ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSで呪い殺されるホラー『アンフレンデッド』本編映像 スカイプの向こうで動かなくなった彼女に一体何が……[ホラー通信]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

7/30よりいよいよ公開となる映画『アンフレンデッド』。すべてがPC画面のSNS上で展開する斬新な今作より、本編映像が到着。ホラー通信独占でお伝えいたします。

恥ずかしい動画をネット上にアップされ、ネットいじめで自殺した女学生ローラ・バーンズ。その一年後、彼女の友人らがスカイプでグループ通話をしていると、見知らぬアカウントが会話に参加していることに気付きます。そのアカウントは、死んだローラの名を名乗り、動画をアップした犯人探しを始めるのです。犯人が名乗り出なければひとりひとり呪い殺すというローラ。今回ご紹介する動画では、友人らのひとり・ヴァルがそのターゲットとなり、スカイプ画面の向こうで起こる悲劇を描いています。

ローラが打った「ヴァル、死ね」という不気味なメッセージとともに、スカイプ画面に映しだされるヴァルの姿。一切動かないその姿から「画面がフリーズしているのか」と心配する友人らが彼女に電話をかけると、映像の端で彼女の携帯のバイブが鳴っているのが映り込んでいます。そう、フリーズしているのではなく、ヴァルが微動だにせずそこに座っていたのです……。いったい何があったのかと案じる友人ら。と、そのとき……!

<動画が表示されない方はこちら>

ヴァルと友人らの安否は、ぜひ劇場でお確かめください……。

学生6人で1人無料!

また、映画『アンフレンデッド』を学生6人で観に行くと1人が無料になる特別割引『皆で“SNS”割り』が実施されることが決定。ちなみに、「皆で“SNS”割り」の意味は「皆で<S>素敵な、<N>夏を、<S>過ごそう!割り」だそうです。爽やかかよッ!

<皆で“SNS”割り 詳細>
・学生6人以上のグループでご来場の方は、1人分のご鑑賞料金が無料。
・適用は小学生(PG12指定あり)・中学生・高校生・大学生・専門学生。
・このキャンペーンの適用は劇場窓口でのご購入限定。オンライン予約では適用されません。
・劇場窓口にて必ず6人全員揃った状態で、中学生以上の方は学生証をご提示の上「皆で“SNS”割り」と申請。
・招待券を使用の際は、キャンペーンは適用されません。
・本キャンペーンは【新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋HUMAXシネマズ、吉祥寺オデオン】のみ有効。
・期間:上映期間中

学生6人で行くもよし、一人で観に行ってヒヤリとするもよし、デートで行ってキャッキャするもよし、映画『アンフレンデッド』は7/30より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋HUMAXシネマズほかにて公開です! どうぞ、お楽しみに!

『アンフレンデッド』
監督:レヴァン・ガブリアゼ 脚本:ネルソン・グリーヴス 製作:ジェイソン・ブラム
出演:シェリー・ヘニッヒ、レニー・オルステッド、ウィル・ペルツほか
配給:ミッドシップ

(C)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP