ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

神秘的な南紀白浜の夕日…おすすめは18時半!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜ー木曜の14時からの番組「ACOUSTIC COUNTY」(ナビゲーター:坂倉アコ)のワンコーナー「KODANSHA HERE AND THERE〜for reading」。今週は「夏休みの読書」をテーマにお送りしています。7月28日のオンエアでは、海と温泉のリゾート、和歌山県の南紀白浜を紹介しました。

世界遺産の熊野古道で有名な紀伊半島。南紀白浜というのは、大きな紀伊半島の南西部に位置し、白浜町を中心した観光エリアの通称。マリンスポーツ、テーマパーク、美食など、多彩な魅力をもつ日本有数のリゾート地です。

遊ぶなら、眩しいほど真っ白な砂浜が美しい白良浜(しららはま)や、パンダで有名なアドベンチャーワールドなどのレジャーランド。ほっこり休むなら、日本三大古湯の一つ、白浜温泉を始めとする温泉群。食べるなら、黒潮の新鮮な海の幸。地元の名産、熊野牛。イノシシとブタをミックスした珍しい品種、イノブタなども!

魅力いっぱいの南紀白浜ですが、その中でも一番の名物と呼ばれているのが「夕陽」です。南紀白浜は、紀伊半島の南西部にあるので、夕陽は、美しい海に沈みます。

特に南紀白浜のシンボルとして親しまれている円月島(えんげつとう)は、有名な夕陽スポット。時に太陽が、真ん中が丸くぽっかり空いた奇岩に沈んでいくその眺めは、とても神秘的。夏は18時半頃が、ベスト・タイミングだそうです!

そんなサンセット前に、南紀の風を浴びながら、海辺を少し散歩して、防波堤に腰掛けたら、落日を待ちつつ本を開いてみてはいかがでしょう。おすすめは、中上健次『地の果て、至上の時』。穏やかな潮騒が、素敵なBGMになりそうですね。

ちなみに白良浜の隣には、日本でも珍しいビーチからそのまま水着で入れる大型の「混浴露天風呂」があるそうですよ!

【関連サイト】
「ACOUSTIC COUNTY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/acoustic/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。