ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自然乾燥すると、計算されたくしゃくしゃ感出せる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

外国人のような、クシュっとしたラフな質感の髪にあこがれます。

だけど、外国人と日本人とでは髪質が違うので、無理にマネするとただのバサバサヘア見えちゃうんですよね。

そこで、キレイながらもラフな雰囲気をつくるコツを、美容師さんに聞いてみました。

まとめ髪には、あえて自然乾燥

外国人風のラフ感をうまく出すためには、あえて自然乾燥をするというのも手なんだとか。

自然乾燥することで、ツヤ感やまとまりを故意に消し、いい感じのドライさを与えることができるそう。

ただ、ダウンヘアだとどうしてもボサっと見えがちなので、まとめ髪をするときなどにおすすめですよ。

ワックスにもひと工夫

外国人風ヘアといえば、ラフな毛束感もポイント。これは、マット系のワックスでつくれるのですが、コツがあります。

半乾きのうちに、髪の毛の中間部分から毛先にかけてワックスを揉みこみ、ところどころ毛先をつまんで毛束感を出すようにすると、バサっとした質感が演出できるとのことです。

これらのコツで、外国人風の無造作ヘアに近づけそうです。

文/イトウウミ photo by Thinkstock/Getty Images

※この記事は2014年6月に掲載した記事を再編集しています。

■ あわせて読みたい

えっ、まつ毛にも紫外線の影響が。マスカラで対策
夏でも陶器肌。白雪姫のようなリリー・コリンズのメイクテク
シャンプーその前に。ヘアワックスはコンディショナーですっきり落とす
明日は雨。うねる髪は前日からのケアでまっすぐにする
目の印象断然変わる。目尻の3分の1をカラーマスカラに
トリートメント→コンディショナーが正解。知らなかった正しい使い方
セーラームーンコスメで、この夏ミラクルロマンス起こせそう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。