ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スマホノベルゲーム『ghostpia』制作の超水道、初の単著『イマジナリ・フレンド』を早川書房より刊行

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スマートフォン向けノベルゲーム『ghostpia』を制作中のゲーム制作サークル「超水道」。『ghostpia』は、以前にもぐらゲームスでもレビューを行っており、こまやかな砂の質感を持つ独特のイラスト。そしてエレクトロニカやジャズ調と、場面ごとに変わる音楽が魅力のノベルゲームだった。

スマホノベルの新しいカタチ。スマホ向けノベルゲーム『ghostpia』 をいち早くレビュー

「超水道」は、2011年よりスマホ向けノベルゲームとして『森川空のルール』『ヴァンパイアハンターHIROSHI〜Around the Clock Show!〜』などをリリース、AppStoreにてダウンロード上位にランクイン、注目を集めたサークルだ。他にも様々なスマホ向けのアプリ作品を送り出しており、累計で50万以上ダウンロードされている。現在は、クラウドファンディングにて制作資金を獲得したノベルゲーム『ghostpia』の連載を行っている。

そんなサークルのシナリオ担当であるミタヒツヒト氏が手掛ける小説『イマジナリ・フレンド』が、早川書房より刊行された。ミタヒツヒト氏の単著としては初の出版となるという。


『イマジナリ・フレンド』

「イマジナリ・フレンド」あらすじ

イマジナリ・フレンドとは、孤独な人間だけに見える空想のともだち。悩みが解決されると消えてしまう。
他人とのコミュニケーションが絶望的に苦手な大学生の山持浩之(やまじひろゆき)は、イマジナリ・フレンドのノンノンと一緒に、リアルではひとりぼっちだけれど脳内では幸せな毎日を送っていた――
このままで良いのかと、小さな不安を感じながら。
そんな山持を見かねたノンノンは、似たような人々が集まるカンパニーへと誘うのだが……。

 
本作は7月22日に発売された。kindle版も7月31日に発売が予定されている。
今まで多くのノベルゲームを制作してきたサークルによる初の単著。「超水道」のファンの方は、ぜひ読んでみてはいかがだろうか。

また今回、初めて「超水道」を知った人は、これまでに制作されたノベルゲームを遊んでみることもおススメしたい。

関連記事:

遊べるフリーゲームは全部で62作品!フリゲの投稿イベント「フリゲ展!2015春」が開催中。
今年のフリーゲームランキングは?「フリゲ2015」の結果がついに発表!
名作インディーゲームADVの配信レーベル「カタルヒト」の公式サイトが公開

カテゴリー : ゲーム タグ :
もぐらゲームスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP