ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

BRADIO、ツアーファイナルの赤坂BLITZでFPPの笑顔が大爆発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

BRADIOが6月10日の新潟公演を皮切りに全国7都市を回った、ツアー『ファンカジスタツアー2016〜レインボービッグバン編〜』の最終公演を7月17日に赤坂BLITZにて開催した。

ツアーファイナルであるこの日のライブは、彼らとオーディエンスであるFunky Party People(FPP)との、まさにFunky Party Stage。暗転すると、待っていました!と言わんばかりに盛大な拍手&コールでメンバーを迎え入れるFPP。そんな客席を真行寺貴秋(Vo)が煽り、ライブの指揮をとるようにして「FUNKASISTA」で幕を開ける。続けて、「Abracadabra」、「感情リテラシー」と3曲を軽快なビートで歌い上げ、会場もノリノリに。

するとここで、白いクマの赤坂ブリオという名の神!?がボーカルトップからゆっくりと降臨し、観客に挨拶すると、くるくると回りながらメンバーとのミニ茶番(笑)を披露した。他にはないようなユーモアな仕掛けをつくれるのも彼らの醍醐味だろう。また、「Golden Liar」では、真行寺がステージから降りてFPPに溶け込み、同じ空間を共にする姿が印象的だった。

そして、ライブ終盤には、優しいタッチのピアノソロから始まる「ギフト」が贈られる。大切な人への感謝をストレートに表現したこの歌と、ステージの優しい明かりがマッチし、心に柔らかな光りを灯してくれる。なんて温かい空間だろう。ここまでのダンサブルナンバーとは打って変わった流れに観客全員が魅了されていた。

ラスト2曲にさしかかると、ここでタイトルの“レインボービッグバン”について触れる。“RAINBOW=みんなの笑顔、BIGBANG=大爆発”という意味で、真行寺は“みんなのRAINBOW を爆発させてくれるか〜!”と問いかけると、FPPは“ワァー”!と歓声混じりの返事を返した。そして、“レインボー!ビッグバン!”のコール&レスポンスでボルテージを一気に上げ、「Flyers」へ突入。会場のテンションは最高潮となり、灼熱のダンスホールと化した。そのままの勢いで「スパイシーマドンナ」へたたみ掛けると、この時にはもう、彼らとFPP のグルーヴが1つになっていた。

アンコールでは、T シャツに着替えた彼らが爽やかな表情で登場。「Bring It On!」を歌い終えると、真行寺が2年前の2nd ミニアルバム『Swipe Times』について語り始める。“この時のミニアルバムをリリースするにあたり、新しいスタートがきれたなと。実は2年前から赤坂BLITZ の名前があがってたんです。だから、今自分たちが立っている、この場所はみなさんのおかげです。本当にありがとう!”と、愛と感謝を丁寧に語った。ラストはこの日一番のシンガログを会場中に響かせた「Ride On Time」。最後は恒例のアフロジャンプをして、今回のツアーを締めくくった。

エンターテイメントの中に愛がこもっている彼らのライブ。年末に開催される次のワンマンでは、どんな愛あるショーが繰り広げられるのだろうか。更なる期待がもてそうだ。

text by 日本工学院専門学校 蒲田キャンパス コンサート制作コース 川村 奏恵

photo by 木場ヨシヒト








カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。