ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【現地取材】スイスの和食を調べてみた結果 / 現地人御用達のスーパーに和食多数!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スイスで鉄道に乗って移動中、突然現地の女性に話しかけられた。「I love Japanese food!!」どうやら私が日本人と気づき、声を掛けてくれたらしい。

「Healthy で Tasty なので、できるだけ every day 食べるわよ」とのこと。スイス人女性が、よく食べる和食とはいったい? 実態を探るべくスイスの国民的スーパー「coop」(コープ)へ向かった。

・今回訪れたのはチューリッヒ中央駅の目の前にある店舗
空港もあるスイスの玄関口・チューリッヒ(Zurich)、駅舎を南から出て、歩く事1分足らずで、スイス各地に点在するスーパーcoopがある。

駅すぐの立地や早朝から深夜の長時間営業ゆえ、観光客や地元民で賑わうメガ店舗。さっそく入店すると、一番最初に“SUSHI”の5文字が目に飛び込んだ。

・和食コーナーでウェルカム
「SUSHI」という大きめプラカードの下には、見慣れた和食がずらり。よくよく見ると寿司は一部で、和食・日本フードがその過半数を示していた。SUSHIとは便宜上の言葉、スイスにおいては日本食全般を指す語らしい。

・Goma Algensalat=海藻サラダの胡麻和え
まずはおつまみから見てみよう。手にとったのは、海藻。どうやら酢に浸かっているらしく、チーズやパンを延々と食べてきた身には、酸味にそそられる(ごっくん)。こんな青青と艶のある海藻を、スイスの地でいただけるなんて。手のひらサイズでCHF5.5、日本円で約580円。

・Edamame=枝豆
一目見てグリーンピースのサラダかと思ったが、枝豆だった。スイスではさやから出した状態での販売が一般的。これを購入していた人は、プラスチックのスプーンを店員からもらっていた。
そんなのは枝豆じゃない!!
というのは、日本人の都合でしかないと我に返る。こちらも海藻サラダと同じCHF5.5。正直割高ですね……。

・Rice Sandwich Salmon(サーモンおにぎらず)
一時、日本で話題になった“おにぎらず”。実はおにぎらずが世に出る頃には、スイスですでに販売されていた。サンドイッチスタイルでカジュアルに楽しめる。

具も2~3種あったが、さすがにどれも洋風の具だった(鶏肉など)。CHF6.7、日本円約720円。

駅南側の路地で、はっぴがウインドウにかかっていた。ここは“江戸前”の寿司が食べられるSUSHI OSAKA。店名を見てキュンとしてしまった。

店を発見したら、あえてスイスで日本食に挑戦してみるといいかも。

もっと詳しく読む: スイスの和食を調べてみた結果 / 現地人御用達のスーパーに和食多数!(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2016/07/28/japanese-food-swiss/

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Photrip フォトリップの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP