックアップ/

米沢は謙信公没後に移ってきた地ではありますが、謙信公が大好きな私は、ぜひ米沢も見てみたく今回行ってまいりました。上杉神社の敷地内にある稽照殿。展示物のあまりの素晴らしさに、私は涙しました。

謙信公が愛用されていた琵琶!馬上で飲んだ杯!謙信公といえば被っている姿が有名なあの白い頭巾!直筆の書や、毘や龍の旗…直江兼続の愛の兜や景勝の兜…。みごとすぎて胸がいっぱいになりました。見応えのある歴史館です。歴史ファンは絶対絶対行って欲しいです!感無量です! 稽照殿

住所/山形県米沢市丸の内1-4-13

TEL/0238-22-3189

「稽照殿」の詳細はこちら

米沢市上杉博物館

米沢市上杉博物館

米沢藩の歴史・文化を中心テーマにした博物館。国宝「上杉本洛中洛外図屏風」や「上杉家文書」など文化財を収蔵している。数千に及ぶ上杉氏ゆかりの貴重な品々や国宝が収蔵されています。

展示室は「常設展示室」と「企画展示室」に分かれていて、常設展示室では上杉の歴史と文化を中心とした「江戸時代の置賜・米沢」を主軸に構成されています。企画展示室では、置賜の歴史、上杉文化など歴史や美術に関する企画展や、郷土ゆかりの作家や作品を取り上げた展示を行っています。

\口コミ ピックアップ/

上杉博物館の魅力は、なんといっても博物館らしくない所!江戸時代の街並みや農村の様子を模したジオラマや所蔵する『洛中洛外図屏風』の世界を体験できる大型スクリーン、書状の折り方体験など、ほかの博物館では出来ないことがたくさん!! 米沢市上杉博物館

住所/山形県米沢市丸の内1-2-1伝国の杜

TEL/0238-26-8001

「米沢市上杉博物館」の詳細はこちら

※この記事は2016年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

アートをもっと身近に感じて!青森のオススメ美術館・博物館をピックアップ!
夏の海はココで決まり!長崎県の海水浴場をまとめてチェック!
夏の海はココで決まり!岡山県の海水浴場をまとめてチェック!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。