ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『トレインスポッティング』の続編、ファーストティザーにオリジナル・キャストが再集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫


映画『トレインスポッティング』の初上映から20年が経ち、ダニー・ボイル監督は続編となる映画『T2: Trainspotting(原題)』で、再びオリジナル版のキャストを招集した。

7月25日(現地時間)の午前中に公開されたファースト・ティザーでは、レントン、スパット、シック・ボーイ、ベグビーらが列車の通過するホームに並び立つ。BGMはイギーポップの楽曲『ラスト・フォー・ライフ』。舞台はオリジナル版の9年後となる。

ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライルは、それぞれ1996年に公開されたオリジナル版の役を再び演じる。オリジナル版は、エディンバラのドラッグ・シーンにどっぶりと浸かり、ドラッグや友人たちからの誘惑を受けながらも更生し、そこから抜け出そうとする主人公レントンの姿を描いた。第69回アカデミー脚色賞にノミネートされ、また、第49回英国アカデミー賞では脚色賞を受賞した。

オリジナル版の脚本家ジョン・ホッジも戻り、ボイルとともに続編の脚本を担当する。

続編はアーヴィン・ウェルシュの小説『トレインスポッティング』の続編『ポルノ』にゆるやかに沿った内容で、最初の本(『トレインスポッティング』)の出来事から10年後の物語となっている。

2007年に行われたスコットランドのザ・スコッツマン紙のインタビューで、ボイルは「俳優たちが40代になるまで待ちたいと思っている」と語った。続けて「今(映画を)撮ることもできるが、問題は、彼らの見た目が変わっていないことだ。私は時間の経過によって、彼らが疲弊した様子を撮りたいんだ」とコメントした。

『T2: Trainspotting(原題)』は2017年1月27日(現地時間)にまず英国で封切られ、同2月3日(現地時間)に米国での公開が予定されている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP