ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【先ヨミ】Hey! Say! JUMP、新AL20万枚突破で現在首位!スピッツ・テミンがトップ3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから2016年7月25日~7月27日までの集計が明らかとなり、Hey! Say! JUMP『DEAR.』が現在1位を独走している。本作は、約1年ぶりにリリースされた5枚目のオリジナルアルバムで、シングル表題曲「キミアトラクション」やCMソングとして起用された「愛のシュビドゥバ」や「Eternal」など、全16曲が収録されている。今回の集計ですでに20万枚を突破しており、グループとしてはもちろん、個々でも活躍の場を広げているHey! Say! JUMPの勢いを感じさせる結果と言えそうだ。

 2位と3位は僅差の戦いを展開中。5.8万枚で2位なのは、スピッツの15thアルバム『醒めない』。3位は5.2万枚で、SHINeeのメンバー、テミンの1stミニアルバム『さよならひとり』。その差は6000枚となっているので、週末の売上げ次第で順位が入れ替わる可能性は十分にある。続いて、矢沢永吉が約15年ぶりにリリースしたライブCD『LIVE HISTORY 2000~2015』が4位。5位には、アニメ『おそ松さん』のドラマCDシリーズ『おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ カラ松&トド松withトト子『ホストクラブ』』が入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2016年7月25日~7月27日までの集計)
1位:『DEAR.』Hey! Say! JUMP 20.9万枚
2位:『醒めない』スピッツ 5.8万枚
3位:『さよならひとり』テミン 5.2万枚
4位:『LIVE HISTORY 2000~2015』矢沢永吉 1.6万枚
5位:『おそ松さん 6つ子のお仕事体験ドラ松CDシリーズ カラ松&トド松withトト子『ホストクラブ』』 1.4万枚

関連記事リンク(外部サイト)

スピッツ 新アルバム収録「コメット」中島裕翔(Hey! Say! JUMP)主演TVドラマ主題歌に
タワレコ渋谷【スピッツ 醒めない展】ジャケット起用“モニャモニャ”展示&ライブリハVR体験など実施
HKT48 指原莉乃/兒玉遥/宮脇咲良ら中心メンバー不在 平均16歳フレッシュメンバーで高知公演敢行

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP