ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

10代に聞いた「門限がなかったらやりたいこと」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜−木曜朝6時から放送「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」(ナビゲーター:別所哲也)のワンコーナー「TEEN’S AVALON」。ティーンズ・レポーターが10代のリアルな声をお届け! 7月28日のオンエアでは高校3年生の石崎日梨さんが「門限事情」について街で10代の男女を対象にリサーチしました。

まずは、門限があるかどうかについて聞いてみたところ、「門限はないけど、遅くならないようにしています。連絡しておけば何時でも大丈夫です」と、意外にも「ない」という人が多かったそうです。

門限がある人の事情はというと…

「22時だけど、ディズニーランドに行ったときは、終電には帰ってこいと言われます」
「22時。なるべく早く帰ろうと思ってるんですけど、門限を過ぎて帰ったらめっちゃ怒られます」

とのこと。レポーターの石崎さん自身も、門限はないものの、遅くなりそうなときは連絡しているとのことでした。帰りが遅くなる場合は、事情を連絡しておくことが必須ですね。

また、「夜遊びをするとしたら何がしたい?」という質問には「カラオケやオールしてみたい」という旨の意見が多かったとのこと。

レポーターの石崎さんは「夜遊びとは言えないかもしれないけど、浜辺で友達と手持ち花火をするのが密かな夢です」と答えていました。なんとも微笑ましいですね!

ちなみに、別所はというと、10代の頃はとにかく部活で忙しかったそうです。10代の夏休みの過ごし方は、本当に人それぞれですね。

さて、今夜7月28日(木)22時からオンエアの「AVALON」(木曜ナビゲーター:渡辺直美)では、「夜遊びにつきものの『キケン』をどう回避しながら楽しむのか?」をテーマに徹底討論していきます。お聴き逃しなく!

【関連サイト】
「J-WAVE TOKYO MORNING RADIO」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/tmr/index.html

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP