ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レディオヘッド、10年ぶりのアノ曲披露にファンぶっ飛ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 レディオヘッドが7月26日、ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで【ア・ムーン・シェイプト・プール・ツアー】における北米公演をスタートさせ、さっそく筋金入りのファンたちの間でツイート・ネタになるような、ちょっとしたサプライズを提供した。

 バンドは1997年リリースのアルバム『OK コンピューター』より、トランス状態へと誘うような「レット・ダウン」を突然演奏し始めた。同曲をプレイするのは実に10年ぶりで、思わずオーディエンスに「shell smashed, juices flowing/Wings twitch, legs are going(殻は打ち砕かれ、本質が流れ出る/翼はひきつり、脚は止まらない)」といった歌詞を一緒に歌わせる事態となったのだ。

 これを受けファンたちは興奮状態だったようで、以下のようなツイートが見られた。

 「そして俺は死ぬ#Radiohead #letdown」

 「彼らが“レット・ダウン”をやったなんていうツイートをみて、俺を挑発しているのかと本気で思った」

 「この曲をライブで見られるなら自分の家族全員を売ってもいいよ。全員を」

 「18レット・ダウン#RadioheadNewYork #OMG」

 「今夜レディオヘッドの“レット・ダウン”を聞いたら完璧な思い出がよみがえった。ロックショーに行くために、なぜそんなに一生懸命になるのかを思い出させてくれた」

 「レディオヘッドのライブは何度も見たけど、今夜のショーは私の一番のお気に入りになりそう。“レット・ダウン”をやったと言ったかしら?」

 「レディオヘッドが“プラネット・テレックス”、“レット・ダウン”、“ストリート・スピリット”をやった。私のような年寄りが来ることを分かっていたに違いない」

 レディオヘッドが10年ぶりに「レット・ダウン」をプレイする様子は、オーディエンス・ショットによる映像でYouTube上で視聴できる。

◎Radiohead – Let Down @ Madison Square Garden 7/26/16
https://www.youtube.com/watch?v=JBWtQYl6NXM

関連記事リンク(外部サイト)

レディオヘッド、「デイドリーミング」のオリジナル・ショート映像を一般公募
レディオヘッド最新ツアー写真展&ファンイベント開催
レディオヘッド、イスタンブールでのアルバムイベントが襲撃される

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP