体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【バレる原因はやはりアレ!】 最も身近な出会い「社内恋愛」のリアル調査

f:id:k_kushida:20160727103137j:plain

社内恋愛、したことがありますか?

ちょっと憧れたりもしますが、実際に社内恋愛している人ってどれくらいいるんでしょう?そして実際するとなると結構大変なことも多そうな気がしますね…。

今回は、ビジネスパーソン2,315人を対象に、『社内恋愛に関するアンケート』(※)を行いました。多くのビジネスパーソンが1日の大半を過ごす職場。身近な出会いともいえる「社内恋愛」のリアルが見えてきます!

(※調査方法/インターネットリサーチ 期間/2015年3月20日~22日)

意外とマイノリティ? 社内恋愛をしたことがある人は約4人に1人

いいなぁという異性がいても、日常で近い存在だとアプローチするのにちょっと勇気がいるもの。まして社内ともなれば、人間関係がぎくしゃくしたり、付き合うことになっても周囲の目が気になったり…。そこで、まず社内恋愛の有無について伺いました。f:id:k_kushida:20160727102009p:plain

結果は「ある」が23.2%、「ない」が76.8%と、多くの方に社内恋愛の経験がないことがわかりました。社内恋愛の経験がある人は、約4人に1人ほど。あなたの会社の印象と比べていかがでしょうか?

企業によっては社内恋愛が許されない雰囲気があったり、ばれると業務や周囲への影響を考えてどちらかが異動になることも。そういったさまざまな企業の状況を加味して見てみると、23.2%はそう少ない割合ではなく、むしろ妥当と言えるかもしれません。f:id:k_kushida:20160727102027p:plain

続いて、社内恋愛の相手について伺ってみました。同部署、別部署を合わせると、「同僚」が55.2%と高い割合に。次いで「上司」。同部署、別部署を合わせると22.3%となっています。近い場所にいて同じ仕事をするなど、会話や業務を通じて接することが多いため、魅力に気づく機会も多いのではないでしょうか。

加えて「入社同期」が10.8%と、2ケタを占めました。たまに入社同期で結婚という話を聞きますが、入社してからの状況が似ている者同士、お互いの仕事への理解が早く、意気投合しやすいのかもしれませんね。

では、どのようなキッカケでお付き合いが始まったのでしょうか?f:id:k_kushida:20160727102048p:plain

「日常業務においての接点」38.3%と「仕事を教えた・教わっていた」9.1%を合わせて、『必然的に接する日常』がキッカケとなったのは47.4%と言えます。また、「会社内での飲み会・食事会」30.9%と、「挨拶等をするようになり仲良くなった」14.5%を合わせて、『たまに起こるイベント』がキッカケとなったのは45.4%となります。接する時間的な密度が少なくても、私的な顔が見えやすい機会では恋愛に発展する可能性が高まるのかもしれません。

自然に振舞っていたはずが?!社内恋愛がバレたと思う人は54.5%

f:id:k_kushida:20160727103541j:plain
1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。